2021年10月16日土曜日

レトロか新鮮か

レトロな雰囲気を持ったデザインは、

家具も車もバイクも洋服も、

本当にレトロに見えてしまう時と、

レトロなのに新しく見える時がありますね。

あらゆる分野のデザイナーは、過去のデザインを勉強して、

今の時代に新しいモノ作りをしています。

レトロに見えるか新鮮に感じるかの加減を探りながら。

このコートはどうでしょう?

わたくしには、新鮮に映りました。



























Honnete
コットンナイロンコート ¥50,600(税込)

生地はコットンナイロンのギャバジンで、タッチは非常にしなやかで高密度。

いわゆるバーバリィ素材を少し薄手にして、さらに汎用性を高めたような

クウォリティでしょうか。秋冬以外にも、春先、梅雨時期など着用機会の

多い素材感です。



































生地も良いのですが、このデザインも目をひきます。

襟の大きな下りのあるデザインは、まさにレトロでありながら、新鮮。

これで細身だとよりレトロなんでしょう。

襟の先端の尖り具合、角度も重要ですよね。



































袖口はこのように絞ったりしても素敵です。



















フロントは比翼仕立てです。




















もちろん、裏地付き。(キュプラ)



































大きくて長いインボックスプリーツもレトロで新鮮。



















なんといっても着て新鮮に感じて可愛いと感じるかが重要です。

いいと思います。



































スカートやワンピースにも。

もちろんパンツにも。

ちょっとかしこまっても、カジュアルにも。

色落ちしたデニムにサラッとね。

そんなの大好きです。





































袖をキュッとして。




















2021年10月14日木曜日

シンプルな中に。

なんでもそうなのだと思いますが、

見た目がシンプルになればなるほど、

人を感動させるのは難しい。

それは、「想像通り」になりがちだから。

これはしかし、そうでもなかったと思いました。











ゴーシュ
エイトロックスムースタートル
¥15,400(税込)

素材はエイトロックスムースという、地厚のカットソー素材です。

毛羽感もなくスルスルとした感触の心地よく、保温性もある素材です。

秋冬や春先など、「極寒」ではない肌寒い季節を中心に活躍します。











袖口や裾ぐちは共地です。

ジャージ素材ですが、あまり伸びないのも特徴の一つで、

ヨレにくく、しっかり感を感じます。











ネック部分は、正確にはタートルネックではなく、

オフタートルネック。首に近づかないゆるめのタートルデザインです。











元々は3色展開でしたが、ダークパープルが完売して、

ベージュとブラックの2色展開に。











お店に置いてあると、非常にシンプルなのですが、

着用してみると、少しハッとします。

可愛いんです。

さすがゴーシュ。




















カディーアンドコーのスターパンツに合わせてシンプルなスタイリング。

まず、オフタートルながらしっかりと立つネックが綺麗です。

長く着ていっても、クタっとならなそうな感じです。















前から見たところ、ネックのデザインと、細かいのですが

肩の落とし具合が絶妙です。











横姿も素敵です。

後身に少しゆとりを持たせることで、

ふわっとした膨らみが感じられます。



















こちらの写真の方がわかりやすいでしょうか。

こちらがブラックです。




















スカートにもよく似合います。





























このシンプルさで、他と確実に差をつけてくる

ゴーシュの凄さを感じる商品です。











シンプルな中に、独特の雰囲気をしっかりと感じさせる逸品です。



















2021年10月12日火曜日

重ね着

すっかり重ね着の季節。

今年も暮らしとおしゃれの編集室の連載では、

重ね着の提案をさせていただきました。











楽しく 自由に 適当に

ぜひご覧ください。

2021年10月8日金曜日

入荷のお知らせ

 

10月8日(金)

<FACTORY>

・ヤクワイドセーター

・ヤクロールネックセーター

・ウールロールネックセーター

・ウールカーブセーター

・ウールリブタートルセーター


<maison de soil>

・柄シルクキルティング クルーネックコート(花柄、ペイズリー柄)

・柄シルクキルティング 後ろボタンブラウス(花柄、ペイズリー柄)

・シルクキルティング クルーネックコート(ブラック、ミルキーグレー)

・シルクキルティング イージーパンツ(ブラック、ミルキーグレー)

・シルクプリントストール

・ターンバックフェルトハット


<kopka>

・ベレー帽


<ARTE POVERA>

・リネンスタンドシャツ

・コットンフランネルストライプシャツ


<Vas-y Lentement>

・コーデュロイベスト

・コーデュロイノーカラージャケット



2021年10月5日火曜日

時代のサスペンダー

今、43歳になる妻が普通にFIRMUMのサカナ屋パンツや

サスペンダーパンツを履いているのを見て、何ら違和感はありませんが、

自分が中学生の時に母親や父親がこういったズボンを履いていたら、

どういう反応を示していただろうと考えると、少し可笑しいのです。















FIRMUM
トムパンツ・ホソミ ¥27,500(税込)
アイボリー

新自由主義からの脱却を唱える政治の世界とは裏腹に、

ずっと自由を追い求めてきたファッションの世界は、

その時代の人々の一つの象徴として存在しているのだと感じます。

だって、昔はほとんど見かけなかった洋服を、今は当たり前に

皆さん素敵に着こなしている。「流行は巡る」といった言葉が

ありますが、そう考えるとその言葉は当てはまらない。

繰り返しながら、別物で広まっていくようです。











たかだか60年前は、作業着でしかなかったズボンが、

70年代にはファッションとなり、細身のデニムから始まって、

今ではこんなにアバンギャルドになりました。











ハイウェストなデザインで、内側に紐がついたサスペンダーパンツは、

サスペンダーを下ろしたり、時には外しても着用可能です。












サスペンダーは固定されておらず、取り外しが可能。

背面はクロスにしたり、外側のボタンにつけたり、

内側のボタンに付けたりと、調整も可能です。

トップスに着るものや靴や気分に合わせて、ウェスト位置も

変幻自在。












もちろん、ポケットはあり。












フロントはボタンです。












素材はレーヨンとコットンのフランネル素材ですが、わざと起毛させて

表現は少し雑になりますが、初めからピリングがあるような表情の生地。

ホワホワと心地よく、薄いフリースのような感触です。

聞いたこともない様々な技術により、このような生地が出来上がるとのこと。

本当に化繊は別世界。米永さんが没頭したのも頷ける面白さがある。
















可愛らしい後ろ姿。












ボタンは全てドーナツボタン。




















maison de soilの刺繍シャツに合わせて。











ファッションは自由でいいのですが、昔ほど破る規則もなくなって、

新しいファッションが生まれづらいことも確か。

だからより一層、スタイリングを大事にしたい。












サスペンダーを落として。












上から何着よう?

女性らしくカーディガンも良いけれど、、












ここはちょっと素敵なGジャンで。











ミッドナイトは、シャンパンゴールドのような色合いの

TOKIHOのベルベットのシャツを合わせて。











ソックスもヌーディーなカラーで女性らしく、柔らかく。





















肌寒ければ、大判のショールを。

NO CONTROL AIRもFIRMUMも、本当に面白い。

初めてしっかり見たのは7年くらい前になると思いますが、

写真ではそれ以前からずっと見ていました。

初めて米永さんにお会いして、パターンから独学で学んで

今に至ることと、目の前にあるお洋服とそのスタイリングの

独特なバランスを見て、、つい出た言葉が

「グレたヨウジ◯◯モトみたい」でした。

カラカラっと楽しそうに笑っている米永さんの顔が印象的で、

これはアナベルに絶対不可欠な存在になると確信がありました。

そして気合を入れて仕入れをした初年度、本当に売れなかった。。

今では信じられないような残念な結果でした。

「化繊」もダメ。「ビッグシルエット」もダメ。

そんな印象でした。

それから6年以上が経ち、彼らは相変わらず「当たり前」を

排除した、面白いことばかりに挑戦中。

とりわけ彼らの作るサスペンダーパンツは、

博物館に残して欲しいくらい時代を象徴したデザイン。

シンプルに、すごいなって感心しちゃいます。