2021年4月9日金曜日

名脇役

今日は、アナベルのスタイリングを影で支える

名脇役たちを少しご紹介したいと思います。

普段、表に見えることはありませんが、実は中に着ているもの。

まずはこちらです。













SOIL
キャミドレス ¥8,800(税込)

ボイルコットンを使用したインナーのキャミドレスは、

もう何年もアナベルのインナーの定番としてご紹介し続けている

商品です。リピーターも非常に多く、汗を適度に吸ってくれて、

すぐに乾いてサラッとして着ていただける。












褒めていただけるポイントの一つは肩紐が2本あるところ。

ずれ落ちてこないそうで、意外に嬉しいポイントだそうです。










そしてなんといってもこちら。

かわいいレース。

見えないからこそ嬉しいポイントです。

キャミドレスは、主にはワンピースやロングシャツ、チュニックを

着用の際に、透け防止も兼ねてインナーに着る方が多いアイテムです。

もちろん、スカートにお使いいただいても大丈夫。

サイズが2つあって、一番の違いは着丈です。

身長に合わせてご購入いただければいいとお思いますが、

高身長の方が短い方を着ても良いと思います。









色は、ホワイト、チャコール、ブラックの3色展開です。

もう一つはこちらです。












SOIL
ペチパンツ ¥8,250(税込)

同素材のインナーパンツ。

こちらも非常にリピーターの多い名脇役で、毎年買い足される

お客様が大勢いらっしゃいます。ペチパンツは、ワンピース、ロングシャツ、

チュニックに使えるほか、透けの気になるキュロットパンツなんかにも

使っていただいているみたいです。









色は同様の3色で、こちらは現在は1サイズ展開となりました。

サイズ表記はⅡとなります。このサイズが、160cm前後の方が着て

膝下あたりなのですが、以前はさらに短いサイズが存在していました。

ただ、このサイズに販売が集中したため、現在はⅡだけの生産となっています。

妻も初夏から夏場での撮影にはかなりの確率でどちらかを着ています。


続いては、トップスのカットソーです。

全く見えないですし、着用画像もありませんが、

おそらく、年間を通して最も多く妻が着ているインナーはこちらです。












CLOSELY
コットンシルクテレコタンクトップ
¥7,700(税込)

手に取った感触は素晴らしく、着ていただくとその感触が

全身に広がります。ふわっとして、それでいてしっかりと

程よいテンションはある。妻は3枚くらい色違いで所持していて、

真夏と冬場以外はこちらを着ていることが多いようです。









ホワイト









素材だけでなく編地にもこだわっています。

シルクを20%混紡した糸で、旧式編機を使わないと

実現が不可能なテレコ編みを採用しています。

皆さんがおっしゃる、「緩いけどフィットする」という

感覚は、これによって実現しています。

なんと1日で30m程度しか編めないそうです。









ゆっくり編まれるということは、それだけ素材への

負荷は軽減されるということです。旧型織機や編機をデザイナーさんが

使いたがる一番の理由はそこでしょう。もっとも素材の良さが

生かされる手法ということです。その代わり、時間とコストはかかります。









アイボリー

デザイン的には、肩の幅がある程度しっかりあるというのは、

皆さんに喜んでいただいているポイントです。









縫製も肌あたりが良いように工夫されています。









ピンクベージュ

肌色に近い定番カラーは、白に着ても透けにくく、

最初に購入する際にはお勧めしたい上品な色。









お洗濯もネットに入れて、中性洗剤で洗濯機で洗っています。

一番着ているもので、この春で3年目です。

まだまだいける感じ。素晴らしい。









ブラック

ブラックは、唯一少し他と違った売れ方もしています。

というのも、ブラックだとこのタンクトップ自体が透けないし、

カーディガンのインナーとして見えていてもOK!

という感覚で買っていかれる方が多いのです。

インナーウェアとしては珍しく、結構人気なブラックです。









先ほど、着用は冬場と真夏以外と書きました。

ちょっと、「あれ?」って思った方もいらっしゃったかもしれません。

「夏ダメなの?」って。

ダメってことはありません。

でも、人によって違いはありますが、基本的にシルクが入っていることも

あって、少ししっとりとやや暖かく感じるそうです。だから冷え性の方なんかには

すごくお薦めです。ただ、特に冷えもなく、しっかり汗をかく人にとっては、

真夏には暑く感じるみたいです。妻もそうですが、8月に入って相当な暑さに

なってくると、Fabrique(ファブリケ)のコットンのものを多く着ているようです。

個人差がありますので、試していただいて使い分けてください。


そして最後は、annabelleでは初めてご紹介するゴーシュのコットンの

インナーです。相当良さそうですよ。









ゴーシュ
強撚フライスタンクトップ
¥7,700(税込)

強撚の糸を高密に編んでいますので、手触りはサラッとした

ドライタッチ。テンションもすごくいい。

CLOSELYのコットンシルクのインナーが非常に好評だったこともあって、

なかなか取り扱いをしていなかっったのですが、前からずっと気になっていました。

CLOSELYのタックトップを真夏には着ない人が一定数いらっしゃったのと、

その理由が真夏はコットンの方がいいということもあったので、

今回お取り扱いをしてみました。

もう、触っただけで良いことは間違いなさそうです。









ホワイト

ゴーシュさんでは、もう何年も定番で作っている商品ですので、

間違いなく実績はあるものなのだと考えてはいます。

先ほどのCLOSELYと同じく、フィット感が良さそうです。









大きく違うのはネック周りのデザインでしょう。

ゴーシュは、他の商品も全般にネックが小さめのものが多いこともあって、

こちらもインナーとしては珍しいかもしれませんが、

ネックがやや小さめです。









生地は、編み地がわからないほどの細番手ですが、

フライス編みで作っています。

ですので、伸縮性は抜群です。









グレー

よく白シャツが透けない色は何か?聞かれます。

肌色に近い色が一番だと思っていましたが、

白に対して透けない色の第一位は、ライトグレーだそうです。









グレーのインナーをお持ちでない方は、

一枚あってもいいと思います。









ベージュ

インナーの定番カラーですが、ちょっと色が濃いのがおしゃれです。

個性を出すために、ゴーシュさんがオリジナルで出したカラーです。

気になった色があったらゴミでも拾って帰るというゴーシュの泉さん。

ゴーシュの色は、バイヤーの間でも「ゴーシュカラー」と言われるほど

絶妙な色が多いのです。それだけ色出しにも貪欲だということでしょう。









着用すると伸びますので、もう少し薄くはなりますよ。









ブラック

ブラックは先ほどのCLOSELYと同じく、ちょっと違った目線で

インナーとして買われていく方が、こちらも多いのではないでしょうか。









そして素材感がよく、伸びてしまわないインナーは、

ワンピースやブラウスからちょっと覗くのも素敵なもの。

素敵なスタイリングは、そんな見えない名脇役が支えてくれます。

少し早めに揃えておいてもいいかもしれません。































2021年4月8日木曜日

しみじみと、いいシャツだ

「ゴーシュ=不器用な、左利きの」

ゴーシュは、この単語がとてもシックリくるご夫婦が作っているお洋服です。

ホームページも存在せず、instagramに至っては、「なんですか?それ」

というほどに洋服作り以外のことには力を注がないお二人。

デザイナーは良い服を作るのが仕事だから、全力でいいものを

作って、それでダメなら仕方ない、、という潔さも感じさせるお人柄。


一方で、服作りにおいては、器用と表現するのが正しいのか

わからないが、そう感じさせる側面も多い洋服である。

ワンサイズ展開で、一見すごく小さそうに見えるお洋服も、

実際にご試着をしていただくと、カバーする体型の幅は、かなりのもの。

ゴーシュのお洋服の良さが最もよくわかると言える、シャツのご紹介です。









ゴーシュ
襟付きシャツ ¥23,100(税込)
white 

シャツは服作りの基本形だと教わりました。

それは伸縮性のない布地の中で、最も肌に近いところで

着用する衣服だから。

ビッグサイズなデザインは別にして、スタンダードなシャツは

着心地の違いが最も顕著に現れるアイテムなのでしょう。









今回の新作のシャツで、最も目を引くのはこの襟。

ノーステッチで心地も共布も入れていない。

ふかふかした印象の襟を作りたかったそうです。

大胆ではありませんが、着て洗っていくと普通の襟との

差が出てくるので、奥ゆかしくて彼ららしい遊びのある

デザインだと思いました。

女性には襟付きのシャツはどうやらあまり人気はないようですが、

これはご紹介したいと思う襟付きシャツでした。









ポケットは一般的なシャツポケット。









相変わらず綺麗な剣ボロ、カフス。









背面はヨークとギャザー。

今回は素材の柄展開も新鮮でした。
















ギンガムch
















ウィンドペイン

ものすごく、引き寄せられるものがありました。

男性服や、雑貨的な感覚でユニセックスのお洋服を

販売しているショップならまだしも、現在のレディースファッションに

これを提案しようという感性と、タイミングがすごくピンときました。

今、ニュートラルな気分だから。









このシャツのどこがそんなにすごいのか?

どこもかしこも素晴らしいシャツなのですが、

わかりやすいところで、超立体的に作られていることもあって、

こんなにシンプルなシャツなのに、たたみにくい。。










とりわけ、袖周りの作りは最高です。

彼らからしたら、「あたりまえ」なのかもしれませんが、

そうでないお洋服がたくさんある中で、こういったシャツは、

とても価値のあるものだと思います。









縫製レベルも文句の付けようのないものです。









シャツは、今見直したいベーシックなお洋服の一つです。









上からコートを。












ホワイトは、FIRMUMのラグビーパンツに。









ワイドパンツにコンパクトなシャツを。









ネックは小さく見えて、着てみるとしっかりと

ゆとりのある設計です。一番上のボタンを閉めても

着ていただけるようになっています。

また、2つめのボタンまでの距離が近いのも特徴で、

トップを開けた時に、ガバッと開きすぎるシャツに

ならないように、このようになっております。









数年に1回、シャツはメンズサイズを作ることがある。

そのチャンスを逃さぬように買ったシャツが僕の手元にも

3着ある。本当に着心地の良いシャツである。












ウィンドペインは、HAVERSACKの裾ゴムパンツに。

スニーカーは私物のナイキです。









襟付きのシャツをこういった感覚でスニーカーで

合わせると、なんだかメンズのアイビーファッションを

思い起こします。昔のアイビーファッションだと、

もっと細身のパンツやショーツに合わせるんですが、

せっかくビッグシルエットのファッションを取り入れてきたので、

その感覚を持って、トラッドなアイテムをスタイリングしたい気分。
















同じ、白、ギンガム、ウィンドペインの3色で、

いつもの定番丸首シャツも入荷中です。

ぜひお試しください。




































2021年4月6日火曜日

なぜだか新鮮

80年代〜90年代というのは、本当に色々なファッションが

様々な角度から出現した面白い時代だったように思います。

ミュージシャンからの影響で、ライダースが猛烈に流行ったり、

急にオーバーオールが流行ったり。

どこで誰が最初にやったかわかりませんが、

Gジャンにネクタイを巻くファションが劇的に流行ったり、

いやいや、その小綺麗な感じ違うでしょ、と言わんばかりに

Gジャンにボロボロのジーンズをセットアップで着て、

靴はジョーダンを合わせてみたり。

アウトドアウェアに目をつけた誰かが、ある時短パンにスパッツを

合わせて渋谷を歩き始めた。初めてみた時はなかなか衝撃的だった。

登山?みたいな。。段々かっこよく見えてきて、自分もやっていた。

ちなみに2008年か2009年あたりにイタリアの展示会に

出張で参加した際に、何人もの海外のファッション関係者が

真冬なのに短パンスパッツで、ダッフルコートなんかを合わせて

ニット帽をかぶって歩いていた。

僕には少し懐かしく感じた部分もあるのだけど、プレスルームに行ってみると

結構90年代の日本のストリートファッションがフューチャーされていた。

やっぱり海外から見てもあの時代の日本のストリートファッションは

興味深いものがあったのだと思う。

色々流行ったものの中に、「タイダイ、ケミカルウォッシュ」というのがあった。

大元がグレイトフル・デッドであることを考えると、これもミュージックシーン

からの影響で大きくなったファッションだと思うのですが、

この影響で、自分で染料を買ってきて家で染める、今でいうDIYのような

ことが大流行りした。持っていたジーンズを片っぱしから染めたり

ブリーチをかけたりして遊んでいた。

今日ご紹介するデニムは、その時代の空気感を持っている。

でも懐かしさは感じない。













ARTEPOVERA
ステッチデニム ¥16,500(税込)

昔あった、オーバーダイデニムに似てはいるのですが、

全く違う雰囲気を持っています。理由はわかりません。

一目見て、かっこいいと思いました。

懐かしさは全く感じなかった。









たぶん、11ozくらいのデニムです。

やや軽めといったところですので、春夏、秋(11月頃まで)穿いて、

12月になったら穿かなくなるような生地感です。

もちろん、人によっては全然問題なく1年中履くと思います。

ちなみに、僕なら全く問題なく履きます。

白いリベットもかわいいですね。









あらゆるステッチがブラックで配色です。









裾はチェーンステッチです。

今回のパンツは、ひと折してジャスト丈という方がほとんどだと思います。

現在のファッションでは、多くの人がロールアップをしてしまうので、

切る必要もないのかと思いますが、丈上げをする人がいたら、

お直しはチェーンステッチでやって下さい。

そのほうが、かっこいいと思います。









フロントはスナップボタンとジップで、内側に紐です。









後ろ側だけにゴムが入ります。









ワークパンツ調のヒップポケットも配色ステッチで可愛らしい。

赤い刺繍のピスネームから、ヴィンテージ感を感じます。













こちらがもう一色。

ブラックデニムです。

濃いインディゴのようにも見えるブラックデニムは、

色落ちも楽しみな一本です。









だいたいの現行のブラックデニムのステッチは、

色落ちした時の色と同色程度になることを想定して、

グレーになってることがほとんどですが、

これは色落ちして本体がグレーっぽくなった時に、

ステッチが白ということですから、、新しい。









色落ちがかっこ良さそうですね。









80年代〜90年代のストリートファッションを見てきた人も、

新鮮な感覚ではいていただけるパンツです。

色は2色展開で、実はサイズが3サイズあります。

1(S)、2(M)、3(L) 

ウェストが半分ゴムで、内側に紐もあるので、

見た目の好みで選んでも良さそうだと思います。

ちなみに155cmの妻は、ジャストは1サイズ、

好みは2サイズだそうです。


サイズ違いで履いてもらいました。
















こちらがジャストで1サイズです。
(ごめんなさい。このサイズは完売しています)

多分これでも十分に余裕がある感じです。

全体のシルエットに変化が出ます。

ぴったり履きたい人は、好みではないと思います。









シャツに合わせると、キッチリ感が出ますね。

これもまた新鮮。(妻は特に)









横から見た感じ。









コートを着て。












こちらがサイズ2を着用しています。

違いがわかりますか?

ちょっとルーズな印象になりますよ。
















おおよそのことにルーズな妻は、

サイズもこちらが好みだそうです。

2回くらいロールアップしています。









横から見た感じ。

ちょっと大きいの履いてるなって感じがしますけど、

そこはお好みでどうぞ。









ロングシャツを羽織って。















履き心地は、、

怖いくらい楽だそうです。









こちらはブラックの2サイズです。

白より少しシュッとして見えますね。

色の効果でしょう。









トップスのゴーシュのシャツもなんだか懐かしさと

新鮮さが入り混じる生地で、おすすめです。









昔ならピタッとしたデニムでこんなシャツを着ただろうが、

今の感覚でこの後いろいろスタイリングを考えたい。

ゴーシュのシャツは、丸首シャツと襟付きシャツの2種類が

入荷しています。それぞれ、ホワイト、ギンガム、ウィンドペインの

3色展開です。












最後にこちらがサイズ3です。

大きいんですが、ゴムも紐もあるので、

問題なく履けちゃいます。

小柄な方も、大きく履きたい人はぜひ。

170cm近くある方は、これがちょうどいいのではないでしょうか。










昔、こなれた感じで大きめのデニムを白シャツで

合わせている人なんかに憧れました。

でも当時は全くダメでした。

きっとそれがかっこいい人は、その当時すでにいろんなサイズ感の

お洋服を着ていた人なんだろうなと、今は思います。









一回ふんわりパンツやその他のビッグシルエットに

履きなれた人は、オーソドックスをオーバーサイズで

着崩すのも面白いかもしれませんね。

僕個人的には、今とってもそういう気分です。

オーセンティックな柄行きや生地感、デザインに目がいきます。












このパンツを見てなんとなく昔のブリーチや染をやって

遊んでいた頃を思い出し、照れ臭いほど大きな流行も

今思えば悪くなかったな、なんて思いました。

今の時代にあんなにでっかい流行は起こりえるのかな?

経済状況とも関係ありそうだ。

子供世代に期待するか。