2021年12月2日木曜日

意外な一面

展示会に伺った際、いい意味「意外」で目に入った商品でした。

原毛の感触のある「ぬくぬく」としたセーターが多い中、

少し綺麗めなこちらのカーディガンは、FACTORYさんの

別な一面を覗いたような、そんな存在でした。











FACTORY
ウールオーバーサイズカーディガン
white ¥28,600(税込)

だいたいがミドルゲージのふんわりニットが中心である

FACTORYさんの中で、少し異質な存在ではありましたが、

ゆったりと綺麗めに合わせることができるニットで、

体の線を拾わない、しっかりさも備えたものというとあまりないので、

スタイリングに取り入れてみたくなりました。











ネックは小さめなクルーネックで、ボタンを全て留めても

無理なく閉まるデザインです。でも、下にタートルなんかを

合わせた際には、一つボタンを開けても素敵でした。




















細部までカーブさせるところはきっちりカーブをかける

細やかなこだわり。











裾は着用してもひらりと目立つスリットのデザイン。

編み地は「ガーター編み」を採用しているため、

表裏を感じない、両面が表のような綺麗な編み地です。

ニットジャケットのような感覚で着用してほしい。




















black

綺麗めのセーターは、白黒で潔く。















ホワイトのレイヤー。

来年3月販売予定のblue in greenさんのパンツに、

インナーのロングシャツは完売したkhadi & coのもの。

白系を重ねて小物の黒で締めて。

ソックスは色遊び。





























スリットが軽やかで、いろいろなものに重ねやすい。

起毛したセーターと違って、室内でも取り入れやすいし、

毛玉が出来にくいという利点もある。











何より、我々としてはちょっと新鮮でした。



























ストールでは目を引く差し色を取り入れて、、











コートを羽織る。(コートは完売いたしました)















black

ブラックはもっと長いシャツワンピースに合わせて。




















それでも不自然さを感じさせないワイドなシルエット。











じわじわと寒くなる今年の冬、このくらいのクウォリティのセーターが

意外に活躍することが多いかも。インナーをコットンの定番シャツに

したり、ワンピースにしたり、ウールのブラウスにしたり。















最もシンプルにはこのように。

インナーには立ち上がりで完売したゴーシュの

コットンカシミアのハイネックタートルを着ています。




















さほど厚着をしているようには見えませんが、温かい組み合わせ。

ストール、コートを合わせれば、当然真冬にも活躍します。











FACTORYの意外な一面、ガーター編みの綺麗なカーディガン。

若い頃には選ばなかったお洋服に、半ば憧れを持ってセレクトしています。

派手さはありませんが、ブローチやアクセサリーを取り入れて、

いつもと違ったコーディネートにも挑戦してください。
























2021年11月29日月曜日

TOKIHOの魅力

 わずかな変化は、彼の気分を表すものであって大きく印象を

左右するものではない。100年後の誰かが見た時にも、

同じ印象を与えて手に取ってもらえるような洋服を、

人生と共に作り続けるのでしょう。

今回のワンピースコートもまた、

わずかな変化が新鮮で、素晴らしい素材はつい触りたくなるのです。
















TOKIHO
ANNA-VI ¥53,900(税込)

お色はこちらのブラックのみの展開です。

やや厚地のコットンシルクの素材は、起毛感があり、

しっとりとした光沢の抑えられたベルベットのような

印象もある素材です。革で言うところのヌバックのような。。

秋冬のワンピースとしてはもちろん、セーターやワンピース、

シャツブラウスの上から重ねても着ていただける、

半ばコートのような存在です。





















ボタンは上と下だけが目に見えるようなデザインで、

これが意外にもインパクトを残すのです。












控えめかと思われる中央部分では、少し特徴的な

クラシカルなカッティング。











このような比翼仕立て。












袖口はボタンが2つ。

キュッと整う袖口がいつも素敵です。












裾脇はベントがあり動きやすく、

視覚的にも軽さが出る。











厚みを出さない綺麗な額縁仕様は、部分的に別布を。











背面はこのように。

ゆったりと、それでいてスタイリッシュでクラシック。

出しゃばらずとも注目を集める存在感。















つい小躍りをする妻。




















一番下までしっかりボタンのあるデザインで、

ワンピースとして真冬も着ていただけるデザインです。

この素材感で、この長さであれば、タイツや場合によっては

中にズボンを合わせ、かっこよく、そして寒さにも十分に

備えることができそうです。











正面から見るよりはっきりとしたAラインの横姿。











上からフリースのベストを合わせて。

(ベストは完売しています。)




















さらにストールを巻いて。











そして時にはアウターとして。

インナーには先日ご紹介したWOOLのワンピースを。











合わせたパテントシューズはお買い得販売中。

catworth パテントシューズ    
¥24,200(税込)→¥16,500(税込)

式典シーズンにも活躍しますので、この機会にぜひ。











TOKIHOのこの魅力はなんだろう。

他では感じられない魅力を持った服。

似たようなものが多いがしかし、それぞれ欲しくなる。

何年も着られる安心感からか?

いや、決してそういう買い方は皆さんしていない。

とってもシンプルなように見える派手さのないTOKIHOの

お洋服は、着ると心が踊るのだ。

実際に踊ってしまう人もいる。


なんだろう、この魅力。。

「着たい」って強く思うのです。






















2021年11月27日土曜日

ホワイトクリスマス

 











暮らしとおしゃれの編集室」の連載が更新しています。

ぜひご覧ください。



2021年11月19日金曜日

モード感と普遍性

あまりにもセーターが良すぎるからか、、

FACTORYがトータルで提案するブランドであることを

つい忘れがちですが、アナベルでも気に入って取り扱いを

続けているコートがついに、WOOLで登場いたしました。















FACTORY
WOOLオーバーコート
キャメルベージュ ¥53,900(税込)

こうして置いて見た印象と、着た時の印象が大きく違うコートです。

デザイン、パターンは、トップメゾンでパターンナーを務めていた

3兄妹の妹さんが担当しています。ビッグシルエットながら、

とても立体的なデザインはシルエットが美しく、上質感に溢れています。











裏地はなく、軽い一重のコートです。

生地は細番手のウール地の産地として有名な愛知県一宮市で、

FACTYORYさんのオリジナルとして織り上げた素材となります。

経糸が、セーターにも用いているニット用のモンゴリアンウールを使用。

ニット用の糸を経糸に用いて織物を作っています。

しっとりとした起毛感や軽さが特徴の素材です。











ボタンは風合いのあるウッドボタン。











サイバラが上に突き抜けて、そのまま脇のマチになったデザイン。

こういったデザインが、ある種のモード感のような雰囲気を発している

ように感じます。




















色々と遊べる襟元も嬉しいデザインです。

そして感心したのはこの仕様。。





















裾の内側に小幅なキュプラがあしらってありました。











袖口も。。

我々の勉強不足もあって、「なんだこれは?」ってなりまして。

聞いてみると、どうやら芯地を入れてある部分が見えないように

綺麗に処理がされているとのことでした。

初めて見た。。とっても丁寧な仕様ですね。















ふんわりパンツに合わせて。




















インナーにはゴーシュのアルパカ混のセーターを着れば、

真冬も十分ではないかと思います。












感じますか?

モード感。











襟はこんなふうに立ててみたり。。











それをシャツ襟みたいに寝かしてみたり。











襟元で遊んでみてください。





















前を開けてもかっこいい。




















ゴーシュのロングスカートに合わせてみたり。




















オーバーコートという名の通り、ビッグシルエットなコートです。

でも、ただ大きいだけのコートではありません。

内側にはジャケットやベストも悠々と着ていただけるサイジングですが、

薄いカシミアのセーターにゆったりと着てもサマになる。


いわゆるモード感を感じさせるデザインでありながら、同時に普遍性も感じます。

多分このコート、歳を重ねるほどに似合ってきそうな予感です。

歳を重ねた自分を想像して、もう一度ご覧ください。