2020年4月30日木曜日

エプロンを付けるみたいに

エプロンは毎日つけますか?

妻は毎日付けて台所に立っています。

今日は、そんな感覚でおしゃれが楽しめるお洋服を

ご紹介したいと思います。





















blue in green
エプロンワンピース
indigoblack ¥33,000+tax

エプロンワンピース、ジャンパースカートと呼ばれるものは、

時にお客様から、「一枚で着れないんですね。」って言われます。

それはその通り、一枚で着れるワンピースをお探しの場合、

却下されてしまうこともあるのですが、でもこちらの利点を

お話して、興味を持っていただけることもたくさんあります。

だって、一年中台所で付けるエプロンみたいな感覚で

着ていただけるんですから。





















誰もが持っているシンプルなTシャツの上に合わせるだけ。

コットン100%で、一年中使えそうな生地感ですから、

冬はセーターの上から着ても可愛いのです。















生地はパッと見にはまったくわからないのですが、

実は染める以前を見ると、誰もが知るジーンズに使用される

デニム生地なのです。しかし、6oz(オンス)デニムという軽量な

デニム素材で、手に持った感触はチノやウェストポイントのような、

年間定番のパンツ素材にあるような生地感です。

こちらのデニムに使用されたindigo糸は、高城染工さんで

糸染めをした素材です。

今回は、そのデニムの上からさらに黒染めを施しています。

つまり、ブラックでコーティングされたデニムということ。

いったいどんな経年変化がなされるのか、楽しみな1着です。















カシュクール仕立てで、取り外しはありませんので、

被って着るデザインです。

ウェストの切り替えはやや下目にあるのが特徴的。















このウェスト位置により、いい意味でフェミニンさが軽減され、

少しオールインワンのような印象が濃くなります。















さらに気に入ったのは、このポケット周りのギャザー。

このウェスト切り替え位置ですと、オーソドックスに

仕上げると、きっとスカート部分に物足りなさが感じられる

のでしょう。そのような商品も多く見てきました。















このエプロンワンピースは、このポケットデザインにより、

その物足りなさを十分に解消しています。

いい感じのふくらみがある。
















ただ、Tシャツの上に着るだけです。

それで自動的に、レイヤーもできてしまう。















ちょっと寒かったら上着を着ればいい。

なんだか重ね着が上手になった気持ちになる。















時にはこんなふんわり袖のブラウスに合わせてもいい。

通常のワンピースにはできない楽しみである。















合わせる素材や色で、またずいぶんと印象が変わりそう。





















ちょっと飽きたな、、なんて思っていたブラウスを

また引っ張り出して着るかもしれませんね。















Tシャツの上から着る。

ブラウスの上から着る。

写真はないけどワンピースの上から着てもいい。


とにかくたくさん着たらいい。

エプロンを付けるみたいに。












0 件のコメント:

コメントを投稿