2021年9月18日土曜日

スタイリング

 セレクトショップはそのブランドらしさを伝えるのが仕事の

一つだと思いますが、そのブランドやもしくはブランド直営店では

表現できないスタイリングを見せていくのも面白さの一つだと思います。

お店には、アナベルのような小さなお店でも20を超えるブランドが

キュッと詰まっているわけですから。

お客様には自身のスタイリストになったような気分で、お洋服を

見ていただけたら嬉しいものです。

今日はスタイリストからキャリアをスタートさせたデザイナーの

お洋服のご紹介です。











GASA*
"ふたりの木" レースブラウス
¥39,600(税込)

GASA*のデザイナー五十嵐さんは、CMなどで演者が着用する

お洋服をスタイリングをするお仕事をされていました。

驚くのは、今と異なりたくさんの制作予算の中で、

イメージ通りの衣装を自身で縫って用意することが許されていたこと。

そしてその状況を誰よりも楽しみながら、素晴らしいお仕事を

されていたのだろうことは、容易に想像ができます。

なぜなら、展示会のたびに、五十嵐さんやGASA*のスタッフの

皆さんのスタイリングセンスに、驚かされるからです。











我々はセレクトショップで、アナベルではとりわけスタイルを

創っていくことを重視していますので、一つのブランドの比重が

高くなりすぎることは、あまりないような気がしています。

各ブランドで、アナベルで表現できるお洋服を選びます。

それもできる限り、そのブランドらしさを伝えられそうなものを。

GASA*の象徴的なデザインに「レース使い」があると思います。





















フロントのスカラップレースは、オリジナリティーがあり、

クラシカルで本格的なレース刺繍です。

一種の貫禄も感じます。











フロントは、レースが主役だと言わんばかりのスナップ仕様。

このスナップもまた、くるみボタンで丁寧に表現されています。




















全体に散りばめられた同色の刺繍と相まって、

袖口の糸巻きボタンも可愛らしい。

GASA*のお洋服は、細部の「かわいい」を大切に作られた

印象を残してくれるデザインです。




















背面にもレースがあしらわれています。











色は白と黒。















コットン100%のシャツ生地を用いたレースのブラウスは、

もちろん秋冬に限ることなく、全シーズンで着ていただけます。




















まずはやはり、相性が良いに決まっている、同ブランド同士のコーディネート。

まるでアンティークの高級なカーテンのようなジャカード織の美しい布地の

ワイドパンツを合わせて。迫力のあるボトムスの凹凸感もあって、

甘くなりそうなレースのブラウスからは、まったくその様子を伺うことは

なく、むしろクラシカルな重厚感と大人のさりげない軽さを併せ持つ印象です。











この人にも、そのような空気が纏うと良いのですが、、、。




















今度はシンプルなスカートに合わせて。

スカートは、ゴーシュのギャザーフレアスカートです。











GASA*とゴーシュは、もしかするとそれぞれ違った趣味の方々が

ファンである可能性がある2つなのかと思っています。

お店でも、両方を購入しているお客様は、少ない印象です。











でも、そんな二つをコーディネートすることで、出会わなかった

かもしれないブランドやお洋服に出会える可能性があるのも、

セレクトショップの面白さです。

通信販売でも、そういった店側の気分が伝わるように心がけて、

できるだけたくさんの写真を用意するようにしています。











上からゴーシュの厚地のブルゾンを。

こちらのブルゾンは、キナリが完売しており、

明日の夜に、ブラックを通信販売に掲載予定です。





















お店にご来店のお客様には、ぜひご自身をスタイリングする気分で、

楽しくお洋服を選んでいただけたらと思います。

多少の残暑はあるものの、もうすっかり長袖の秋のシャツやブラウスが

心地よく着ていただける季節です。

ぜひお気に入りを探しにいらしてください。


<お知らせ>















本日発売の「ナチュリラ秋号」に掲載していただいております。

ぜひ全国の書店でお手に取ってみてください。















ちなみに、今回メインでご紹介しているwoolのベストは、

まだ入荷しておりません。ウール100%ですし、モコモコしていますから、

来月のご紹介になると思います。よろしくお願いいたします。






























入荷のお知らせ

 

9月18日(土)

<safuji>

完売していましたショルダーバッグやお財布、また新たに極小のミニ財布もお取り扱いをはじめました。

店頭では本日から、オンラインストアには来週頃に販売スタート予定です。


・ミニ財布(NEW)グレイブラック、グレイブルー、グレイカーキ、ナチュラル

・ミニ折財布(再入荷) グレイブラック、グレイブルー、グレイカーキ、ナチュラル(NEW)

・ミニ長財布(再入荷) ブラック、グリージオ、キャメル、シルバー

・ミニ長財布 for annabelle(再入荷)グレイブラック、グレイブルー(NEW)、グレイカーキ

・ミニ巾着ショルダーバッグ(再入荷) キャメル、ブラック


<HAVERSACK>

・メルトンダッフルコート

<Honnete>

・ギャザースリーブブラウス

<SOIL>

・コットンドビーパッチワークパンツ




2021年9月17日金曜日

縁の下の力持ち

毎年恒例で強くお勧めし続け、そしてさらに、

リピーターが非常に多いタートルネックがあります。

なんとなく想像ができた方もいらっしゃるのではないでしょうか。











ゴーシュ
コットンカシミアタートルネック
¥12,100(税込)

もう何年もゴーシュが秋冬に作り続けている定番のフライスタートルネックです。

フライス編みですので、非常に伸縮性があるのが特徴です。

反面、「だれる」「伸びる」というのがフライスの短所でもありますが、

こちらのタートルは、着て伸びますが、お洗濯できっちり戻り、

型崩れせずに長年ご愛用いただけます。











今年も暑い最中、すでにホワイトとこちらのライトグレーが

完売しております。残念ではありますが、最初にご購入いただく方に

最もお勧めしているブラックがまだございます。




















型崩れを起こさない要因としてまずあげられるのは、

やはりゴーシュのプロダクトで最も力を注いでいる

「パターンメイキング」です。

体にも負荷をかけない立体的な形状が、見た目も美しく、

そして着心地の良さや型崩れを起こさない洋服を生み出している

のだと感じます。











しっかりとしたキックバックのある素材感は、体をシュッと

見せると同時に、最も着用が多いワンピースやセーターの

インナーとして使用した際に、「響かない」という利点もあるのです。











首がさほど長くない妻も折り曲げずにハイネックとして

着られる絶妙な長さです。











もちろん折り曲げてもいい。











最も嬉しいのは、「インナー」にとどまらない着用が可能であること。

これ一枚で着ても良いですし、ジャケットや羽織、カーディガンのように

インナーを見せて着るタイプのアウターにもお使いいただけます。

また、5分袖のワンピースなどに合わせた際には、インナーに着た

カットソーの袖の「キュッと具合」が非常に重要です。

重ね着した袖が「だらっと」していると、全体のスタイリングに

よろしくない影響を及ぼします。

秋冬の重ね着の「縁の下の力持ち」的存在です。











アプリコットのようなオレンジもお勧めです。

白やライトグレーなど優しい色にも合わせやすいのですが、

何と言ってもブラックと相性がいい。

定番カラーをお持ちの方にはぜひお勧めしたいシーズンカラーです。











そして万能なミディアムグレー。

ブラックとともに、持っていると大活躍なカラーです。

ブラックをお持ちの方には次にこれをお勧めします。

春先なんかにも使いやすそうな色合いです。


ゴーシュのこちらのタートルは、長くたくさんのお客様に

ご愛用いただいてると思いますが、今年は別なブランドで

良さそうなインナータートルをもう一つ加えました。











CLOSELY
コットンシルクテレコタートル
¥10,780(税込)

こちらも春夏のタンクトップや通年でのクルーネックの

長袖ではお馴染みのCLOSELYのシルク混の心地のいいテレコ編み。

その同素材で、今年はタートルもお取り扱いをスタートいたしました。

定番の長袖や、新しくレギンスも入荷しておりますので、

CLOSELYを通信販売でご希望のお客様は、来週には掲載ができるかと

思います。












ソフトな伸縮性や少しゆるりとした袖口、裾などは、

ゴーシュとはタイプの違う感触です。

しかしこちらも、タンクトップなどでは非常にリピーターの

多い、良い素材だと感じております。

ゴーシュのタートルを数枚お持ちだという方には、

新しく、CLOSELYもぜひお試しください。

















2021年9月14日火曜日

履き倒せ!

ゴーシュというブランドの面白さを紐解いたときに、

最も初めに頭に浮かぶのは、僕は「素材使い」だと感じています。

一般的なレディースアパレルを経験した僕だからこそ、なお強く

感じられるのかもしれませんが、彼らは一般的には当てはまらない

素材を使ってレディースのお洋服を作っています。
















ゴーシュ
シックキャンバスワイドパンツ
¥29,700(税込)

非常に打ち込みのあるそもそもは資材用、鞄用の帆布を

加工した素材です。糊を落とし、さらにバイオ加工を施すことで

柔らかくなったものの、触って驚く硬さはまだまだございます。











僕は大好きですが、以前に所属していたレディースのアパレルで

この素材を使いたいなどと口走ったら、大バッシングを受けることは

明らかでしょう。











「ソフト」「軽い」「光沢感」というのが鉄則のように

上司から言われていたことを考えると、ゴーシュの扱うこの素材は、

「硬い」「重い」「マット」という全くの逆をいった素材です。






















しかし、僕の知る限りでゴーシュのコレクションを遡ると、

実にそのようなものばかりとういう面白さ。












色はライトベージュとブラックです。
















ちなみに、ライトベージュとブラックは、縮率の関係で

今回は5cmほどの違いが出てしまっています。















155cmの妻が履いて、ライトベージュはこのくらい。

妻くらいの身長ですと、むしろこのくらいの方が良かったなんて

言われるくらい。















ブラックはこのくらい。

全然違いますよね。





















ゴーシュのお二人曰く、「カツラギワイドパンツ」をロールアップして

履いてくださっている人を見て、「短めを作ろう」と思ったそうです。












硬さも手伝って、シルエットがしっかりと出て素敵です。




















厚みはありますが、今時期から十分に活躍するパンツです。











確かに、、少し短くなってしまった丈がかえってちょうどいい気もいたします。





















ブラック

多分、「ワーク」とか「ミリタリー」とか、そんなニュアンスの

デザインに使うような丈夫そうな素材です。

それがこんなに綺麗にスタイリングできるなんて。。

ゴーシュってすごい!と言うしかない。





























そんなギャップを自ら楽しんで作っているようなところもあるでしょう。

だから魅力的なんです。











硬いズボンも素敵です。

ぜひお試しください。

馴染ませた時のかっこよさったら。。

最高です。