2019年9月6日金曜日

名俳優のように。

こんなにもひねりの効いた、個性的でなおかつ

スタイリングに取り入れやすデザインのスカートは、他に見たことがない。

このスカートを初めて目にしたのは、たしか2015年の春だったと記憶している。

あまりにも気に入って、展示会場で見た時の風景は今でもはっきりと

思い出すことができる。

それ以来、ずっと細々と別注して作っていただいて続けてきた。

4年もたった今でも、新鮮な目で見てスタイリングできるというのは、

早々あることではなく、希にみる個性と普遍性を併せ持っているからこそ

ではないだろうかと想像する。















susuri

バルーンマーチスカート ¥28,000+tax

適度なふんわり感。

ひねりを入れたバルーンデザイン。

さらにアシンメトレー。

あきらかに目を引く個性的な側面を持ちながらも、

「履いてみようかな。。」という気持ちにさせる

人なつっこさを併せ持つ。















生地は susuri さんのコレクションでも使用される、

タイプライタークロスの東炊きを使用しています。

もう何度もご説明はしていますが、簡単に今一度。

「東炊き」は、江戸時代から行われていた染色技法を

現代に応用した、炊き込むかのように高温で染めていく

染色です。生地が塩縮を起こしながら染まっていくため、

生地の表面に細かなシワが無数に出現し、それはアイロンを

かけても消えることがないというのが生地の特徴の一つなのです。

また、通常のタイプライタークロスは、触るとシャカシャカしたり、

パリパリしたり、張り感の強い印象のものが多いのですが、

こちらは適度な張り感にソフトな感触が手に残る心地のいい素材感です。















バルーンデザインですので、裏を返すとこのように

裏地と表地がそのままつながったデザインになっております。

裏地には、少し光沢感のある綾織りのコットン素材を使用しています。

適度な滑りもあり、表地との調和もあり、素敵な組み合わせになりました。















ウェストは軽いゴムとヒモの仕様です。

幅広い調整が可能になります。















色は2色展開で、susuri の黒と言えばこれというほどの

定番カラー、「greenish black」と「rouge red」の2色です。

今回は、こちらの rouge red がとても気に入ったため、

別注カラーではなく、susuri さんのコレクションに使用されていた

カラーをそのまま使わせていただきました。





















greenish black にはまず、maison de soil の新作のブラウスを。

袖口と裾がレースになった素敵なブラウスです。

丈はやや長めではありますが、さすがはマーチスカート。

バランスが取りやすい。















今の季節からすぐに着ていただける組み合わせです。

秋深まったら重ねていきましょう。。















ゆったりしたブラウスに、ぴったりしたベストを。

khadi&Co のコットンベストは、上衿が立ち上がり、

少し浮きあがる感じが素敵です。

かなり細身で、ボタンが閉まらないかもしれませんが、

その1つ、2つだけとめた感じがかっこいい。

写真は1つだけとめた状態です。















数字を見ると決して着丈の長いスカートではないのですが、

背が高い人にも受け入れられるのは、きっと裾回りに特化した

ふくらみと、アシンメトレーが理由だと思われます。

妻と10cm程度身長が違う方もカッコ良く履いていただいています。















こちらはNO CONTROL AIR の定番の丸首のシャツをタックイン。

持っている方が多いシャツで、わかりやすいかと思います。















見る角度によって印象が変わる楽しさもある。





















シャツはタックインせずに出してもサマになる。















後ろももたつかないすっきりとしたシルエット。

タックインせずにブラウスが着られるスカートは、

きっと登場回数も増えるはずです。















こんな風にコットンの軽めのアウターを着るようになるのも

そう遠い話でもありません。

ARTEPOVERAのお勧めのビッグシャツコートは、

とにかく大きくて可愛いので、見かけたら着てみてくださいね。





















rouge red は、maison de soil の定番の刺繍シャツをタックイン。

落ち着きがありながらもとても女性らしい艶やかな色味です。

今シーズンの susuri さんのコレクションを象徴する色でもある赤。















白や黒と言った、強い色と合わせてもきつくない、

柔らかく印象に残る素敵な赤。





















少し着丈のあるゴーシュのセーターにも素敵です。















クシャっとしたニュアンスは、よじることで生まれているものですので、

お洗濯や経年劣化で消えることはございません。

妻が3年半ほどかなりの頻度で履いており、さすがに色は少し

褪せてはおりますが、形状は同じ雰囲気をしっかりと保っています。















本格的なコートの前に着る羽織には、ワンピースのようにも

着ていただける、このようなものもお勧めですよ。

rouge redにホワイト、そしてネイビーを重ねた感じが素敵です。

冬のコートでブラックやネイビーを重ねて、裾がちらりと見える

感じが想像できますでしょうか。


このスカート、全部見えるのも当然可愛いのですが、

にくいことに、、裾がちょっと見えるだけでも可愛いのです。

そう、、、冬の主役のコートの端から少し覗くだけで、

主役を押しのける可能性のある光る脇役を演じてくれる。

主役、脇役をこなす名俳優のような存在のスカートです。

ぜひお手に取ってご覧ください。




また、明日からは3階のannabelle304で蓮井真紀さんが主宰する

アクセサリーブランド、「mamelon」「mamelon noir」の展示が

スタートします。





















妻がよく付けているこちらのリングも

mamelon さんのシルバーリングです。

ホウキタケのモチーフは、ユーモアもあり美しい。

ホウキタケ ring ¥14,000+tax


とても素敵なリングだと思います。

リングに関しましては全サイズはございませんが、

ハーフサイズ刻みで、オーダーが可能です。

3週間でご自身にぴったりのリングが届きますよ。















こちらは、今回の展示を行うきっかけにもなった大作です。

レースモチーフの素敵なシルバーに、漆を使用したコーティングが

施されております。それも何度も何度も塗り重なっております。

蓮井さん曰く、様々な技法で試したが、理想のテクスチャーは、

漆を使うこと以外では実現できなかったと。。


この作品を作りたいがために、漆の先生に付き指導を受け、

まずは通常の漆塗りができるようになったところで、、

先生には見せられない、アバンギャルドな漆塗りを実現した。

これを一目見て気に入って、1年半前に約束しました。

「ちょっと先ですけど、1年半先の9月に展示をしましょう。」

ようやく皆さんへのお披露目がかないました。















こちらは同シリーズ、黒漆のリング。

漆のシリーズは、大変手間がかかる作品ゆえ高価ですが、

一見の価値ありです。明日からの展示もぜひご覧ください。


シルバー× 漆のバングル ¥140,000+tax

シルバー×漆のリング ¥48,000+tax


susuri さんのマーチスカートに合わせたら最高です。





0 件のコメント:

コメントを投稿