2020年10月22日木曜日

鬼門とは言わせない

コーデュロイという素材は、フランスが起源とされています。

ルイ14世の時代、王に献上されたコーデュロイをたいそう気に入り、

お抱えの庭師の制服を作るのに使ったそうです。

今回、このパンツの別注素材を考えている時、「庭師」という

キーワードが頭を駆け巡っていました。

17世紀~18世紀初頭にかけての庭師を想像して、

このデザインにはコーデュロイだと、思い切りました。





















blue in green
ジョガーパンツ for annabelle
¥24,000+tax

思い切ったという言い方が少し引っかかる方も

いらっしゃると思いますが、アパレル業界で長く

お仕事をしていると、コーデュロイを販売するのが

いかに難しいことかがわかります。

一時期は「鬼門」とまで呼ばれていた素材です。

とりわけレディースファッションでは、コーデュロイが

もてはやされたという記憶がまるでない。

雑誌でトレンドとして取り上げられてもなかなか売れていかない。

そういうイメージの強い素材なだけに、「思い切った」わけです。


















この股下の切り替えデザインが、どことなく植木職人や

庭師といった職業を連想させました。


















お色は全3色展開です。
























ベージュのほか、オリーブカーキとダークネイビー。

今回、コーデュロイを思い切ったのは、庭師や植木職人からの

インスピレーションだけでなく、自身のコーデュロイ好きも

大きく影響しています。一時期は、リーバイス517のコーデュロイ

パンツを十数本所持していましたし、友人の結婚式はほとんど

コーデュロイのスーツで出席しています。

















一般的には野暮ったいイメージが先行しがちな

コーデュロイですが、僕の中では良いイメージしかありません。



















今までコーデュロイのお洋服を着たことがない人も、

このズボンをきっかけに取り入れていただけたら嬉しい限りです。



















起毛素材であるコーデュロイは、ベルベットなどと同様に、

逆毛で光沢感が出るのが特徴の一つです。


















その絶妙な光沢感と素朴さが同居した印象は、

この素材のいい側面なのだと感じます。

60年代のアメリカ、アイビーリーグファッションで

こよなく愛用されたこともうなずけます。


















贅沢ですが、こんな使い方もありだと思います。

バランスがいいし、何より冬は温かい。

















オリーブカーキ。

別注で素材選びからさせていただきましたので、

色展開は迷うところではありましたが、

今回は、「The コーデュロイ」な3色を選びました。


















女性にはなじみのない素材、色かもしれませんが、

非常に色合わせのしやすい、お勧めの3色です。

男性的なスタイリングを楽しむも良し。

ワンピースやロングシャツを交えて、女性らしい

スタイリングを楽しむにも向いています。



















オリーブカーキにブラウンを織り交ぜて、

ややメンズライクなスタイリング。

小物で女性らしさを出しています。


















ピンクなどを合わせると、少し柔らかい印象に。




























ふんわりとしたセーターやフリース、

素敵なコートを着たところを想像してください。























コートやワンピースの端から見えるギャザーたっぷりの

裾がかわいいを主張してきます。


















こちらはダークネイビー。






















ジャケットとも好相性です。



















履いていると、冬が楽しみになってくる。

この上に何を重ねていこうか?

まだ早いけど、ざっくりとしたセーターなんかも

家の中だけで試しに着てみたりする。

















実際には、まだこのくらいだけど。


















スタイリングを作っていて、

「コーデュロイでよかった」とつくづく思います。

素朴さと光沢感のある品の良さは、

今まさに取り入れたかった要素でした。

シンプルなワイドパンツやテーパーパンツのほかに、

少し変わった、annabelleらしいデザインで、

コーデュロイがあったことの頼もしさ。

コートをはじめとするアウターが活躍する季節、

きっとそれを実感できることと思います。

なんせ、ルイ14世が気に入った素材ですから。

























2020年10月21日水曜日

魂こもった、かわいい。

annabelleに来て、もう6年が経つ販売員?です。













チェコスロバキア出身の一応、熊だと思います。

外を通る子供にはワンワンと呼ばれ、常にアナベル店内の

どこかに潜むくま。

今回は、見た瞬間にこのくまのことを思い出した、

可愛らしいバッグのご紹介です。

















ほらかわいい。

GASA*
ポシェット ¥25,000+tax

他に数あるかわいいお洋服を飛び越えて、

すぐに目に入ってきたポシェットです。

















しかも同素材のコートまである。

もう、かわいいしか言えないので、詳しくは

通信販売ページで細かく見ていただきたい。

















色違いも、、あーかわいい。

肩にかけてもかわいいし、

部屋に掛けてもかわいい。

















やっぱり洋服もバッグやストールも、生活の道具も、

魂のこもったモノに惹かれるんだろう。

そういうものは、100年後に世界のどこかの蚤の市で、

また誰かに可愛がられるんだろう。






 

2020年10月20日火曜日

着て気づく良さがいい

展示会で見た時の第一印象は、ポカーンとしたラフなものでした。

大きなポケット、とにかく心地よい素材感。

しかし、いざ撮影で妻に着てもらうと、妻が一番最初に

発した言葉は、「大人っぽい」というものでした。

たしかに、、部屋着の様なルーズ感はなく、

パリッとしたスタイルにもお使いいただけるような印象です。


















CLOSELY
オーガニックコットンニットソー
¥14,000+tax

普通に見えて、実は細かいところに

工夫が散りばめられています。


















四角くて大きなポケット。

これを見て、ポカーンとした印象を受けたのでした。

















袖口のリブ付けは少し凝ったデザインに。


















そして、シャツのようなラウンドした裾。

そして、やはり着ないとわからないサイズ感覚や

ネックの見え方が重要なのでしょう。

店頭でも、着ていただくと「ハッ」となるお客様の

多い商品です。


















現状、ネイビーが完売し、

ナチュラルとアプリコットの2色となっております。

素材はしっとりとしたそれなりに厚みのあるコットンです。

















心地よくて、つい着てしまうようです。

















blue in greenの今シーズンの別注アイテム、

コーデュロイジョガーパンツ for annabelleに合わせて。

















ただのロングTシャツではない。

シンプルなセーターでもない。

ちょっとした工夫のある、良い素材のニットソーです。


















シャツの上から重ねてもよい。

今の様な中途半端な季節にはぴったりです。

















見た目以に大人っぽい。

品のあるお洋服です。














2020年10月17日土曜日

妻派・僕派

洋服好きの男性は皆さんそうかもしれませんが、

シャツが大好きです。シャツを着ていない時がないくらい、

一年間でたくさんシャツを着ます。

年間で4着~5着は必ず買い足します。

妻はその逆で、さっぱりシャツを着ません。

ふんわりしたブラウスやビッグシルエットの個性派ブラウスは

大好きですが、定番のシャツが苦手です。

女性は全般に、とりわけannabelleでお洋服を買う方は

妻派が多いようには感じています。

妻派に歯向かうわけではないのですが、、シャツが大好きな

僕派もいるのでは?と思い、今シーズンからシャツの

お取り扱いをあからさまに増やしました。

定番からロングシャツまで。

今日はロングビッグシャツのご紹介です。

















HAVERSACK(ハバ―サック)
ストライプビッグシャツ ¥16,000+tax

アナベルで5~6年前からお買い物をされている方にとっては、

懐かしいブランド名かもしれません。オープン当初から

3年ほどお取り扱いをしていたブランドの復活です。
















自分も着ていて、アナベルのスタイルにも合いそうな

本格的なシャツを作れるブランド、、と考えていたら、

頭の中にスッと現れました。
















前職から長く見てきているブランドですが、感度の高い

メンズトラッドを個性的に作り込み、海外でも評価の

高いデザイナーです。メンズをベースにしたレディースも、

メンズトラッド仕込みでしっかりとしたお洋服が特徴的です。

















肩幅や袖幅の大きめなバンドカラーシャツは、

メンズシャツがベースにされています。

















脇に、シャツには珍しいポケットが。





















今シーズンお店に来られた方は、何人かこのスタイリングに

見覚えがある方もいらっしゃるかもしれません。

僕が最近よく着ているセットです。

blue in green コーデュロイパンツに、

HAVERSACKのストライプシャツ。

この上に、だいたい何らかのベストを着て、

寒い日はコートを着ています。

帽子はコットンキャスケットか、そろそろメルトンベレー。

















妻にもここから重ね着してもらいます。



















「暮らしとおしゃれの編集室」でもご紹介をしていた

スタイリングです。重ねたベストはkhadi&Coの

ヒマラヤンウールのベスト。素朴さ、温かさ、デザイン性、

個性、シンプルですが比較対象が見当たらない、

素晴らしいベストです。


















こちらはSUSURIさんの変形ブラウスを重ねて。

シャツには一枚でさらっと着ていただける良さもあれば、

様々なお気に入りを重ねていただける良さもある。

真冬にはセーターを重ねたり、フリースを重ねたり。

ニットベストなどは、、シャツがないと着こなせないかも

しれませんね。


















シャツ、着てみませんか。

こちらのシャツは大きめで、2サイズご用意がございます。

妻が着ているのがサイズ0(S)、このサイズで、155cm程度の方から、

大抵の方はカバーできます。165cm前後あたりの身長の方から、

サイズ1(M)がお勧めです。

洗いざらしで干すときに軽く叩くだけで、いいシワ感で着ています。

アイロンをかけたら、しっかり伸びるいい生地です。

生地は年間着ていただけるコットン素材。

Workぽいスタイルなんかにも相性良いと思います。

妻派のかたも、僕派のかたも、ぜひに。