2020年5月28日木曜日

名脇役

お店でお取り扱いを続けていくかどうかを考えるとき、かなり重要視する

ポイントの一つが、「リピーターが多い」ということです。

2シーズン連続でリピーターが多いとなると、それはお店になくては

ならない存在なのだと思っています。

とりわけ、シンプルなTシャツや表には見えないインナーウェアなどは、

私もそうですが、気に入ったものは必ずと言っていいほど

リピートしますし、なくなりそうなものはまとめて買うこともあります。

せっかく国内ブランドを中心にセレクトしていますので、

皆さんのお気に入りはできるだけ毎シーズン扱いと思います。

こちらは今回で4シーズン目のご紹介となります。





















SOIL(ソイル)
inner camisol dress
white・black ¥7,000+tax
cotton100%

annabelleでも長年お取り扱いを続けている、「maison de soil」は

ご存じの方も多いかもしれません。いち早くインドに生産拠点を置き、

インドの手仕事をふんだんに使ったコレクションで、毎シーズン

楽しませてくれる。とりわけ、天然染めやハンドウーヴェン呼ばれる

手織り生地、そして手刺繍やミシン刺繍が特徴です。

こちらの「SOIL(ソイル)」は、同じデザイナーが手掛ける

ベーシックラインで、annabelleではたくさんのお取り扱いはないのですが、

こちらのシリーズは、長年お取り扱いを続けている人気者です。




















white




















black















今年はシンプルに2色展開です。

濃色のワンピースにはブラックを。

透け感の出る薄い色にはホワイトを。

そうです。こちらは単なるインナーウェアーというよりは、

レディース特有の「透け問題」に活躍してくれるのです。

















ボイルコットンで薄地ながらとても肌触りがよく、

汗を吸ってはすぐに乾き、さらりとした着心地でファンが多い。

そして着心地だけでなくこのレースも可愛らしい。

見えませんが、大事ですね。
















肩ひもが二重になり、ずり落ちを防止してくれます。

こちらは夏場のレディースに多い、透け感のある薄地の

ワンピースの下に着たり、またはスカートのペチコート代わりに

着ていただけば、トップスのキャミソールも兼ねてくれる。
















こちらは昨年の着用写真です。

キャミドレスは2サイズのご用意があります。

こちらがSのほうで、155cmの妻でひざ下あたりです。




















SOIL
inner pants
white・black ¥6,500+tax

そしてまったく同じ素材で毎回こちらも同時展開しています。

パンツは、ワンピースの下に履いてもいいし、スカートにも。

そして、透けの気になるキュロットがあったら、そちらにも

お使いいただけます。実は気に入った方は、形違い、色違いで

累計で4着~5着くらいお持ちの方も多いと思います。






















パンツタイプは、ウェストがゴムになっており、

ワンサイズの展開です。
















こちらも同じく昨年の着用写真ですが、だいたいひざ下で

ワンサイズ展開です。裾幅もしっかりありますので、

背の高い方が着用しても、着心地を左右するようなことはございません。

夏場に足の汗ばみが気になる方にはとりわけ好評です。

風の抜け感が欲しい時はキャミドレスを。
















少しだけ、表からも見えるレギンスやタイツ、ソックスなどを

脇役と言うなら、まったく表に見えないこちらの方々は、

名脇役と言っていい。主役であるワンピースやスカートを

陰から支える名脇役。今年もたくさん入荷いたしました。




0 件のコメント:

コメントを投稿