2021年11月8日月曜日

らしさを客観視

スポーツの世界では、「自分らしいプレーができました。」とか、

「自分らしいプレーができるように」とか、

アーティスト界では、「自分らしいパフォーマンスが、、、」とか、

音楽のコンクールなんかでも、「自分たちらしい演奏が、、、」なんて言いますよね。

もちろん客観的にみた「らしさ」と主観で見た「らしさ」は

違ったりすることもしばしばですが、SUSURIさんのこれは、

「らしさ」全開かと。















SUSURI
ポーンキュロット ¥39,600(税込)

何が「らしい」って、まず名前です。

「ポーン」て、なんでしょう。

デザイナーの擬音語が好きなあまりのネーミンング。

かわいい擬音語が好きなデザイナー斉藤さんらしいネーミング。

このハリ感のあるシルエットが「ポーン」に見えたのかしら。












太めのベルトにトップボタンが2つ。

フロントゴムと紐が少し苦手で、ボタンが大好きな斉藤さんらしいデザイン。












後ろ側はゴム。

アシンメトレーを好む斉藤さんらしいバランス。











裾の切り替え。

切り替えもデザイナー斉藤さんの好む手法の一つです。

そしてこの切り替え、裾広がりなラインを一旦切って、

切り替えからやや真っ直ぐに落としたシルエットへと

変化をつけているため、着用すると少しコクーンなバランスに。

コクーンは主観ではわかりませんが、客観的にはらしいデザインです。











さらに切り替えには別布を挟み込む細かい遊びを。

デザイナー斉藤さんらしい遊び心。












生地はデザイナーのお気に入りの特注のドビー織。

二重織になっており、表は刺し子ステッチ風のドビー。

裏は起毛感のあるふわっとしたコットンガーゼです。

たくさんのSUSURIさんのオリジナルファブリックの中でも、

僕個人的には最も好きな素材です。

そして、もちろん「らしさ」も強く感じます。
















カラー展開は、今回テーマに据えた「白夜 white&black」のように、

白黒の2色展開です。















SUSURI
ポーンコート ¥55,000(税込)

そして今回、新作のコートもございます。

ちなみに、同素材で展開していた「カイトジャケット」「ムールベスト」は

完売しております。申し訳ございません。











パッと見て、「ボタン大好き斉藤さん」が見て取れる。

上から下まで異なる大きさのボタンが連なります。

ちなみにトップボタンはオリジナルで製作したという、

SUSURIさんのオリジナルボタン。数シーズン前から

使用していますね。











あとは包みボタンのサイズ違いや、、、












樹脂製のペイントボタン?












中心からやや上気味に、一つだけ黒いくるみボタンがありますね。

あれもデザイナー斉藤さんの遊び心。











このように着用していると真っ白なコートなのですが、、





















帯を取るとおへそみたいに黒いボタンが現れる。

「white&black」ですね。

こういうデザインは本当に「らしさ」を感じます。











ブラックにはホワイトのボタンが。

このままコートからご紹介してしまいます。











もう一つの特徴は、デザイナー斉藤さんの大好きな「シャツ」の

手法で製作されているということ。だから「シャツコート」。




















そして袖口と背面には、中世を感じさせるデザインステッチが。

中世ヨーロッパの宗教服に興味をもつデザイナーらしいステッチワーク。











一枚でサマになるSUSURIらしいコート。











真冬の防寒コートというよりは、春まで活躍する

薄手のコート。年間で考えるとたくさん着れますよ。











シックにブラック。


































シルバーグレーのパンツにヒールを履いて。












帯を垂らしてボタンを見せて。











スタイリングも「white&black」。











さて、忘れてしまったかしら。

ポーンのキュロットのほう。











カイトジャケットとセットアップで。(カイトジャケットは完売です)

とてもとても可愛らしくSUSURIらしいシルエット。











それが後ろ姿からも滲み出る。



























ブラウスにストール。

つくづく生地のハリ感を生かしたデザインです。

2タックのコクーンシルエット。











Khadi&coの刺繍ブラウスと好相性。

シンプルでいて、大迫力。












maison de soilのブークレカーデを羽織って。











ストールを。

これだけで結構あったかい。





















maison de soilのブラウスをタックイン。(ブラウスは完売しています)

前はタック、後ろはゴムとギャザーにすることで、横姿にも膨らみを。











上からコート。


あらゆるところに「らしさ」が散りばめられた2つのお洋服を見ていると、

やっぱりらしさは大切だとあらためて思うのです。

SUSURIさんも10年が経ち、「らしさ」を客観視する時期なのでしょうか。

たしかブランド発足当初、「白黒」が大好きで、そればっかりの

コレクションをやっていた時期もありました。

最近はオリジナルで様々なファブリックに挑戦していますが、

10周年のテーマに「white&black」。

アナベルもそろそろそんな時期。

見習わなくてはと思います。






































0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。