2020年2月13日木曜日

ありそうでないものたち

ありそうでないものというのは、皆さんが手を伸ばす。

NO CONTROL AIR・FIRMUMのデザイナーである米永さんは、

それがとっても得意なデザイナーさんだと思います。

今回ご紹介するフードコートは、FIRMUMの定番的デザインとなった、

シンプルで彼ららしいサイズバランスのコートです。





















FIRMUM
フードコート
grey ¥28,500+tax

デザインはすでにアナベルでもおなじみになりつつある。

もう4回目くらいのご紹介かもしれません。

毎回異なる素材で、春先に楽しませてくれる。















今年はナイロンタッサーの高密度な生地。

ナイロンを製品染めした独特な風合いは、天然素材にはない

高級感ともいえる光沢やヌメリ感を感じられ、どこか大人っぽい。















一番の特徴は、前身が小さく後ろ身で分量をとって、

ゆったりしながらも袖の細いバランス感だと思いますが、

毎回同じ、このジーンズに使用されるネオバボタンが目を引きます。

こういう付属使いは、意外に勇気のいるものです。

ヴィジュアル的に意表を突いた仕様、デザインも米永さんの得意技。















ボタンを上まで閉めるとあごのあたりまでカバーします。















肩の背面には、小さなアクションプリーツのようなタックが。

これにより、ヨコから見た時に、袖が身頃に埋まって見えます。

正面から見るとすっきりと、でも着ている人はゆとりを感じるデザインです。















フロントのポケットの中にはアジャスターが施され、

引っ張ることでウェストが絞れます。

シルエットにも変化がつけられます。





















脇には10cmほどのスリットが施されます。

多少ですが前後差もございます。





















black















フロントのポケットの角をつまんで、ふくらみを出しています。





















blue

赤みのある、ラベンダーのようなブルー。

明るいのですが、馴染みのいい扱いやすい色です。















色を取り入れたいけど明るすぎるのは躊躇してしまう方。

今回のブラック以外の2色はとってもお勧めです。





















少し青みがかったグレーは、明るい印象いただけます。















白いパンツとの相性だけでなく、チノベージュなんかも

相性は良いと思います。















まさにパーカーのようなカンガルーポケットが

見た目にも可愛らしく、大きくて使いやすい。















身頃に対して袖は細身で少しカーブしたデザインです。

背面のタックにより、袖が少し身頃の中に埋もれたように見えています。





















前を開けてインナーを見せて。





















ブルーはインナーにスミクロのシャツチュニックを。















ラベンダーのような爽やかなブルー。















後ろ身がとりわけゆったりしているのは、

ウェストがアジャストできるから。















ポケットの内側にあるアジャスターを引っ張ることで、

ウェストが好きなように絞ることができる。















最大限に絞るとこのように。

まったく印象が異なります。

お好みの絞り具合を見つけてくださいね。















絞ると前から見た雰囲気も多少かわります。

少し、、シュッとしますね。





















ブラックは白いシャツチュニックに合わせて。















シャカシャカとした光沢感のあるナイロン素材。

長めのウィンドブレーカーを着ているような感じでしょうか。















すぐ手に取れる場所にずっとかけておきたくなるアウターです。

脱いだ時は、クシャクシャっとしても気にならない、家でも洗える素材。

出番が多くなりそうです。

明日は同素材で、もっとありそうでないもの、ご紹介します。

通信販売はその後で、2型同時に更新予定です。



0 件のコメント:

コメントを投稿