2020年5月12日火曜日

一人何役?

南の方から梅雨入りの声が聞こえてきた。

外出の機会が減ったせいか、少し季節に無頓着になりつつあるのですが、

ちょっと静かな夜に散歩に出ると、虫の声がいつも通り聞こえてくる。

初夏になり、少しづつ涼しげなお洋服にも目を向けたい。

アナベルでは今まで扱ってこなかった、春夏秋口の通勤用を

兼ねられる日常着をご紹介いたします。















NO CONTROL AIR
polyester twill sarasara jacket
sand ¥22,500+tax

名前の通り、ポリエステルの綾織り素材で、強撚糸を用いているため、

しわになりにくい、さらりとして涼しい、軽い、持ち歩きやすい、

などなど、初夏から夏、晩夏初秋までお仕事でも使いやすい

羽織のようなジャケットです。















小さめのボートネックを前開きにしたジャケットで、

前端が少し足らなくなったようなデザインが特徴的。
















ボタンの付く位置を少し出して、留められるようになっていますが、

前端の裏側にボタンが付いているのが特徴です。

これにより、羽織るだけですとボタンなしのカーディガンのように見える。















ボタンを付ける際は、いわゆる「拝みボタン」と呼ばれる

古式のスタイルで、新しさと伝統色が入り混じるデザインです。

ボタンもシャツと同サイズであるため、シャツジャケットのような

感覚で着ていただける。
















脇にはジャンパースタイルのポケットがあり、内布は

得意のメッシュを採用しています。

これが本当に乾きがよく、お洗濯の際に乾きにくいポイントを

見事に解消してくれます。地味に嬉しい仕様です。

















色は、sand、khaki、navy、black の4色展開です。

ブラックのみ、ボタンも同色のブラックです。





















そしてさらにお勧めしやすいと思ったのは、

ここ数年ご紹介を続けている裾ゴムパンツが同素材で展開していたから。

これにより、それぞれで使えて、たまにセットアップも可能ですし、

その逆もしかり。セットアップで使いつつ、お休みの時はカジュアルにも。















ウェストはいつもと同様、ゴムで内側に紐があります。















こちらも同じくポケット布はメッシュです。

地味にありがたい。















NO CONTROL AIR
polyester twill balloon pants
sand、khaki、navy、black ¥22,500+tax





















サンドを少しラフなセットアップで。

ヒールを履いたりストッキングを履いたり、

インナーをタックインしたりすると、また一つ

出勤ぽくなりますよね。















妻にはこれでも十分に新鮮だったようで、

まんざらでもない顔をしていました。
















カジュアルに、前を閉めたり開けたり。





















同系色や白系も似合うサンドベージュですが、

あえての色合わせ。同じ暖色系で朱赤ですので

良く似合います。















サラサラとした涼しい素材です。

見た目も張感はなく、どちらかというとドレープ感のある印象です。















サイズはいつも通り、XS、S の2サイズ展開です。

155cm前後の方は妻が履いているXSでよろしいかと思います。





















カーキは、ちょうど似たような色のキュロットが

ございましたので、ARTEPOVERAのコットンキュロットに合わせて。
















着丈がすっきりしていますので、ボリューム感のある

ボトムスとも相性抜群です。





















ふんわりパンツに合わせたら、カジュアルな中に

ちゃんとした感が生まれます。

夏場にキャミソールやノースリーブの上から羽織るものとしても

活躍しますよ。
















お洗濯は中性洗剤で家庭洗濯可能です。

乾くのも早い。















パンツはよりカジュアルに活躍します。

いつものように、ワンピースの下に着ても夏中使える嬉しい生地感です。





















例年ご紹介するHonneteのリネンシリーズとも

相性が良さそうです。















カーキは少しメンズライクな安定感のある色系です。

全体を明るくしたい方にはサンドがお勧めですが、

落ち着いたトーンで着こなしたい方にはとてもいい中間色。















ネイビーは少し明るめの華紺です。

意外に発色のいい色とも相性が良い色ですので、

ピンクやパープルなど、取り入れたい色物と合わせるのにお勧めの色。















ジャケットは特に前後差はなく、後ろもすっきりとした

やや短めのシンプルなデザインです。





















パンツを変えてみました。

同系色、ダークインディゴのパンツです。
















インナーはFACTORYのサマーセーターの白を着ています。





















ネイビーのボトムスに完売したARTEPOVERAのブラウス。

このボトムス、本当にいろいろ合わせやすい、ここ数年

定番的にお取り扱いしてきたデザインです。

annabelleではお気に入りでしたが、そろそろブランド側が

作らなくなってきましたので、最後になるかもしれません。

気になっていた方はこの機会にぜひ。




























真夏にはサンダルを合わせてもかっこいいですよ。















ブラックは美しい花柄にコーディネート。















花柄とブラックの組み合わせは、どことなく中世ヨーロッパの

香りもあり、クラシカルに感じられます。
















少し花柄が見えるだけで、ずいぶん印象が明るくなる。

花柄は、ASEEDONCLOUDのもの。















sashikiさんのクラシックなポークパイがよく似合います。





















ブラックのセットアップは、インナーに着丈の長いものを

合わせてみましたよ。
















たまにはこんな変化球もよろしいのではないでしょうか。















シャツチュニックやワンピースの下に履いても重宝します。















SUSURIのメンズロングシャツに合わせて。

オリエンタルな気分で。















こちらもSUSURIのワンピースに合わせて。















チラッと見えるだけですが、その存在感は絶大です。















こんな風に。

ワンピースのインナー的な役割や、透け防止、カジュアルな日常着、

そして同素材でセットアップで着たら通勤着にもなる。

家庭洗濯可能で、手洗いで行えば、天然素材よりも退色が少ない。

洗濯も楽で乾きもいい。しわになりにくく、軽くてコンパクト。


今まで提案がありそうでなかった、初夏から夏にかけて

きれいめにも着ていただけるお洋服です。


<お知らせ>















現在、「暮らしとおしゃれの編集室」では、同様の

お洋服をご紹介しています。そちらもぜひご覧ください。


またsafuji×annabelleのコラボバッグをオンライン販売した際に

ご協力をいただいた、たまプラーザのお店の方々を私があらためて

取材した記事が、同サイトにて5日間連続で公開予定です。

5月18日(月)~22日(日)の5日間です。

ぜひ、そちらもご覧ください!









0 件のコメント:

コメントを投稿