2021年4月29日木曜日

整えないで着てみよう

春先に、「羽織感覚で着ていただきたい」といってご紹介したジャケットがありました。

昨年からなかなか長く続いている、マイブームはジャケットです。

2年前は丈の長いコートばかり着ていましたが、最近は半々かジャケットタイプの方が

出番が多いような気がします。

今日は春先にご紹介したARTEPOVERAのWブレストジャケットのリネンバージョンを

ご紹介したいと思います。









ARTEPOVERA
リネンジャケット ¥19,800(税込)
ベージュ

平織のリネンで、薄手ですので横段のリネンらしいシワは出ますが、

そんなラフな雰囲気で袖を捲ったりして羽織ってほしいジャケットです。









襟や身頃には、もちろん芯地などは入っておりません。

硬い印象にはなりませんので、軽い気分で羽織ってください。
















ポケットはカバーオール風のパッチポケットです。
















小さめのボタンでかわいいWブレストです。










僕のおすすめは、襟がないと思うくらいの気持ちで

襟を扱って着ることです。整えないで。









発色のいいブラウンはレンガ色です。

ボトムスが黒っぽくても白っぽくても似合ういい差し色。

色褪せてもカッコ良さそうな少しメンズライクな印象の色でしょうか。









ブラックは、リネンになると不思議と強さが軽減される気がして

取り入れやすくなりますね。軽いリネンのブラックは、夏のTシャツの

羽織としても、カッコよく活躍してくれそう。









ボタンの白も可愛らしい配色です。









ちょっと真面目に襟を整えて。









それでもラフな印象ですよね。

ぶかぶかパンツにもよく似合う。









今はこの上に春の一重のコートでちょうどいいのでしょう。
















襟をラフに。

通常のお洗濯が気兼ねなくできますので、

洗濯後に襟を整えるかどうかで、それぞれ個性が決まってきそうですね。

僕はレンガを購入しましたが、洗濯しっぱなしで整えないで着てみます。
















レンガはブラック&ブラックの上下のスタイリングに。
















真っ黒のワンピースに合わせてもいいのかな?

なんて想像しながら撮影していました。
















襟を立てた、スタンドカラー風に着たい人は、こんな状態で

アイロンを充てたらそうなりますよ。

それもかっこいいと思います。
















こんな感じ。






















どっちがお好みでしょう?

















ま、着ているうちに、収まりのいいところに収まります。

これはそういう洋服だと思います。

























 

0 件のコメント:

コメントを投稿