2020年10月17日土曜日

妻派・僕派

洋服好きの男性は皆さんそうかもしれませんが、

シャツが大好きです。シャツを着ていない時がないくらい、

一年間でたくさんシャツを着ます。

年間で4着~5着は必ず買い足します。

妻はその逆で、さっぱりシャツを着ません。

ふんわりしたブラウスやビッグシルエットの個性派ブラウスは

大好きですが、定番のシャツが苦手です。

女性は全般に、とりわけannabelleでお洋服を買う方は

妻派が多いようには感じています。

妻派に歯向かうわけではないのですが、、シャツが大好きな

僕派もいるのでは?と思い、今シーズンからシャツの

お取り扱いをあからさまに増やしました。

定番からロングシャツまで。

今日はロングビッグシャツのご紹介です。

















HAVERSACK(ハバ―サック)
ストライプビッグシャツ ¥16,000+tax

アナベルで5~6年前からお買い物をされている方にとっては、

懐かしいブランド名かもしれません。オープン当初から

3年ほどお取り扱いをしていたブランドの復活です。
















自分も着ていて、アナベルのスタイルにも合いそうな

本格的なシャツを作れるブランド、、と考えていたら、

頭の中にスッと現れました。
















前職から長く見てきているブランドですが、感度の高い

メンズトラッドを個性的に作り込み、海外でも評価の

高いデザイナーです。メンズをベースにしたレディースも、

メンズトラッド仕込みでしっかりとしたお洋服が特徴的です。

















肩幅や袖幅の大きめなバンドカラーシャツは、

メンズシャツがベースにされています。

















脇に、シャツには珍しいポケットが。





















今シーズンお店に来られた方は、何人かこのスタイリングに

見覚えがある方もいらっしゃるかもしれません。

僕が最近よく着ているセットです。

blue in green コーデュロイパンツに、

HAVERSACKのストライプシャツ。

この上に、だいたい何らかのベストを着て、

寒い日はコートを着ています。

帽子はコットンキャスケットか、そろそろメルトンベレー。

















妻にもここから重ね着してもらいます。



















「暮らしとおしゃれの編集室」でもご紹介をしていた

スタイリングです。重ねたベストはkhadi&Coの

ヒマラヤンウールのベスト。素朴さ、温かさ、デザイン性、

個性、シンプルですが比較対象が見当たらない、

素晴らしいベストです。


















こちらはSUSURIさんの変形ブラウスを重ねて。

シャツには一枚でさらっと着ていただける良さもあれば、

様々なお気に入りを重ねていただける良さもある。

真冬にはセーターを重ねたり、フリースを重ねたり。

ニットベストなどは、、シャツがないと着こなせないかも

しれませんね。


















シャツ、着てみませんか。

こちらのシャツは大きめで、2サイズご用意がございます。

妻が着ているのがサイズ0(S)、このサイズで、155cm程度の方から、

大抵の方はカバーできます。165cm前後あたりの身長の方から、

サイズ1(M)がお勧めです。

洗いざらしで干すときに軽く叩くだけで、いいシワ感で着ています。

アイロンをかけたら、しっかり伸びるいい生地です。

生地は年間着ていただけるコットン素材。

Workぽいスタイルなんかにも相性良いと思います。

妻派のかたも、僕派のかたも、ぜひに。




















0 件のコメント:

コメントを投稿