2018年11月8日木曜日

誠実な服

「やっぱりゴーシュの服はいいね。」

撮影のたびによく口にする言葉。

それも何度も、それぞれに。

着ている妻は、洋服の素人ながらその素晴らしさが

はっきりとわかるという。

自身では着られない男性陣は、

その着用した時の美しさについ言葉が出る。





















ゴーシュ

ベビーアルパカタートルニットワンピース

ライトグレー ¥53,000+tax
















とてもしっとりとした、赤ちゃんのアルパカの毛を

用いたベビーアルパカ素材は、国内で紡績された上質な

糸を使用しています。

前年のあの素晴らしいベビーアルパカと同じ糸ですが、

今シーズンはさらに度目を上げて、お作りしています。

糸の本数が増えている分、ややしっかりと、

手触りはしっとりと。





















ゴーシュのシンボル的存在でもある、ちびポッケ。

かわいいし、視覚的にバランスも冴える。





















そして、嬉しいサイドポッケ。

寒い冬、つい手を入れたくなる温かいポケット。

ニットのワンピースで付いていないものも多い中、

スッキリとした絶妙なポケットが嬉しい存在です。
















このネック部分が最も美しいと感じるポイントです。

パタンナー出身のゴーシュのお二人の作るニットは、

通常は行わない、型紙の制作を行います。

おそらくはその型紙に、たくさんの細やかな指示や情報が

書き込まれ、理想のシルエットを実現しているのでしょう。

このネックを折り上げた時の形は、最高に素敵です。





















ライトグレーは、少し変則ですが

スカートに合わせてみました。

このスタイリング、ゴーシュのニットも素晴らしいのですが、

susuriさんに別注した、このスカートだからこそだと思います。

本当に何でも似合い、何を着ても特徴あるスタイルに仕上げてくれる。

ニットとともにお勧めのスカートです。

こちらも近々のご紹介となりますよ。















体の線を拾わない、しなやかなニットワンピース。

これをデザインするのは、すごく難しいはず。

ニットの度目や糸番手、どの程度のドレープ感や

張り感が生まれるか?

彼らは長年の経験でわかるのでしょうが、

ニットの薄手のワンピースは、やはり体の線を

拾いがちなものが多いのも事実。

このニットワンピースは、それを感じさせない美しさ。















そして、やはりうれしいポケット付き。















上からは、こんな素敵なコートを着てみたい。

真冬には大判のストールでも垂らしたらいい。















ミディアムグレーには、パンツを合わせてみました。

ゴーシュのカツラギワイドパンツ。

2回ロールアップで履いています。

色はホワイト。妻の私物で、現在は完売しています。

ライトベージュはもう少しございますよ。















パンツに合わせてもかっこいい。

スカートに合わせてもいい感じ。

なんかいろいろ着られて嬉しいワンピ。















上からは、こんなゆったり一つボタンのメルトンコート。

こちらも真冬には大判ストールと合わせて着ていきたい。















最後にブラックは、タイツを履いてワンピースで。

155cmの妻でひざ下5cmくらいでしょうか。

素材感もいいので、ちゃんとした印象で着ていただけます。















もっと高いヒールで合わせてもかっこ良さそうです。

もちろん、おしゃれ着洗剤(中性洗)を)お使いいただければ、

簡単に家庭洗濯が可能です。

上質な毛は、できれば水と良い洗剤で手洗いしていただきたい。

その風合いの変化もやはり上質です。





















コートはこんな素敵なノーカラーコートを。

susuriさんのふっくらと上質感のある、ホームスパンのような

素材を用いたWOOL のコート。





















こちらも真冬にはショールを共に。

同素材の素敵なショールを大きめにぐるりと巻けば、

温かいし、美しい。


そして、ご紹介の写真にはありませんが、

このニットのワンピース、ジャンパースカートの

中に着てもいいのです。

susuri のパストラルワンピースのインナーにも似合いますよ。

度目で上質な糸をしっかり編みこんであるので、

それなりのお値段はするのですが、

着れば着るほどに、その差は歴然としてくることでしょう。

だれないし、多少伸びても洗えばしっかり戻るし。

全くと言っていいほどチクチク感もない。

カシミアと比べて、重さはあるのもアルパカの特徴ですが、

着てみると全く重みを感じることはありませんし、

脱ぎ着をするものでもないので、、気にすることもありません。

そして何より、その重みこそがこのデザインには重要なのかと。















ゴーシュのお洋服と付き合い始めると、

きっと皆さんも感じていただけると思います。

そして口に出してしまう時が来ることでしょう。

「なんでこんなにいいのかね?」って。

ゴーシュのお洋服は、期待を裏切らない

誠実なお洋服かと思います。





0 件のコメント:

コメントを投稿