2020年10月8日木曜日

唯一無二の存在感

中世では、貴族がコンシャスなドレスを纏う一方で、

農夫や女性市民の仕事着は、Aラインの動きやすい

ワンピースが主流であり続けた。

そして現代に入り、着丈が長くなるにつれて

フェミニンな印象は薄れ、素朴なカッコよさや

意志の強さを表すような洋服として今もAラインの

ワンピースはファッションにおいて支持され続けている。

着る人や着丈の変化はありながらも、おおよその

かたちを変えることなく存在し続けるデザインではないでしょうか。

中でも、とりわけお勧めのAラインワンピースのご紹介です。





















TOKIHO
SOLO-V-LS ¥43,000~44,000+tax

ゆったりした身頃を立体的なパターンと細身の

袖デザインで、きれいにまとめ上げたワンピースです。






















薄墨(Lt.Grey) ¥43,000+tax

墨を使った染色で全体にムラがあり、深い陰影を映し出します。


















リネンと和紙がおよそ半々で構成されるとてもしっかりとした

生地は、秋冬だけでなく通年着ていただける絶妙な素材感です。

裏地はありませんが、アンティークリネンのようなしっかりとした

生地ですので、透け感もなく冬場でも着ていただけるワンピースです。

















袖口はカフスなどなく、シンプルなデザインですが、

ボタンの位置やタックの分量感で抜群の雰囲気を醸します。

















ネックは内側に補強を兼ねて見返し布を付けて、

表側に少し顔をのぞかせています。


















裾のカットもこのように。

これによって、着用した際の裾のカットは綺麗にまっすぐに。


















裾にはスリットが施されます。


















ポケットもあり。






















竹炭(sumi grey)

グレー系ではありますが、一見ネイビーのようにも見える色。

ボタニカル染ですので、ムラ感を保ちつつ、経年の変化も楽しみです。

写真のように裾がクシャっとなるのもわざとです。

先ほどご紹介したライトグレーは、裾のカッティングを見せるため

綺麗にアイロンをかけてあります。

















表面にはポコポコとした細かな凹凸感があります。























ログウッド(black)

天然染料で染め付けた黒は、柔らかく優しい印象です。



















3色、どれをとっても素敵な色。

















年を重ねても着ていける雰囲気を持っています。


















360度どこから見ても美しいシルエット。

















細身の袖とのバランスも絶妙です。

















sumi Greyは、自然光で見ても青みのあるグレーです。


















スタイリング?

何も考えなくて大丈夫。

着ただけで素敵です。























ブラックはとことんシンプルに、

靴もヴィエイユのヌバックのブラックで。


















シンプルで、最も意志の強さを感じる色。


















一切の装飾をそぎ落としたところに美しさを

見出そうとするデザイナー吉田 季穂が、最も

シンプルに作り上げたシリーズが「solo」である。


















それは何もしないことで生まれるわけではなく、

あくまで、装飾美を知ってからの引き算であるが故の美しさ。

それはそれは、細やかなバランスの変化やわずかな襟ぐりの変化に

細心の注意を持って変化を遂げている。

こちらは「solo-v(ファイブ)」です。

これから、わずかな変化を重ね、ナンバーが積み重なる。

あたかも人の一部であるかのように。

そしてそこには、「新しい」とか「古い」という区分けがない。

それがTOKIHOのお洋服の最大の特徴です。







0 件のコメント:

コメントを投稿