2021年4月1日木曜日

味わい

モノはなんでもそうかもしれませんが、

使い捨て前提で作られたものに、「味わいを」を求めるのは

少し難があります。使っていくうちに現れてくる「味わい」も

上質なものの特権ではないかと思うのです。

僕が古いものに魅了される一番の理由はそこにあります。

魅了される古いものにも、新品の時代があったんだよな、、と。

普遍的なスタイルを求めるなら、古いものを見るような視点で、

そのものに宿る味わいも見て言いたいと感じます。









maison de soil
ハンドブロックプリント カシュクールブラウス
khaki ¥30,800(税込)

上質なボイルコットンにインドの伝統的なプリント手法である、

ハンドブロックプリントで丁寧にプリントされた抽象的な草木柄は、

飽きのこない素朴な印象です。









ボタンをセンターで留めると、深いVネックデザインに。









ボタンは共布のくるみボタンで、比翼仕立てです。









付属した共布の帯を使っていただくと、

着こなしの幅がグッと増えてきます。









ベルトループのあるデザインではありませんので、

使わない時は、ポケットにでも入れておくと良いでしょう。









ポケットがさなそうなデザインですが、あるんです。

前釦を外すと、羽織にもなりますから。









デザインは、切り替えのギャザーです。

帯なしで着てもふわっとして可愛らしいですし、

帯をキュッと結いて、かっこよくきてもいい。

インナーにキャミソールやカットソーを着て、

羽織として使ってもいい。

色々な着方を発見してください。









こちらはスミ黒。









カーキは草木染め。

スミは、墨染めです。

ハンドブロックプリントを施した後に、

それぞれ天然染をしています。

お洗濯は、数回は様子を見て、単独の手洗いでお願いします。









最もスタンダードに着ています。

前ボタンを全部留めて、帯をキュッとして。

前ボタンを留めるとVネックが深いですので、

インナーが少しだけ見えてきます。

妻が着ているのは、コットンシルクのCLOSELYのタンクトップ。

普段からヘビーに着回しているインナーです。

こちらもこれからご紹介しますね。
















こちらのパンツは、FIRMUMのラグビーボールパンツ。

以前、秋冬にも別素材でお取り扱いがありましたが、

素材が変わると印象も異なります。以前より太く感じます。









そのまま前を開けて、羽織として。









夏場の羽織としても重宝しそうです。









そして、こちらはボタンを全部外してから、

カシュクールで着ています。

実はボタンを外すとわかりますが、もともとカシュクール

仕様のデザインなのです。それを少し無理にセンターで

ボタン留めしている感じです。
















だから、無理矢理のカシュクールではなくて、

どちらかというと、こっちが自然体です。









スミクロはまず、帯なしでボタンを留めて着てみました。






















ふんわりパンツに合わせて、ラフな感じで。









センターでボタンを留めて、帯を結く。

ギャザーのふんわり感は一番かな。。


















自分で水洗い洗濯をして着続けることで味わいを増してくる。

そんな感覚もバイイングの時に想像して見ています。

「味わい」=「上質」でもないところが面白いところなんです。

ぜひ、そんな目線でものを見てみてください。

結構楽しいですよ。




























 

0 件のコメント:

コメントを投稿