2020年8月4日火曜日

ツタエノヒガサ

日傘や傘というのは、気に入ったものを探せば探すほど

買うに至らない商品のような気がします。

その逆に、出会ったら衝動で買うようなものでもあります。

アナベルにとって、傳の日傘(ツタエノヒガサ)は、

見た瞬間に「これだ」と思える存在でした。



































傳tutaee(ツタエノヒガサ)
段々々黒生成り ¥17,000+tax

傳のデザイナー合田さんと吉原さんが代官山から

蔵前に拠点を移してもう10年近く経つと思いますが、

蔵前に拠点を移す前から、東京下町の職人さんたちと

関係を築き、自身のやれる範囲で様々な取り組みを

続けています。傘はその一つです。





































傳tutaee(ツタエノヒガサ)
杜若(かきつばた)抜染 ¥17,000+tax

傳の日傘の柄の部分は、職人さんたちが作る

天然の竹を材料にしています。

新品ではビニールがかかっていますが、

手にしたらぜひ剥がして、経年の変化もお楽しみください。

手に持った感触もとてもいい。




























先端に付いたタッセルもストレートの竹の雰囲気に似合います。

こちらも職人さんのお手製によるもの。

これがあることで、手に引っ掛けられて実際に使用すると

とても便利です。見た目の素敵さ以上の実用性もありますよ。



























留め具にも竹のボタンが使用され、可愛らしい。





























全体のバランスもとても好みです。

柄がストレートであることが魅力の一つではないでしょうか。

初見からとても感覚に引っかかるものがありました。




































傳tutaee(ツタエノヒガサ)
黒玉 ¥17,000+tax

傘本体の布地も非常に特殊で凝ったものを作っています。

浜松の注染という技法を用いた布地で、本格的な

日本手ぬぐいや浴衣は、この技法で染色された

布地が使われています。

曖昧なぼけ味が表現できる味わい深い技法です。








































傳tutaee(ツタエノヒガサ)
キリン茶黒 ¥17,000+tax

ヒョウ柄やトラ柄などに代表される動物柄というのは、

往々にして派手で取り入れにくい印象にデザインされがちですが、

彼らのキリン柄は、とても日本的な情緒を感じる傑作です。








































傳tutaee(ツタエノヒガサ)
ジャガード織 キナリ ¥19,000+tax

こちらは、生地をジャカード織で仕立てています。

あえての同色ジャカード柄は、品があり素敵です。





























しっかりと密度のある織物で、キナリですが

しっかりと日傘の効能は果たします。




































傳tutaee(ツタエノヒガサ)
柿渋cotton ¥19,000+tax
柿渋linen ¥19,000+tax

柿渋染めは、遠目にはまったく違いが判りませんが、

身生地にコットンと麻の2種類が存在します。

見た目の違いはわずかですが、持った印象は、

若干、コットンのほうが軽く感じます。





























厳密には色の違いもありますが。

左が麻。右が綿。







































傳tutaee(ツタエノヒガサ)
武州藍 ¥19,000+tax

藍染として知名度も高い埼玉の武州藍で染めています。

経年で変化する色合いも味わい深い。

UV加工がされていますので、そのままの藍染のような

激しい変化はございませんが、年数を重ねることで

まさに味わいとして現れます。


























武州藍 ¥19,000




























柿渋 ¥19,000





























ジャカード織 ¥19,000






























キリン茶黒 ¥17,000





























黒玉 ¥17,000





























杜若 ¥17,000






























段々々黒生成り ¥17,000

これから毎日必要になる日傘。

探せば探すほど買うに至らない日傘。

心が動いた時が買い時です。




2020年8月3日月曜日

オリエンタルな心持で

ここ数年、中東から東ヨーロッパあたりの

感覚が気になります。

あの空間にトルコ照明がぶら下がり、

日本の古家具や古道具が点在する。

長い年月を経て、石と木と土壁が混ざり合い、

少し近代的に改装された空間に天井から

太陽の光が漏れる。

そんな風景に馴染む素敵な洋服です。







































NATIVE VILLAGE
cotton rap pants with silver print
¥34,000+tax

民族的要素のあるパンツをとても上品にデザインしています。

滑らかなコットン素材にオリジナルの箔プリントが施され、

見た瞬間に手が伸びました。







































全体のシルエットは、ややテーパーがかった

シンプルなゆとりのあるパンツです。


































































少しタイパンツにも似ていますが、ウェスト後ろ側にはゴムも

入っていますし、ウェストに巻く部分が帯状に太いので、

心地よい安定感があり、とても履きやすいそうです。






























滑らかでしっかり感のあるコットンは、ゴーシュのカツラギパンツの

ような感覚で、通年ご使用いただけるような生地感です。






























なんでもないシンプルなTシャツが素敵に着こなせる

魔法のようなパンツです。
































ラフさだけではどうにも家着感が出てしまう。

それを補うのは、上質な生地とデザインの力(ちから)。
































NATIVE VILLAGE のお洋服は、たくさんの洋服を着てきた

目の肥えた大人の女性が確実に満足感を得られるお洋服です。

ぜひオリエンタルな心持で。



2020年8月1日土曜日

オロオロする貴方へ

「セーター=冬だろ。」と妻は思い込んでいる。

そんなわけがない。

「サマーセーター」という言葉を人生で一度も

声に出したことがないらしい。

「いつ着るの?」という悪態まで付く始末。


妻は月に一度、一人で銀座に繰り出す。

髪を切るのだ。ショートにしてからは3週に一度くらい行く。

途中、美容師さんが産休などに入り、

別な方に切ってもらっていたが、

20代から長いこと同じ人に切ってもらっている。

半ば何を言っているかわからない妻の要望に、

非常に素敵に答えてくれる腕のいい美容師さんだ。


話が長くなりましたが、美容室に行く時などには

こんなサマーセーターを着ていったらいいだろう。

もちろん、普段からどんどん着てもらいたいのですが、

「いつ着るの?」などと言われたら、そう答える。








































Native village
summer sweater ¥26,000+tax

シャリシャリとした麻のようなタッチのコットン素材は、

麻のようなさわり心地であることから

「擬麻(ぎま)コットン」と呼ばれます。





























森の木々をイメージした編み柄は、シャリ感もあり、心が落ち着きます。

さらっとした暑苦しさのないタッチだけでなく、

心の内側から清涼感をもたらしてくれるようなセーターです。































こちらが背面です。






























背面は、森の木々の一枚一枚の葉っぱを思わせる素敵な編み柄です。






























ナチュラルにネイビーのコンビは、

大人の上品さを感じ、ちょっとしたお出かけには

もってこいな、素敵な色合わせです。





























パンツは完売したゴーシュのカツラギワイドのブラックです。

コットンのパンツですが、とてもキチッと見える。





























着丈もすっきりとした短めの丈。

とても扱いやすい。

スカートにも似合う丈でしょう。




























「いつ着るの?」とか言っている場合ではないのです。

毎回、美容室に行く朝、オロオロしている妻に差し出してあげたい。






2020年7月31日金曜日

楽しい夏を

関東でも梅雨明けが間近となりました。

ようやく夏の始まりです。

冬のセーターの印象が強いFACTORYから、

夏の素敵なセットアップでのご紹介です。
















FACTORY
peru cotton halfsleeve shirts
white ¥17,000+tax

FACTORYの特徴は、やはり素材の開発である。

冬のカシミアやヤク、キャメルなどがオリジナルでは

目立った存在ではありますが、ブランド発足当初から

地道に取り組んでいる素材の一つがペルーコットンです。

世界的にも有名な超長綿の一つで、非常にしっとりとした

タッチが特徴です。南米のペルー高山地帯で栽培され、

冬のアルパカと並ぶ、特産品となっています。

















以前はバンブーなどが混紡された糸を主流に扱っていましたが、

最近はコットン100%のものが多く、以前のものよりも

しなやかではありますが、しっかりした印象を感じます。

夏に涼しく、晩夏初秋にかけて着ていただける素材です。

















袖付けがなく、身頃から直接、袖口が出てくるデザインです。

軽くまくっても可愛いかもしれません。

















細かいところですが、角を額縁で処理していますので、

ゴロツキのない、軽くしなやかな仕立てで、高級感があります。


















前後差のあるスリットデザインもとても丁寧な仕立てです。

















orijinal dots print ¥19,000+tax

オリジナルの抜染プリントは、清涼感とかっこよさを

併せ持つ、FACTORYらしい仕上がりです。

小さな襟も素敵です。





















ホワイトはふんわりパンツのindigoに。

とてもバランスのいい組み合わせ。

















妻は中二の娘より腕が短いので、、

普通の方はもう少し袖が短いのかもしれません。

















夏休みに身長も抜かされそうです。
















前後差もあり、いろいろなタイプのパンツに

合わせて着ていただけるシャツではないでしょうか。

















日傘を差せば、これからの強い日差しにも耐えられる。

今年も「傳tutaee」さんの日傘がたくさんご用意ございます。

通信販売でもこれからご紹介いたしますね。





















dots柄は、同じくFACTORYの定番的存在である

サルエルパンツに合わせて。

















今年のサルエルパンツは、フレンチリネン素材です。

しっかりした綾織りで、透け感のない涼しい生地。

















黒くても涼しげです。

















日傘を足せば、見ためにも涼し気。

どうか楽しい夏をお過ごしください。




<8月の予定と夏季休業について>

7月までは多少の変則営業を続けてまいりましたが、
8月からは通常営業に戻ります。
ただし、営業時間が今後も変更になりますのでご注意ください。

休み:水曜定休 営業時間:11:00~19:00 
夏季休業日:8月13(木)・14(金)・15(土)の3日間

宜しくお願いいたします。