2019年5月10日金曜日

Honnete~姉妹伴 羽織問題

レディースのファッションで、永久の課題といえば?

はいそうです。

羽織ものです。

皆さんいつも何か探されている。

我々お店側も探している。

デザイナーも模索している。

先日、通信販売でご紹介しているTRAVAIL MANUELの

リネンボレロカーディガンも5年以上販売していますが、

こちらもいつも人気の羽織もの。

妻のこれは、、着すぎて肩口にナチュラルシャーリング(しわ)がすごい。





















Honnete

Vネックロングシャツカーデ

¥25,000+tax

こちらは、5色展開としています。

seppi white
hakudou blue
arrant blue
rose water

ロングシャツカーデというだけに、随所にシャツのデザインが

ちりばめられています。





















袖口はシャツカフスが付いていますし、

裾はシャツテールと呼ばれるラウンドした裾に。

これで普通の前ボタンでノーカラーやVネック、

というだけであれば、ここまでの人気にはならなかったかも

しれないのですが、シンプルながら素敵な工夫がございます。

















ペタッと置いてみるとわかりますが、

実は前端が届かない、ニットでよくありそうな羽織デザインなのです。





















この本来離れた前端を、2つの釦で無理やりつなぎます。





















このように。。

そうすると、当たり前ですが前身頃が少し引っ張られて上がり、

さらには、肩線が少し後ろに抜けることになる。

それによって、着用してボタンを留めると、

見た目にはわからなかった前後差が生まれる。

これがかっこいいんです。





















こちらもポケットがございます。

今年は涼しい日が多そうです。

いつも以上に出番が多いのではないでしょうか。





















seppi white

HonneteのクルーネックTeeに羽織っています。

これは、妻自身の鉄板コーデ。

blue in green のぶかぶかパンツもしくは、裾ギャザーパンツ(現在完売追加中)

それに、HonneteのボートネックTee、そして数年前に購入したシャツカーデ。















今時期から、梅雨明けの7月下旬辺りまでは皆さん

相当に着るみたいです。

それ以降、本格的な真夏日にも着るかどうかは個人差が出てきます。

もちろん、夏に避暑地に出かける時なんかは、大活躍です。















それなりに長さはあるのですが、印象としては

さほど長さを感じない。





















hakudou blue

15(jyugo)のスカートにボーダーTシャツ。

その上から羽織。















スカートにも、パンツにも、ワンピースにも、

ほぼ何にでも合わせて着ていますよ。















日中は気温が高くなってきましたが、

まだまだ気温差が激しい日がきっとこのまま

梅雨明けまで2か月以上は続くでしょう。

半袖+羽織がとても長い季節です。





















arrant blue

FIRMUM のシャカシャカ、さらさらパンツに

ボーダーTシャツ。

その上から羽織。















Black×arrant blue

青と黒は好相性。

鮮やかでコントラストもありますが、とてもシックで大人っぽい。

私が大好きな色合わせの一つです。















後ろはこのくらいになりますよ。

ひそかにあるタックが効いています。















おなじくシャカシャカ、さらさらパンツのグレーに

FIRMUMのトルファンTシャツ。

ちょっと袖をまくってリネンのロングシャツを夏中

着るような感覚で着てもいい。
















ずっとサイズを切らしていた、R.U.のTheaのブラックは、

来週末あたりの入荷予定です。

こちらはダークブラウンを履いています。















前を閉めるとこのように。

少し前身頃が引っ張られた感じで持ち上がる。

もちろん、着心地には影響はございません。

ナチュラルに前後差が生まれます。





















Iron navy

こちらは現在完売中の裾ギャザーパンツに

合わせて着てみました。















Iron navy、黒ともまた違った魅力がありますよ。

ホワイトと合わせた時の柔らかさ。





















インナーにはシャルパンティエのボーダーTシャツ。

優しい色合いにネイビーを大人っぽく。さりげなく。















羽織は皆さんが常に何かないかと探すくらい、

お気に入りに出会える機会は少ないかもしれません。

それだけに、とりわけ季節の変わり目に使えそうな羽織ものは、

いくつあっても良いのでしょう。

カーディガンのようなものもあっていい。

ジャケットのようなものもあっていい。

薄手のコートもあっていい。

シャツジャケットもあっていい。

たくさんあっていい羽織物の、中心に据えられるお勧めの羽織です。

羽織をお探しの方はぜひ。


<Honnete~姉妹伴についてのお知らせ>

現在、クルーネックTeeが早くも完売してしまいました。

追加についてのお問い合わせも多数いただいております。

Honneteはフランスのブランドで、ヨーロッパ生産になりますので、

現在、追加した場合の納品時期について、問い合わせをしています。

我々の希望と合致すれば追加をいたしますが、遅くなるようでしたら

追加はいたしません。状況がわかり次第、こちらのブログで

お知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。


annabelle













0 件のコメント:

コメントを投稿