2019年10月15日火曜日

safujiのミニ長財布

僕は革が好きだ。いつも革のことばかり考えている。
革の持つ丸み、厚み、匂いや手触り、暮らしに溶け込む風景、それを持つ人たち。

革と向き合い、対話する。いつも言うことを聞いてくれるわけじゃない。
そっぽ向かれることもしょっちゅうだ。そんな自在なさに触れるたび、
もともとあった命を感じる。

そこに新しい命をのせて、吹き込んでいく。
モノとして、永く使ってもらえるように。


この文面は、safujiのホームページを見ると書いてあるものですが、

最初にsafujiさんにオファーをかけたとき、この出だしの文章調が

なんとも気に入ったのを覚えています。

どこか少年ぽさの残る、純真さや誠実さが表れているように感じました。
















このご夫婦が、safujiを切り盛りするお二人です。

新しいアイデアに溢れ、創意工夫が得意なご主人と、

職人として凄腕を持つ奥様。

どちらが欠けても困る、まさに二人三脚。


どれを見ても機能美に溢れる使い勝手の良い商品がたくさんある中で、

自他ともに認める彼らの代表作にして大傑作はというと、

やはりこちらではないでしょうか。

















safuji ミニ長財布(ホック)
¥24,000+tax

イタリアの天然皮革、天然鞣し(なめし)のレザーをコーティングなしの

スムースレザーで使用しているため、どの色を選んでも使用していくうちに

変化が楽しめるのも大きな特徴といえるでしょう。

同じ天然皮革でもクロム鞣しでは味わえない革本来の風合いや経年変化を

感じていただけますと幸いです。















グリージオ

グレーッシュなオリーブカーキのような色味のこちらは、

もっとも色の変化のあるカラーです。

また、新品の状態では、この革の特徴の一つである

表面を少し削ることで生まれる、わずかなザラザラとした感触と、

全体に見られる白っぽく広がるムラ感が最もわかりやすい色味です。

革に施されたその加工は革をつくるイタリアの職人たちによるもので、

もともとがそのような表情の出る革なのです。





















こちらが経年変化です。

上が新品で下は沢藤さんが3年ほど使用したのちに、

アトリエで経年変化見本として1年半ほど置き続けているもの。

ダークブラウンやキャメルの変化とも少し異なり、金茶のような

独特なブラウンが気に入って、アナベルでは茶系は取り扱わず、

茶系が欲しい方にはこちらをお勧めしています。

実際に2年ほど使われているお客様のお財布を拝見すると、

もっとずっと、元の色味に近い雰囲気を残した感じではあります。

変化のスピードや傾向は、多少の個人差がございますので、

上の経年変化は長年使った末の最終段階のような感覚でご覧ください。















ブラック

ブラックは妻が1年ほど使用していますが、ザラザラ感がなくなり、

ツヤがどんどん増してきて、色味の変化は少なく、ますます黒っぽく

なってくるような印象です。





















写真では伝わりにくいかもしれませんが、上が新品で

下が1年ほど使用したものになります。

色の変化というよりも、ややざらつきのあるマットな風合いが、

使うほどにツヤを増してくる印象です。

また、ホックの真鍮は金工作家さんにお願いして作ってもらっている

safujiのオリジナルです。真鍮の球を少し叩いて若干つぶれた形状が特徴です。

こちらもも本体と同じく、新品では鈍く、使うほどにキラリと光ります。















ネイビー

一番最初にsafujiのお財布を使ったのは長財布のネイビーでした。

経年のサンプル写真はないのですが、変化はブラックに非常に近く、

ツヤをましてどんどん濃くなります。1年ほどの使用で、室内などでは

ブラックとの見分けがなかなかできないほどなのですが、

やはり並べて肉眼で見ると、わずかにネイビーが青みを帯びて、

柔らかさを持っている印象です。


さてさて、このお財布。

どこがそんなにお勧めなのかと申しますと、、















パッと開いて、大きな小銭スペース、お札入れ、レジなどで

よく使うカード5~6枚が、一度によく見える。

実際の妻のお財布がこちらです。















左手の親指が触れているあたりがお札スペース。

その横の大容量でこぼれ落ち防止のフラップが付いた小銭スペース内に

施されたカードスペース。ここには主にスーパーやコンビニなどで

出すことが多いポイントカードなどの類を入れています。















この財布に変えてから、妻が劇的に変わったという個所は、

小銭が妙にたまることがなくなったそうです。

私もデザイン違いを現在使用していますが、とてもよくわかります。

見やすいし、取り出しやすいので、ちゃんと小銭を使うのです。

ノンストレスで。















そして、小銭スペースの脇へ進むと、さらなるカードスペースが。

こちらは縦に2列、7枚ずつ程度が収納でき、14~16枚ほどが入ります。















実際の使用例がこちらです。

妻は縦の2列だけでなく、一番端のお札も入れられるサイズのスペースにも

カードを横にして7~8枚となんだかよくわからない紙切れをガサっと入れています。

ここは人によって使い方がまちまちで、私はこのスペースに領収書を入れています。

人によっては、一万円札は奥に入れて、崩れたら1000円、5000円札を手前に

入れている人もいるみたいです。

見てもお分かりの通り、お札を折らずに入れられる最小サイズの

長財布で、カード類も含めてなかなかな収納力も兼ね備えたデザインです。

通常の長財布と比べると、そのコンパクトさは一目瞭然です。





















上がsafujiさんに限らず、一般的な長財布のサイズ感です。

もっと大きなものもございます。もちろん大容量でカード類などを

分けたくない方には、従来の長財布がお勧めです。

ミニ長財布がここまで小さくして1万円札が収納できるには、

safujiさんならではの工夫があるのです。

それがこちらです。





















必要に応じて手縫いとミシンを巧みに使い分けるのも

safujiさんの特徴ではあるのですが、こちらのミニ長財布に関しては、

お札を入れるスペースの端の縫い代をなくし、手縫いで輪にすることで、

縫い代分をスペースに変換する工夫がなされています。

これで一般的な長財布より2cmも短い17cmを実現しています。

このお財布を実際に使ってみて、その使いやすさに驚いた我々は、

もっと色や形が選べるようにという思いで、今回の展示に向けて

バリエーションを作っていただいたのです。

それがこちら。

















まずはゴールドとシルバー。

こちらは通常のミニ長財布の革よりも少しだけ硬さのあるものを

使用していますが、使用感に変化が出るほどではございません。




























こちらは、、天然皮革の上から箔をのせたものですので、

使用していくうちに少しずつ箔が落ちてきます。

と同時に、、下地の革も変化していきますので、

何とも言えずかっこいい、落ち着きのあるアンティークのような

風合いに育ちます。

ゴールドやシルバーのきらきら感が持続してほしい人には、

むかないと思うのですが、どちらかというと、普段ゴールドや

シルバーを選ばない方にこそ使ってみてほしいとは考えていました。





















下が新品で、上が1年ほど使用し続けたものになります。





















少しマットで落ち着いた光沢感が生まれます。





















使い方にもよりますが、ほとんどの場合は、

端の当たりが出る部分から箔が落ちてくる感じです。

この箔が落ちてきたところは地の革ですので、さらに使用することで

その部分もまた育ってきます。

こちらのレザーはそう長く使用した見本がございませんので、

皆さん、実際に使用されて育ててみてください。

今回は、シルバーがすでに完売しており、店頭ではオーダーで

ご対応しています。もしご希望がございましたら、メールやお電話を

頂ければ、通信販売のお客様にもご対応いたします。

その場合の商品のお届けは年末を予定しています。















ゴールド、シルバーは内側も同様です。

















そしてもう一つの形がこちらです。

こちらはannabelle の特注モデルで作っていただきました。

開閉部分に小さなタブのあるデザインが気に入っています。

左がグレーカーキ、右がグレーブラックです。















グレーカーキは、グリージオと近しい経年変化が予想されます。

グレーが強いので、グリージオほど茶味がからないとは思いますが、

おおまかには茶系に変化するかと思います。ですので内張は

グレージュにいたしました。















グレーブラックは、マットなグレーッシュなブラックが

ツヤを増したブラックになってきます。

こちらは現在私が使っておりますので、経年変化の見本として

ご覧ください。






















ツヤ増しのブラックに変化します。

おおよそ半年ほどでしょうか。


また、いずれの革も油分を多く含むレザーを使用しておりますので、

基本的にはお手入れは必要ございません。

特に、使用から1年は油分を入れないようにしてください。

1年以上が経過して、擦れ傷など気になるようでしたら、

トリートメント剤など油分の少ないタイプでお手入れを行ってください。


明日は定休日でお休みをいただいておりますが、17日~21日(月)まで

展示は続きます。ぜひこの機会にご覧いただけますと幸いです。












2019年10月14日月曜日

入荷のお知らせ


10月14日(月)
・susuri
 ブランシーコート
 イライザドレス
 フィンワンピース(レッド)
 ブラインドプルオーバー
 ジャイルズジャケット
 フロッグパンツ

2019年10月11日金曜日

台風接近に伴う展示販売会日程、営業日変更のお知らせ


<safuji×annabelle展示販売会>

10月12日〜20日の予定でしたが、
大型台風の接近が予測されている為、
10月13日〜21日までといたします。

また、12日、13日を予定していた
作家在廊日は、13日、14日に
変更いたします。

10月13日(日)から、皆さまの
ご来店をお待ち申し上げます。

10月12日(土)は、店舗も臨時休業と
なりますので、申し訳ありませんが、
よろしくお願いいたします。


annabelle

2019年10月10日木曜日

入荷のお知らせ


10月10日(木)
・NO CONTROL AIR
 SUPER 100's ウールメルトンコート
 ソロテックスポリエステル ストレッチサージ裾ゴムバルーンパンツ
  
・TRAVAIL MANUEL
 ウールリングワイドプルオーバー
 コーデュロイ2タックワイドパンツ

・TOKIHO
 PRESENCE-Ⅲ DRESS

・Honnete
 ラムメルトンショールカラーコート
 ウールファーベロアバッグ

・Toile
 淡水パールネックレス

2019年10月7日月曜日

齊藤劇場

susuriの展示会にお邪魔するとき、ひそかにこう思っている。

「齋藤劇場を見に行こう。」

物語に溶け込むように流れる音楽とともに、

彼にしか作れない独特な顔をした洋服が並ぶ。

susuri齊藤さんが作る洋服は、過去にもなく、

今目の前にしか存在しない。

未来のsusuri の変化も齊藤さんの手の内にある。

ベストやパンツは完売しましたが、コートを少しご紹介します。





















susuri
laboratory gown
¥46,000+tax

実験室で着用するようなユニフォームから連想したのでしょうが、

言われなければまったくそれを感じさせないオリジナリティーに

あふれるデザインのコートです。















布地は春のチルコシリーズと同じ、刺し子調のドビー織。

細かな刺し子のようなステッチが全体に入り、裏面はやや起毛しています。

ものすごい地厚さはありませんが、一重でも十分に冬から春を

楽しめる生地感だと思います。















ガウンのような合わせと共布であしらわれたベルトに

挟まれるようにあるこのボタンは、小さな球体のオリジナルボタン。

ボタンの形、配置、その数がまた独特です。















サイドポケットもございます。















内側はスナップで留める仕様です。















この商品にくぎ付けになっている私に齊藤さんがスッと

近寄ってきて、こう言いました。

「コートというには頼りないのですが、実際に秋冬を通してみたときに、

欲しいけど意外にない、そんな存在のものを作りたかった。」





















たしかに、、。

皆様にも経験があるのではないでしょうか?

コートを探す時の常套句です。

「これ暖かいですか?」

もちろん、コートに求められる最上級に欠かせない条件です。

でも、冬に最も寒い1月と2月に着るコートと11月、12月、または

春先ともいえる3月に着るコートは違って当たり前です。





















laboratory gown は、その生地感を生かし、真冬以外に活躍する

コートをイメージしてデザインしたそうです。


ただ、この上からニットのポンチョやメルトン素材のマントなどを

羽織ったら、真冬も着ますよね。















こういった、一癖あるようなデザインのお洋服に限って、

長く長く、たくさん着たりするものです。





















作るほうもドキドキしながら作っているはずです。

着るほうもドキドキしながら着たらいいのです。

少しづつ自身に馴染んでくるその感覚は、言い難く格別です。

susuriのお洋服は、そういうものが多くあるように感じます。

他に類を見ない、「齊藤劇場」の賜物でしょう。















日々進化するA.I.のニュースが飛び交う昨今、

いかに有能なA.I.が生まれても、齊藤劇場の続きを

予測することはできないでしょう。

だから、魅力的なのだと思います。












2019年10月5日土曜日

さりげなく、美しく、自由に。

「ドラマティックで少しきれいな印象の洋服を作りたかった。」

susuriデザイナー斎藤さんが、今期の展示会で言っていた言葉には、

自身の中にある洋服に対する微細な変化も含まれているかのようで、

かすれた小さな声に、耳を傾けたくなるものでした。

映画「shape of water」からインスピレーションが沸き、劇中に幾度も

登用する卵のシーンから、今シーズンのテーマは「egg」としている。

お洋服のデザインソースも、映画の内容から、海や水に関するものが多く、

映像の揺らぎやトーンからも影響されたという、プリントや洋服そのものの

シルエット、布地にも注目していただきたい。





















susuri

フィンワンピース 
¥40,000+tax
ivory















80/2(80番双糸)の高密度な生地をたくさんの工程を

踏むことで、スルスルっとした光沢感のある特別なコットンに

仕上げています。















牧歌的な印象の残るAラインが多く見られたsusuriのワンピースですが、

今シーズンの新作は、その面影を上手に残しつつ、新しい何かを

ひねり出そうとするかのような、美しいフレアラインが目につきます。















美しいフレアラインに小さなシャツ襟とカフスがあることで

締りが出て、susuriらしさを感じさせる絶妙なバランスを表現しています。

美しさや女性らしい色気をシルエットでは出しながら、それを覆い隠し、

少しはぐらかすようなディテールデザインが個性になって素敵です。





















chacoal

こちらは、柔らかいブラックのような印象のチャコールグレー。

光沢があるが、強くない、素敵な濃色です。















おなじみの衿吊りを誇張した愛嬌のあるデザインは健在です。





















ほとんど見えませんが、下にはフルッタ―パンツを着用しています。





















このサイドの分量感がなんとも素晴らしい。

動いたところはさらに美しく、布の揺れ動くさまは、

まさに「フィン」のよう。





















横に広げると、布の分量感がわかります。

ドレスのようなシルエットを細やかなデザインのこなしで、

美しくもかわいらしく、しっかり日常着として着ていただける

雰囲気にまとまっていて、少しきれいめなワンピースをお探しの

方には嬉しい1着となることでしょう。















サイドにはしっかりと両側にポケットがございます。





















チャコールも下にはフルッタ―パンツを着用しています。

こちらはチラリと見えますね。















アイボリーには黒いボタン。

チャコールには白いボタン。

それぞれの色合いが、きれいにまとめすぎない

デザイナーの気分を現したディテールかと思います。















今シーズン、susuriデザイナー斎藤さんがインスピレーションを受けた、

映画「shape of water」は、1960年代のアメリカを舞台にした、

少し変わった恋愛映画です。

実験用に捕獲された、アマゾンで神とあがめられた奇怪な生物と、

その施設で働く少し地味な女性の間で繰り広げられる恋愛。

そこから連想して、尾ひれをイメージしたこちらのワンピースに、

鱗をイメージしたプリントのワンピースを重ねてみました。





















劇中に何度も登場する、テーマともなっている

「egg」のような鞄を携えて。





















言葉を交わさずとも分かり合える恋愛のように、

お洋服を見ただけで、それぞれがそれぞれの感想を抱きながら、

素敵に着てほしいと願うデザイナーの思いがある。















さりげなく、美しく、自由に組み合わせて着ていただきたい。

自由って難しいと思いますが、ファッションに関して言えば、

「考えすぎない」っていうことが第一歩かもしれません。

思考より先に感情が現れるようになると、いろいろなことが楽しくなる。

ファッションは一番身近な美的感情の対象なのだと思います。

ぜひ楽しんでいただきたい。