2020年6月7日日曜日

スイッチ

洋服を着るということは、生活の中のスイッチのような

存在なのかなって思っています。

料理を作るときに取り出して巻くエプロンや、寝るときに着るパジャマ。

それは洋服の一種ですが、どちらかというと道具のような存在です。

ARTEPOVERA(アルテポーヴェラ)というブランドが作る洋服は、

どれをとっても、いい具合に「道具」のような感覚を残したものが

多いように感じます。それは、着て馴染んでいった際に感じる

味わいやリラックスした中にあるかっこよさのようなところに

繋がっていくのかと思います。





















昨年末に訪れたARTEPOVERAのアトリエは、

古い道具に囲まれた素敵な空間でした。





















そういう場所で生まれる洋服だからこそ、日常着として

味わいある道具のような感覚をもっているのだと思います。

今日はARTEPOVERAから、先日「新しい?」という題名のブログで

ご紹介したブラウスと同シリーズのワンピースをご紹介いたします。





















ARTEPOVERA
linen gathering onepiece
white ¥23,000+tax

袖周りやネック周りのギャザーで丸みをつけた素敵なデザインは

ブラウスと同様に、着丈を長くして大きなスリットを入れ、

共布の長いひもを付けることで、どことなくエプロンのような

印象も残る。
















ポケットもある。

















色展開もブラウスと同じく4色展開です。

white、red、grey、black





















white

ホワイトは、最もワンピースらしい着方をしてみました。

















脇には大きなスリットがありますので、インナーには

susuriのフルッタ―パンツを着用しています。

















ふんわりとした袖がクラシカルで素敵です。





















black

ブラックは、リネンのパンツの上に重ねています。

紐は後ろに結わき、リラックス感のある雰囲気で。



















妻はannabelleが始まるずっと以前からARTEPOVERAの

リメイクのエプロンワンピースを着ていたのですが、

それもやはり、着ていくうちに味わいを伴って馴染んでくる感覚を

楽しみながら、ずいぶん長いこと着続けておりました。

















ウェストのひもをキュッとすると、また少し印象が変わります。



















リラックス感が少し抜けて、クラシカルな雰囲気が。


















grey

あまり洋服になさそうな、クールなグレー。





















こちらもペチパンツを履いて、ワンピースで。

















裾はまっすぐなカットですので、着た時には脇が下がるデザインです。

大きなスリットとあいまって、素敵なドレープが生まれます。

















薄手のシャツ生地のリネン素材ですので、夏中着ていただけます。


















red

暑いときには袖をまくって。


















レッドはふんわりパンツのインディゴに合わせて。


















ワンピース、パンツスタイル、ひもも結わいたりほどいたり。

いろいろな表情を楽しんでください。





















紐をどのようにするかで、着丈にも変化がありますよ。

















さて、どんなスイッチが入りますか?

着方でも変わるのでしょう。








0 件のコメント:

コメントを投稿