2020年9月25日金曜日

想いを馳せて


映画のワンシーンを想像させる、

少しノスタルジーを感じさせる洋服です。

きっと登場した当初はとても画期的で、

どう着るか?考えるのにワクワクしたことでしょう。





















GASA*「想いを馳せる」
スタンドカラーリボンブラウス
ブラックシリカ ¥36,000+tax

「着こなしが難しそう」という声が聞こえてきそうですが、

まったくそんなことはありません。

楽しいことはあっても難しいことはない。

















全体にはゆったりとした作りのブラウスです。

着丈もやや長めです。


















至るところに特徴がちりばめられていますが、

やはりスタンドカラー風のリボンが大きな特徴です。


















何もせずにひもを垂らしても素敵なのですが、

巻く場合はこのようにまずは交差させてクルっと

巻き付けるように。

















あとは前でリボン結びをしたり、

後ろで結わいたり。

















どうやって着てみよう?

これは結わかずに垂らした感じ。

裾は出していてもこのパンツならバランスはいい。

そしてこのブラウスは、袖口も素敵なのです。

















まるで小さなシャツ襟のよう。

キュッと留めたり、緩くしたり。

調整もできるし、ちょっと折り返しても可愛らしい。


















裾のラウンドもあまり見ない、独特なカッティング。

でも着てみると、このデザインが軽さを生んでいます。





















少しジャケットの様な印象です。

















そして、この味わい深いブラックの染色も

特徴的です。「ブラックシリカ」という鉱物を

使用した天然染め。
















深さとやさしさのあるブラックシリカ。

GASA*では当たり前に良く使用される鉱物染めですが、

非常に高価で、使用するデザイナーさんは多くはありません。




















後ろ姿も素敵です。

大胆なインボックスプリーツが

裾まできれいに流れます。

















タックインしてみました。

あわせて、ネック周りをすっきりと。

タートルネックのように巻き付けて、

後ろでリボン結びをしています。

















こうしてみると、1900年代の写真集に現れそうな

クラシカルな雰囲気が漂います。

少し凛とした空気感が。

















上着を着て、このように見せてみてもいい。

















前から見たら、タートルネックのセーターを

着ているような印象です。





















何を着ても重ね着が楽しくなりそうです。


















前で結わいてリボンを見せてもいい。

その日の気分で楽しんでほしい。

まだ見ぬ未来に想いを馳せて。



















2020年9月24日木曜日

ふんわりスリーブワンピース

最近は皆さんマスクをされていますので、表情がわかりませんね。

素敵な洋服を着て、マスク越しにもわかる笑顔で過ごしていただきたい。

大胆な袖のデザインで、試着していただいた方々の笑顔を誘います。





















FACTORY
バルーンスリーブワンピース
¥33,000+tax

素材はペルーの上質な超長綿を使用した打ち込みのいい

コットンブロード素材です。適度な張感としっかり感。

薄すぎず、厚すぎず、通年着ていただける嬉しい素材です。


















袖はこのように、大胆に膨らませたデザインです。

腕周りは伸縮性のあるギャザースモックに。


















衿周りは、着てしまうとあまり目立たないのですが、

実はこのように小さなフリルがございます。

















袖のふくらみ方が本当にかっこいい。

しかも羽織にしても素敵なのです。


















ブラックとグレーの2色展開で、

実はブラックは完売してしまいましたが、

羽織るとこのように。

















右のグレー1色でのご紹介となります。





















ワンピースで着ていただいても

透けもなく、着丈も十分です。

袖はアウターを着るとシュッと収まって

気になることなく重ね着も可能です。


















まずはワンピースでたくさんお楽しみいただきたい。

















秋のお出かけに。

マスク越しに笑顔を見せて。


















2020年9月17日木曜日

sono5について

8月29日~9月6日まで続いた暮らしとおしゃれの編集室web上での

「週末市」でご予約をお受けした、sono5のバッグの納品は、

9月20日を予定しております。届き次第、順次発送の準備に

取り掛かりますので、あらためて日時指定のご希望のある方は、

メールやお電話でお声がけください。

宜しくお願いいたします。


















2020年9月14日月曜日

暮らしとおしゃれの編集室

暮らしとおしゃれの編集室の連載ブログが

9月12日(土)に更新されています。
















季節の変わり目に大活躍のシャツパーカーを
ご紹介していますので、ぜひご覧ください。





入荷のお知らせ


 9月14日(月)

<TARVAIL MANUEL>

・コンパクトチノ2タックワイドパンツ

・コンパクトチノサドルパンツ


<susuri>

・フィンレットドレス

・ムールベスト

・ゴーラドレス

・コルネブラウス

・セーラーベスト


<NATIVE VILLAGE>

・NO,11 ヴィンテージジャガードラップパンツ

・NO,14 リネンウールスラブベスト


<FACTORY>

・綿30/1 オーバーコート



2020年9月13日日曜日

はいいろオオカミ+花屋西別府商店

空想世界-sense of wonder
不思議の家系の物語

部屋にそそぐ自然光を遮り、暗くすることに躍起になっていた

二人の趣旨が、今はよくわかります。

自然光で見てワクワクしていた作品たちは、

暗い部屋の隅々で、楽しそうに静かな明かりを燈している。


……………………………………………………………………………



















西別府久幸 作
「小人の想い」

展示にお越しのお客様は、皆さん熱心にストーリーにも
目を通してくださり、とても嬉しく思います。

現在の西別府さんの作品の中核を担う「小さな~」シリーズには、
お話した通り、4つの物語が存在します。
そのお話を読んでいただくと、作品への愛情はより強くなる。
本日は、「小人の想い」の物語をご紹介いたします。



小人の想い

毎朝、目を覚ますと枕元に増えてゆく、何とも小さな小さな花束。
姿の見えない小人の小さな想いが花束となって私の元に届けられる様になり、
既に40日目の朝を迎えていた。

姿の見えない[何か]を私が[小人]と断言するのには、理由がある。
それは今日から二月程前、秋晴れがとても気持ちの良い朝のこと、前日まで
続いた強い風雨がまるで嘘だったかの様に、この静かな森には暖かな日差しが
注がれていた。

木漏れ日の中にふと目をやると、大きな切り株の上に他の木の幹から落ちたらしい
少し大きな枝が横たわっていた。私はそれを何の気もなしに退けて、その切り株に
腰かけた。
森で採集した木の実をハンカチーフに広げてみたり、冬ごもりの準備だろうか、
せわしなく動き回る鳥たちの様子を眺めていたりして半刻程の時間をそこで過ごした。

正午を知らせる鐘の音を遠くに数え、切り株から立ち上がると、そこにはどこまで
続いているのか先が見えない、二寸ほどの穴が空いていた。
なんとなく気になりその穴を覗き込んでみると、遠くに小さな灯りの様なぼんやりと
した光が瞬いていた。
私は少し驚き身を引くと、小さな風鳴りに混じって「спасибо- ありがとう-」そうとしか
聞こえない音を私は耳にした。

その話を家に帰って母親にしてはみたが、誰にも信じてもらえず、しばらくして
私自身もそれは勘違いだと思うようになっていた。
ところが、ある日、私が目を覚ますと枕元に人が作ったとは思えない小さな花束が
ひとつ置かれているのを発見したのだった。
私はその時にあの森で起こった出来事が夢でも、幻でもなかったことをはっきりと
確信した。しかし、その時にはもうこのことを誰かに話そうという思いも
不思議となくなっていた。

それから毎朝、私の枕元には[小人]からのささやかな贈り物が届くようになった。

雨の日も風の日もそれは休むことなく、私の元に届けられた。
雨の日は花束を作る素材に窮するのか、小石や不思議なものが混ざっていることも
あった。私は届いた日にちごとにその花束を木の板に留めて保管することにして、
良く晴れた日は白い板に、雨や風、雪など天候の悪い日は黒い板にそれを留めた。
一方通行ではあるけれど私たちはその交流をひとつの儀式の様な厳かさを持って
遂行していたと思う。
この儀式がいつまで続くのか、そんなことを考えない日もないわけではなかったが、
私はこの[小人の想い]を毎朝受け取ることが日課になっていた・・。

……………………………………

と、私はここまで読んで、先日亡くなったばかりの祖母の日記を閉じた。
祖母の大きな秘密を知ってしまった様で、(あのおおらかだった祖母は「それ」を
ささやかな秘密と言うかもしれない。)いたたまれない気持ちになった。
そして、私は目の前に山積みしている、木箱の中身をうかがい知ると呆然と立ち尽くした。

sense of wonder -不思議の家系の物語-より


















はいいろオオカミ+花屋西別府商店 展
  空想世界-sense of wonder
    不思議の家系の物語

2020、09.12-22 ※16日水曜は店休日です。
11:00-19:00 annabelle304にて

9月20日(日)には、同じ展示空間で
花屋西別府商店を1日限定で開店します。
作品の展示とともにお楽しみください。


<お知らせ>





















annabelle の「Shikiten~式典」の展示用に
お願いしたことから生まれたこちらのブローチは、
ストーリー外の作品として仲間入りをしています。
作品タイトルは「森のオクリモノ」です。

こちらの作品は、後半17日以降になりますが、
通信販売の準備を進めております。
準備が整い次第お知らせいたしますので、
遠方のお客様も楽しみにお待ちください。

宜しくお願いいたします。




2020年9月10日木曜日

はいいろオオカミ+花屋西別府商店 展

空想世界-sense of wonder 不思議の家系の物語

思い描く素敵な世界への入り口は、いつも傍にある。
ただきっかけがなく、見過ごしてしまったり、
勇気がなくて踏み込めなかったり。

まずは彼らの空想世界を見てほしい。
2人にしか描けない素晴らしい世界を。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9月12日(土)~22日(火)までannabelle304が

彼ら2人の空想世界に変貌します。

その空間の中で、西別府久幸さんの歴代の

作品と、それぞれのシリーズからたくさんの

新作も展示いたします。

















「森の小さな鏡」 西別府久幸 作

ご存じの方も多いと思いますが、彼の作品には

つながりのある不思議な物語がセットで存在します。

今日は最初の物語をここで紹介したいと思います。

ゆっくり、楽しくご拝読頂けますと幸いです。






















「小さな森」   
作品 西別府久幸(花屋西別府商店) 
物語 佐藤克耶(はいいろオオカミ)


小さな森

どうしてこんなことになってしまったのだろう。

私は未だ見ぬ植物に憧れを抱いて、
志を同じくする学者と共に航海へ出ただけなのに・・。
転覆した船から投げ出された、無数の植物の残骸と、
ただひとり辿り着いた孤島で、私はここ数日の出来事を回想していた。

私は幼少の頃から植物、殊に原始的なものや野草が好きで、
将来は植物を研究する学者になることを夢見ていた。
だからこそ、世界の情勢がますます不安定になる中で、
この調査団に同行できることになったときは心の底から喜んだものだった。

しかし、実際は植物の調査というのは建前で、
現地では略奪まがいの行為や、植物とはおよそ関係ないと思われる
任務に就く時間の方が長かった。そんな生活に疑問を抱く中、
同じくただ植物に触れることを求めて調査団に加わった数人の仲間とともに
あの「森」を見つけたのだった。

そこには私たちが見たこともない植物が溢れており、
任務の合間を縫っては採集を続ける日々を過ごしていたが、
残念ながらその幸福は長く続くものではなかった。
そして、あの日、私はいつもの様に任務を終えて「森」に向かっていると、
遠くに重機を稼働させている音が聞こえた。
通い慣れた道を急ぎ足に近づいて見ると貴重な植物の宝庫である
その「森」が今まさに薙ぎ払われている姿を私は目の当たりにしたのだった。
私たちの活動は見逃されていたのでも、見過ごされていたのでもなく、
常に見張られていたことに、その時初めて気付かされた。

それからの出来事は私自身も朦朧としていて、あまり記憶は定かでは無い。
一緒に採集に励んだ仲間たちと数人で、夜明けの前に調査団を抜け出し、
追われる身となりながらも命からがらに船を駆り大海へと抜けだした。
本国に残してきた家族や植物を愛する者たちにあの「森」で採集した植物を届けたい。
その一心で一か八かの賭けに出たのだった。


そして、私はただひとり残された。

これから私はあの「森」で採集された植物の断片を
テラリウムに詰めて海へ放とうと思う。
誰か植物への愛情を持った人の手に渡ることを願い、、

Сохраните этот маленький лес (この小さな森を大切にしてください)」というメッセージも一緒に詰めた。

どうか、私のこの願いとあの失われた「森」が
人々の元へ届きますように。
親愛なる「私が見ることの出来ないあなたへ」


--------------------------------------


これは私の曾曾祖父が世に残した一通の手紙。
心ある人の手に渡り、私たち家族の元に帰ってきたという。
植物のテラリウムは長い間、海を渡ったせいで
すっかり乾涸びてしまったけれど、
貴重な研究材料になったものもあるらしい。
その無数の標本は、我が家の不思議な「遺産」とともに
今も静かに納屋に仕舞われている。

Sense of wonder -不思議の家系の物語-
「小さな森」より




今回の展示では、西別府さんの作品に添えられた

4つの不思議な物語から連想させる「空想世界」を

空間として再現してほしいという僕の願いがありました。

西別府さんの作品には、洗練され過ぎると失ってしまう、

驚くほどの純朴さが感じられます。

相棒である、はいいろオオカミの佐藤さんが作る、

作品に添えられた物語は、その純朴さがうかがえる、

素敵なストーリーとなっています。

ぜひ、作品と合わせてご覧ください。


















会期:2020年9月12日~22日 ※16日(水)は店休日です。
営業時間:11:00~19:00 在廊日:9/12,13,19,20
場所:annabelle304
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1 美しが丘アレービル304
TEL 045-482-4026


20日(日)には、作り上げた空間の中で、「花屋西別府商店」を
開店いたします。作品だけでなく、ロシアの骨董ゴルショークに
囲まれながら、ご予算に合わせて花束をお作りいたします。




















ロシアの骨董ゴルショークは、もともとはヤギのミルクを
保存するために使われていた陶器です。
西別府商店では、スタンダードな花器として販売もされています。
今回は、ちょうどロシアからの船便が到着した最高のタイミングでの
展示となります。花束に合わせて、ゴルショークもいかがでしょうか。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。








































2020年9月7日月曜日

入荷のお知らせ


 9月7日 (月)

<GASA*>

・ "肖像画" ラッフルカラー

・ "甘い蜜" ジャガードテーパーパンツ

・ "包み隠す" ノーカラーコート

・ "歓声" ロングジャケット


<blue in green>

・コーデュロイジョガーパンツ for annabelle

春夏に好評だったジョガーパンツを、コーデュロイ生地で別注しました。

・ノースリーブカシュクールワンピース(ネップデニム生地)


<ゴーシュ>

ダウンジャケット

ダウンコート




2020年9月4日金曜日

夏の終わり。秋の始まり。

先日、としまえん遊園地が94年の歴史に幕を閉じました。

生まれた時から近くで見てきたその姿は、近すぎたせいもあり、

最近ではまったく縁のない生活を送っておりましたが、

それでも小さな頃から高校生くらいまでは良く行っていたし、

アルバイトでもお世話になっていたこともあります。

子供を連れて行ったことも何度もありました。

最終日の夜、最後にちょっとだけ、中を通り抜けて帰ろうかと

思って正門に近づくと、たくさんの報道陣に驚き、

思わずそのまま通り過ぎてしまいました。

翌日には、朝から大きなトラックで様々なアトラクションの機材が

運び出される姿を見て、ずいぶん昔から何度も耳にしてきた、

「としまえん閉園説」が現実になったのだと受け止めました。


終わりは何かの始まりで、始まりは何かの終わりなのです。

今日は夏の終わりにふさわしく、秋の始まりにも着ていただける、

こちらのご紹介をさせていただきます。



































maison de soil
ジャムダニ織ワンピース
black、white ¥32,000+tax

インドのシンプルなジャムダニ織のコットンを使用した

maison de soil のドレスです。コットンは薄手で、初夏から

夏場を通して、そして晩夏から初秋まで着ていただける、

同ブランドでは定番的な生地感のドレスです。






















今回のドレス、実はサイズ展開が3つもありました。

大雑把には、「長い」「普通」「短い」の3つです。

その中で、アナベルでは「長い」と「短い」をセレクトしています。

写真のブラックは、「長い」で、サイズⅢです。





















とはいえ、身長155cmの妻が着て、下に履いた

フルレングスのパンツの裾が少し見える程度です。

長すぎるということはないと思います。
















ジャムダニ織は、インドでしか手に入らない、

「the 手仕事」ともいえる手のかかる織物です。

今回の生地は、生地の端にあるゴールドラインも

全体を引き締めるいい存在になっています。
















近くで見るとこのように。
















ネック周りは、広すぎず狭すぎずのラウンドカラー。

薄手ですが、ジャムダニのコットンの裏地として、

コットンのガーゼ素材が付いています。

透け感もほとんどなく、気にならないレベルですが、

直射日光でぼんやり透け感は出ますので、気になる方には

短めのインナーパンツなどをお勧めしています。
















色はホワイト、ブラックの2色展開です。
















切り替え部分には、maison de soilではお馴染みの、

ラジャスターンピンタックが美しい。
















ポケットもございます。
















ホワイトは短いほうで撮影しています。
















短いほうは、ちょうど妻でひざ丈くらい。

パンツに合わせて着やすい着丈です。





















夏の終わりの秋の始まりの頃、

当然のように毎年まだまだ残暑が続きます。
















そんな時、自分なら何に惹かれるか?

わたくしもお店をやっている一方で、

他のお店で洋服を買うこともある。

何に惹かれるか?
















あらためて考えてみると、とっても両極端かもしれません。

すごく先にしか着れないようなものを一目ぼれで、勢いで買うか。

もしくは、今更ながらすぐに着れるいいリネンのシャツが欲しくなるか。

いずれにしても、そろそろ物欲も食欲も出てくる頃。





















夏の終わり。
秋の始まり。
としまえん遊園地、さようなら。
94年間、お疲れさまでした。