2021年1月19日火曜日

入荷のお知らせ

 

1月19日(火)

<ゴーシュ>

・カツラギワイドパンツ

・カツラギ定番テーパーパンツ


<TRAVAIL MANUEL>

・ライトグログラン ビッグパーカーコート

・セルビッチデニム5Pパンツ

・コンパクトチノサドルパンツ


<evam eva>

・テーラードロングジャケット


<ARTE POVERA>

・Vネック8分丈トレーナー

・タイプライターダブルジャケット

・USチノトラウザー×アフガンストール リメイクスカート


<BLUE BLUE JAPAN>

・インディゴジャガード キモノコート

・バンドカラーブラウジングシャツ


<klause>

・ベーシックシャツ(新型)

・プレーンシャツ(再入荷)

・ロングプルオーバーシャツワンピース(新型)


<HAVERSACK>

・ウェザークロスパンツ







2021年1月10日日曜日

「普通に良い服」

「パッと見の面(つら)」がバイイングの大きなポイントになる

といった話は、ブログで何度も書いたことがあります。

あやふやで根拠に乏しいように聞こえますが、

実際、とても重要です。

お店にはたくさんの素敵な作り手のブランドの

お洋服がひしめき合っていますが、その中でも、、

お客様が必ず手に取るブランドというのが存在します。

理由はきっと、「なんとなくいいと感じる」からということに

尽きるような気がします。みんながそう思えるのだろうと。

実はいくつかのブランドで見受けられるのですが、

圧倒的に多いのは、「TOKIHO(トキホ)」の洋服です。

とりわけコートに関しては、ひょっとしたら来店した

全員が手に取っているのではないかと思うくらいの

確率で、嬉しいことに、皆さんが褒めてくれます。

お値段がそれなりにしますので、皆さんが購入には至りませんが。





















TOKIHO
LIGHTNESS Ⅷ
sepia ¥74,000+tax

WOOL100% のメルトン素材は、super100's(スーパー100)という

非常に張力のある上質な羊毛を使用しているため、肌触りはとてもやさしく

ソフトで、着心地の良さにもつながっています。





















上質でしっかりとした防寒性もあるWOOLを使用した

総裏のコートで、裏地には胴裏にしっかりとしたコットン、

袖裏にやや滑りのあるコットンを用いている。

そのため、手に持った際の重量は、重すぎる感じはないのですが、

けっして軽いコートとは言えません。

クラシカルな冬のWOOLコートと言えるでしょう。
















少し張感のある生地を高温で洗い加工をしてくったりとした

風合いに仕上げています。
















内ポケットはレディースでは珍しくしっかりと3か所。

右に一つ、左に2つ。男性用のクラシックなコートの

デザインをしっかりそのまま女性用のコートに残しています。

















袖裏はソフトでやや滑りのいい生地に。

(スベスベではありません)


















衿の後ろ側や袖口に小さな刻みのあるデザインです。

















ポケット口にカーブの付いたデザイン。

使い続けるとポケット口が下がってきますよね。

最初から下げたデザインという事ですね。
















ここ何年か、「衿」の存在について継続的に注目している

デザイナーは、「LIGHTNESS」というコートのベースデザインで、

何作も世に送り出している。

ちなみに僕は、メンズの「LIGHTNESS Ⅵ」を愛用していますが、

今回ご紹介しているⅧと比較すると、もう少し衿が低く、

ノーカラーに近い印象です。

着心地は、相当にいいということは間違いありません。




















デザイナーの「吉田季穂(ヨシダトキホ)」は、生地選びから

パターンメイキング、サンプリングのための縫製、仕上げを

全て自身で行い、展示会をし、受注を貰った商品を信頼する

工場の職人さんに生産依頼するといった方法をとっています。

分業の多いアパレルにおいて、一貫して自身の目の届く

範囲でモノつくりが完結していることは、TOKIHOの

強みの一つかもしれません。

















それ以上に特筆すべきは、「着心地」ではないでしょうか。

自身のブランドを立ち上げる前は、パターンナーとして

腕を振るっていた時期もある彼のパターンは、本人曰く、

「ただただ基本に忠実に、当たり前のことを正確にやっているだけ」

というが、きっと現代の量産品にはそれが全く感じられないので、

際立った雰囲気を纏うのだとも思えるのです。

「当たり前のことを普通にやる」って洋服つくりでなくても

意外に難しかったりしますよね。

















大き目で滑りのいい裏地を付けると、なんとなく着心地は

いいように感じるのですが、これはそういったものではなく、

しっかりと肩で着て、細目にデザインされた腕を回して見ると、

まったくストレスなく動かせる。その運動が身頃に響かず、

腕を上げてみても身頃が暴れることはない。

袖付けはコンパクトに見えて、しっかりとした運動量を

確保しているお洋服です。

















こちらはモノクローム。

















身頃に対して袖がやや細身なのは、見た目がすっきり見える

という事と、防寒にも一役買っているように感じます。

実際に着ていて、袖周りがキュッとした感覚があって、

温かさを逃がさない、寒気を中に入れない、そういった

効果もある様に感じます。


















クラシカルでかっちりした雰囲気で作るのではなく、

少し生地に表情が生まれる程度の洗い加工が施された

仕上がりも、TOKIHOの大きな特徴の一つです。

ヘム(裾周り)やベントも少し跳ねた感じも見受けられる。



















シンプルに着心地が良く、雰囲気のあるお洋服。

それがTOKIHOの洋服だと思います。

それ以上でも以下でもない。

軒並みな表現しかできませんが、

「普通に良い服」を作り続けるんだと思います。

納期設定は普通でなく、12月納品というアパレルでは

異例中の異例である納期設定には少し驚きますが、

セールをやらないお店にとっては、大きな問題ではないの

かもしれません。

これから来る寒波に、お勧めのコートです。

















2021年1月8日金曜日

safujiさんのミニ二つ折り財布

インスタで動画を配信しているsafujiさんのミニ二つ折り財布は、

本日、夜7時前後には通信販売ページに更新いたします。

こちらでも動画をご覧いただけるようにいたしましたので、

どうぞご覧ください。








色展開は、グレー、グレーカーキ、グレーブラックの3色で、

ミニ長財布 for annabelleと同じ色展開です。






















アナベルでも昨年からpaypayを使えるようにしていますが、

自身でもバーコード決済を使うようになり、お財布に対する

需要は変化したと感じています。

「絶対に長財布派!」だと言っていた5年ほど前からすると、

今はsafujiさんのミニ長財布にとても満足していますから、

自分的にはすごい変化です。



























グレー

















グレーカーキ


















グレーブラック


















動画にもあるように、タテ使いを想定した小さな二つ折り財布です。

小銭入れ部分のスナップを外すと、カード入れが2か所と小銭スペースが

いっぺんにパタッと開く、こちらも見やすいと感じるお財布です。

カードは、1か所に5~6枚程度入れて限界でしたので、

10枚~12枚程度が入れられると考えてください。

小銭は、全種類を合計20枚程度入れています。

safujiさんのお財布を使い始めるとわかりますが、

小銭スペースがとても見やすいので、小銭はあまりたまりません。

こちらは十分なスペースと言って良いと思います。

写真上側が仕切り付きのお札、レシートスペースです。

こちらもレシートを5~6枚くらいお札を5枚入れていますが、

ものすごく余裕を感じます。レシートはそこそこたまっても

締まるかな、と感じますが、仕切りが簡易的ですし、

これを使うことでレシートや小銭を貯めすぎないようになると思います。

使う前に気になって仕方なかったことが、使ってみたら

不思議なくらいどっかに行ってしまうもの。

safujiさんのお財布は、本当に使用感にこだわったものばかりです。

その点はご安心ください。





2021年1月5日火曜日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。 

僕はよく家族から、方向音痴だと言われます。
その理由は、一度も行ったことのない場所に向かうとき、
まったく何も見ずにあたかも知っているかのように
先頭を歩くくせに、道に迷うことが多いからです。
グーグルマップを凝視しても迷うときがある僕が、
マップ上の位置だけ見てスタスタと歩く。
でも、間違っている時はたいてい気が付きます。
「あれ?なんか違う気がする」って。
間違えすぎて、その勘は鋭くなりました。

今、皆様それぞれの生活の中で、
見通しの悪いモヤの中を歩いているような感覚に
なっている方もいるのかもしれません。

何度も道に迷った僕が勉強したことは、
迷った自分や失敗した自分に苛立ちを覚えたら、
間違いなくその状況がつまらないものになる。
でも楽しむことが出来たら、モヤを抜けて
まったく知らない場所に立っていても、
ちょっと笑えます。

2021年は、ぜひ笑いたいものです。
まずは追加でお願いしていたsafujiのお財布を
本日通信販売ページにアップいたします。
今回の追加ラインナップは以下の通りです。












safuji 
定番ミニ長財布 ¥24,000+tax
ブラック

















safuji
定番ミニ長財布 ¥24,000+tax
グリージオ

今回の定番ミニ長財布の入荷は、この2色となります。
シルバー(¥26,000+tax)は、入荷とほぼ同時に完売いたしました為、
今回の通信販売はできませんでした。また、一緒に販売をしてきた
ゴールドは、材料の安定供給ができないため、今回から正式に
廃版となりました。safujiの他の商品も同じく、ゴールド色は、
現在店頭にあるものがなくなり次第、販売が終了となります。

















safuji for annabelle
ミニ長財布(裏付き)¥30,000+tax

こちらは前回と同じ色展開で再入荷いたしました。
グレー、グレーブラック、グレーカーキの3色です。


最後にこちらは、今回はじめてご紹介する新作のお財布です。
ミニ長財布のちょうど半分の大きさの2つ折り財布です。






















カラー展開は for annabelleのミニ長財布と同じ3色。
こちらは、まだ撮影が完了しておりませんので、
木曜日以降のご紹介とさせていただきます。




































safuji
ミニ折り財布 ¥23,000+tax

小銭、カード、お札とバランスよくたくさん入る小さな
デザインのお財布です。ミニ長財布より容量が小さくても
OKな方で、小さいお財布をお探しの人にはもってこいです。
お札も仕切りが付いており、1万円とその他、もしくは
領収書とお札、など簡易的な仕分けは可能です。
また、背面にはICカード入れが付いていますので、
定期券などのICカードはそちらに差し込むと便利です。

















ちなみに、safujiさんは、このようにタテ使いすることを
想定して作ったそうです。たしかに触ってみると、
この使い方がしっくりときます。

こちらのミニ折り財布は、木曜日以降の通販アップとなります。
宜しくお願い致します。





2020年12月27日日曜日

2020年ご挨拶と福袋のお知らせ

2020年は、歴史に残る年となりました。

未来の歴史教科書に載るのかな?

現在も様々な分野で多くの弊害を生んでいますが、

なんとか乗り切れている今、お客様をはじめ、

スタッフや仕事仲間への感謝しかありません。




















4月上旬、緊急事態宣言により一時閉店を決めた際も、

およそ一か月もの間、通信販売やブログを通し、

お洋服の魅力を伝え続けました。

ここでたくさんの写真を撮りました。



















そんな状況の中、たくさんの苦悩はありながらも、

家族と過ごす時間が圧倒的に増えたことが良い収穫でした。


ヨーロッパへ出張していた頃、イタリアやフランスでは、

夜6時か7時には一般の商店は店を閉めて夜の集いを楽しんだり、

家へ帰って家族との時間を楽しんだりしていました。

展示会では、夕方になったら皆さんワインを飲み始めます。

2週間ほどそういった生活をして、日本に帰ってくると、

「働き過ぎじゃないか?」っていつも感じていましたが、

1週間も経つと、日本人の仕事のペースに戻ります。

今回の緊急事態宣言後の営業自粛期間で、今まで下げられずにいた

ギアを落とさざるを得ない状況になり、落としても

走れることに気が付いた人もたくさんいたように見受けます。

ギアを落とすと今まで見過ごしてきたことに気が付いたりもします。

それは今年の大きな収穫ではなかったかと感じています。


















そんなことを考えながら、今年も恒例の福袋をゆっくりと

時間をかけて作りました。

ここで白状しますと、今年は例年より数が少なめです。

昨年の通常営業の成績が良かったのか?

いざ福袋を作り始めると、コートが1着しかありませんでした。

もちろん、悪いことではないのですが、今回の福袋は、

コートが1着しかございません。

ただ、合計金額はいつも通りか、むしろ平均で7万5000円前後は

あり、高いものですと8万円以上入っているものもありますので、

金額はいつも以上かもしれません。

コートやセーターが少ない分、年間着ていただけるものや、

春に活躍しそうな組み合わせで、買っていただいたお客様が

満足してくださるような内容でお作りしました。

「ちょっと定価では買わないかも。。」と思えるような

お値段のセーターや、ムートンの手袋など、単価の高い

シンプルなものの多い福袋となりました。


お値段は、昨年の22000円(代引き送料込み)から、

今年は20000円(代引き送料込み)と2000円お値引きしています。

サイズにつきましては従来通り、Sサイズ・Mサイズの2つを

ご用意しています。

ブランドによりサイズの表記が異なりますので、記載された

表記よりも、実際に販売してきた感覚や実寸を評価した

内容となっております。


例)NO CONNTROL AIRのサイズ展開は、XS、S、Mが多く、
ユニセックス展開です。身長170cmの男性の私がたいていSを
着ていますので、XSが女性対応サイズの中心となります。
大き目なデザインも鑑みて、商品によってはXSの表記でもMサイズに
入れている場合がございます。ここでいうMサイズとは、
身長が165cm前後の女性を想定しています。

例)evem evaのサイズ展開は、2種類ございます。1・2の場合、
1がS、2がMです。もう一つは、Mのみのワンサイズ展開の商品です。
これはMとは記載されていますが、ワンサイズの商品ですので、
実質はフリーザイズです。このような場合、小さめだと判断したら
Sにしか入れていませんし、ゆったりした商品であれば、どちらにも
入っている可能性はございます。



上記以外にも、ブランドにより、サイズ感やサイズの

表記方法が異なりますが、annabelleの福袋は、

今までお店で販売したものを使ってお作りしています。

実際の接客を通した感覚を考慮した内容となっておりますので、

サイズ表記だけを見ると驚かれる場合もございますが、

その点はあらかじめご了承ください。


販売は、1月3日(日)の11:00~今回は通信販売のみで行います。

時節柄、ご理解いただけますと幸いです。

また、本日これより、福袋の通信販売ページが開示されますが、

ご購入はできません。サイズのことなど詳細が記載されておりますので、

来年の販売時までどうぞご参照ください。


それでは、皆様良いお年をお迎えください!

また来年もよろしくお願い申し上げます。



annabelleより





2020年12月25日金曜日

オーセンティック

コートをこんな風に持ったことがありますか?

これを見た時、「やってみたい!」と思って、

メンズも一緒に自分用に発注しちゃいました。











バカでっかいリュックみたい。。
















コートのウェストベルトを衿吊りを通してこのように

2点留めすることで背負ったり、肩に掛けたりできるように

なっています。


















その昔、まだ馬に跨っていた時代、熱くなってコートを

脱いだ男たちは、両手を空けたまま馬上でコートを持つために、

こんな仕様のコートをハンティングなどの際にも着ていたそうです。

古着を熟知していないと、トラディショナルなお洋服は作れませんね。

さすが、ASEEDONCLOUD玉井さん。

















正面から見ると、ボタンが見えないですし、

衿の返りがないので、トレンチコートのようには見えませんが、

作りはトレンチコートでしょうか。
















内掛けボタンをこのようにして、、。

















フロントボタンは比翼仕立てで見えないデザインです。

Wブレストですが、ボタンが見えないことでステンカラーコート

のようにも見えてきます。


















一般的なトレンチコートを上まできっちり閉めた時の

装いをスタンダードにデザインしたコートです。

ガンフラップの下にあるボタンも留めて、着てください。
















袖付けは非常にオーセンティックなラグランスリーブ。

すっきりとした印象ですが、運動分量はしっかりとあり、

下にもざっくりとしたセーターなど着ていただけるコートです。

















袖口もレールステッチの美しいタブがきっちりと。
















背面はちゃんとした雨蓋仕様のデザインです。

ふらして、上蓋のほうがわずかに大きく、

雨をしのぐ屋根のような役割を果たすもの。

簡易的に作られたものも多い雨蓋もしっかり作っております。
















こちらも非常にオーセンティックなデザインです。

動きやすさ、防寒性、美しさ。

大きなインボックスプリーツは、

かっこいい大人の女性に相応しい。
















帯には金具など付けず、クラシカルな結わくデザイン。
















ベルトはこのようにシンプルに前で

結わいて着てもいいですし、、
















後ろに結わいて垂らしておいてもいい。

そして、、
















裏に取り付けて、、

















背負ってもいい。

背負いたい。

















首元が寒いときは、襟を立ててタブで留める。
















衿を寝かせる通常時は、このように収納できる。

細部に至るまでしっかりと本格的。
















極めつけはこの貫通マガジンポケットです。

昔の本格派のトレンチやステンカラーコートは、

バーバリィもアクアスキュータムも、みんなこの仕様でした。

コートをしっかりベルトまでして着た場合、ロングコートを

着た状態で、インナーのジャケットやパンツのポケットから

モノが取り出せるように。
















貫通しています。

モノは落ちないのか?

落ちません。

大き目のパッチポケットで

口を受け留めているので、大丈夫。

















ラフに全部開けてきてもかっこいい。

















こちらも一重のコートと同じく、わずかに重心が低め。

日本の着物に近いベルト位置ではないでしょうか。
















インナーに着ていたセーターも、ASEEDONCLOUDのもの。

こちらも地層のようなデザインで、ガンジーセーターを

ベースにして、オリジナルの編み柄が素敵です。


























とてもスタンダードなサイズ感のセーターです。

下にシャツなどを着てもいいでしょう。
















ミックス調のブラウンは、ツイードの王道をいく色調です。
















ジーンズに革靴、赤いソックスでそれに応えます。
















現在のゆるいサイズ感のファッションは、一時的な

トレンドではなく、80年代初頭からハイファッションで

展開されてきた提案の集大成のような状況だと感じます。

おそらく廃れることなく、個々のマインドに今の世代の

代表的なスタイルとして今後も残っていくと思っています。

では、それをどうアレンジしてお洋服を着たらまた新鮮に

今のお洋服が着られるだろうか?

そんなことを1年半ほど前から考え始め、まずは

オーセンティックなデザインが気になったところです。

ゆるいファッションの独特なバランス感を持って、

トラディショナルウェアーを取り入れたら?

ASEEDONCLOUDのデザインは、そんな今の気分と

一致して、2020年春夏からお取り扱いをしています。

これからもっと、力を注いでいきたいブランドです。