2019年11月26日火曜日

さらっとご紹介させていただきます















もうこれでお解りになる方も多いことでしょう。

Honneteのショールカラーコート。

今年もご紹介させていただきます。

アナベルがオープンした2のは012年春。

こちらのコートはその年の秋冬から、毎年欠かさず

ご紹介し続けてきました。

もちろん、自身でも長年愛用し続けおりますし、普遍性の

高いコートであることは、それが証明しているのではないでしょうか。

7年、毎年着続けているコートはなかなかあるものではありませんから。





















Honnete
ラムメルトンショールカラーコート
off white ¥43,000+tax

着丈はちょうどひざ下あたりの飽きのこない

扱いやすい着丈です。















フードを途中で切ったようなデザインの衿は、

自由に折りたたむことでショールカラーとして着ていただけます。















袖口は切りっぱなしでミシンがかかった仕様です。

まくってもまくらなくても。
















フロントはWブレストで大き目なスナップボタン。

これが着始めると本当に楽で扱いやすいのがわかります。















切りっぱなしの袖口とポケット。















左から、、

off white、pinkbeige、chacoal、black の4色展開です。















新色のoff whiteは今までに何度か登場している

オートミールよりも少し黄みと赤みのあるクリーミーなホワイト。
















一重(裏なし)ですが、すべて閉めると防寒性も高い。

巻物と合わせれば、真冬も着ていただけます。





















前を開けても素敵です。















pinkbeige

とてもシックで女性らしさを感じる色。















こちらはトップボタンをはずして着ています。

それだけでも感じが変わりますよ。




























カジュアルな雰囲気を持ちつつ、特別感も欲しい!

という方にはお勧めのカラーです。





















chacoal

別注して作っていただいた色。















定番カラーの安心感、落ち着きのある色合いです。















色のあるストールを合わせてもいいでしょう。





















白いパンツに合わせて黄色いチェックの

ポンポンストールを。

ベーシックカラーを小物で遊ぶのもお勧めです。















ありそうで今までなかったトップのグレー。





















そしてこちらのコートでは、ほぼ毎回

ご提案しているブラック。















ブラックの良いところは、このようにカジュアルにも使えて、

冠婚葬祭にも活躍するところ。















きれいなドレスに着てもサマになる。

ブラックスーツに着ても良い。


自身でも、我が家では夫婦で7年着続けているコートなわけですが、

何でしょう、このつい手に取ってしまうデザイン。

職業柄、普通の方よりはいろいろな洋服を着るのですが、

どんなスタイリングにも取り入れやすく、男女の壁も超えてゆく。

いったいいつまで着続けることやら。





0 件のコメント:

コメントを投稿