2019年11月11日月曜日

ゆらぐワンピース

モノを作る時のデザイナーの想像力というのは、

つくづくすごいものだと、感心します。

才能、経験、ひらめき、粘り強さ、

いろいろ必要なのでしょうが、

楽しむということが一番大事だと思います。

見たこともないものを作ってみることの高揚感、

そしてそれをお披露目するときの緊張感。

susuri デザイナー斎藤さんはここ数年、全国の産地へ

自ら足を運び、様々な生地を生み出してきた。

今シーズンのこの素材は、今後のsusuriにどのようにかかわってくるのか、

とても気になるものでした。





















susuri
スケイルワンピース
¥48,000+tax

今シーズンのテーマ、「egg」の裏のあるインスピレーションの

源は、映画「shape of water」。

そのテーマから、今シーズンのデザインや生地の多くが

「水」に関係する要素を持ち合わせている。

デザイナーの頭にも、常に水の揺らぎや色合いがあったという。

このワンピースにもそれが詰まっている。















鱗からインスピレーションを得て起こした特殊な

オリジナルプリント。





















フロントの丸みのあるタブも鱗から発想したデザインに。

キュプラコットンの生地を用い、全体に揺らぎを表現していますが、

水の中で物体を見た時のような鮮明さに欠ける揺らぎを

表現するため、特殊な技術を取り入れている。





















もともと、ベースになった生地はブラックです。

まずそのブラックを少し残しながら図案に沿って抜染します。

鱗模様の入った部分がその対象となった個所です。

黒がうっすらと残った上から、ブルー系、グリーン系の染料を

入れてプリントを描きます。ここは注染と同じ技術です。















そうして出来上がった柄は、裏側に使われた下方の濃い部分。

実際に表に使用されているのは、より揺らぎがある裏側の上部のもの。

理屈ではわかりますが、このようなプリントができるところも

限られるそうですし、なかなかデザインまでの想像が難しい。















袖口はダブルボタンのシャツカフス。

ブラックのクルミボタンを使用しています。





















ポケットもございます。















こういうところも好きですよ。

今まで何度となく衿吊りを新たにデザインしてきた

susuri齊藤さんが、このワンピースに至っては、

衿吊りの痕跡を残して消すというデザインを施しました。

とても工場が間違えそうな、面倒なデザインですが、

らしさが詰まったアイディアかと思います。





















一枚でも着ていただけるのですが、

今回は重ね着でご紹介します。















こちらはフィンワンピースのチャコールに重ねて。















少し前後で傾斜の付いた前後差のあるデザインです。

裾周りの大きなワンピースにスッとした細い袖が美しい。





















もう一つはふんわりパンツに合わせました。

きっとNO CONTROL AIRの裾ギャザーパンツとも似合いますよ。
















白と合わせるとわかりやすいのですが、

遠目には鉄紺のブラックとブルー、グリーンが混ざり合う

まさに海面のような色と揺らぎが存分に表現されています。















背面のプリーツはinボックスでしまい込み、

衿吊りは気配を残して消え去りました。

開きの広いフロントデザインとは正反対なアシンメトレー。

ここにもデザイナーの哲学が感じられます。

冬にはタートルを中に着たりして、コートに合わせて着てください。

デザイナーの様々な思いを感じながら。










0 件のコメント:

コメントを投稿