2020年10月13日火曜日

滲み出して。

洋服にはファッション性と品質の高さの両方を

求めたいと思っています。贅沢ですが、そのどちらも

欲しい要素です。もちろん、そこにはアナベルなりの

ものさしで測った基準や幅はあります。


よく、洋服屋同士がお話をする際に出てくる言葉で、

「面(つら)がいい」というのがありますが、

これはたくさんのお洋服を見てきた洋服屋ならではの

感覚でモノを言っているにすぎない言葉のようでいて、

実はとても的を得た、最も重要な要素なのだと考えています。

たくさんのモノを目にしてきた上で、「面がいい」と感じる洋服には、

ファッション性も品質も伴っている場合が多いからです。

ここでいうファッション性は、そのもの固有の雰囲気を

持っているかどうかに尽きるものです。固有の雰囲気が出せる

かどうかは、それを生み出すまでにいかにデザイナーが

思考の限りを尽くしたかにかかっているからです。

シンプルながら、そのどちらも強く感じられるシャツです。

















Handweker(ハンドベイカー)
スタンダードシャツ ¥18,000+tax

ASEEDONCLOUDのデザイナー玉井さんが、

別なブランドネームで展開するお洋服です。

より定番的なワークウェアやユニフォームに

焦点を当てた、洋服の本質を突いたブランドだと

感じています。
















わたくしも愛用していますが、まず生地がいい。

超高級などではありませんが、通常のオックスフォードと

比較して、細番手でとてもしなやかです。

素肌に着た時の袖を通した時の感触がとても感じがいい。

















見た目の大きなポケットも特徴的で、

内側には職人用のペンシルポケットが

内蔵されています。

















脇はこのようなスリットデザインで、ドレスシャツ

というよりは、やはりワークシャツな感覚です。



















衿は小さめですが、台衿もあります。

やや前下がりで、女性が第一ボタンまで付けて着ていただけます。

また、台衿がありますので、一番上のボタンを外して

着た際には、感じのいい立体的な雰囲気を醸します。

















ブルーストライプ

白とブルーストライプの2色展開です。

















衿のコバステッチは本当に綺麗です。

デザイナーの玉井さんは、マーガレットハウエルのロンドンに

在籍していた経歴があります。マーガレットハウエルが

主力工場に据えているシャツ工場は、業界では有名な

世界一と謳われる工場で、技術の高い職人が揃っています。

日本製でここまでのクウォリティーのシャツを18000円で

作っているところに、ウキウキしてしまいます。

経験を生かし、工場としっかりとしたコミュニケーションが

とれているということだと思います。

















シャツ大好きな僕もさっそく購入して、

スペアが欲しいと思った一着です。

来シーズンは、バンドカラーをセレクトしています。
















シンプルなデニムスタイルに。

















バランスで遊んで、ふんわりパンツを。





















ストライプも同様に。

妻は155cmでXSを着ています。

ストライプはSが完売しています。
















カットソーやニットに重ねても。

















メンズファッションの特徴は、良くも悪しくも

能書きが多いというところ。モノ寄りなところ。

レディースファッションの特徴は、パッションが強いところ。

欲張りだけどアナベルのスタイルには、両方ほしい。

そういう違いは滲み出るものだと思っています。

まっさらなシャツを自分色に染めて、滲み出してください。

自分らしさを。





0 件のコメント:

コメントを投稿