2019年2月7日木曜日

意外な出会い

ちょうど一年近く前、「開拓者」という題名のブログで

ご紹介した「Blue Blue JAPAN」というブランドがある。

おそらく、代官山などはまさにただの山であったろう

47年も前に、代官山にハリウッドランチマーケットを

オープンさせた会社のブランドです。

我々洋服屋で、彼らを知らない人はまずいないであろう、

日本のファッションを作り上げた会社の一つである。

それほどに有名ではあるが、当然知らない人も大勢いる。

annabelle のお客様の多くも、こんなことを言ってくれる。


「アナベルさんが紹介していなかったら、一生ご縁がなかった

お洋服だと思う。そして何より、着てみてとても気に入っている。」


これは、セレクトショップとして様々なお洋服を編集して

提案している身としては、最高に嬉しいお言葉です。

今回は、彼らのお仲間の一つである、別なブランドのご紹介です。





















GAIJIN MADE(外人メイド)

コットンリネンパーカーコート

イエローベージュ ¥24,000+tax


代官山の1号店をオープン以来、ずっと同じ場所で

shopを続ける彼らのもとには、親子3代で買いに来る

お客様もたくさんいらっしゃる。

そこまでファンを引き寄せる大きな理由の一つに、

彼らがいつも楽しそうで、そしてユーモアに満ち溢れている

ということがあげられると思う。

店先に感じられる、一見ヘンテコとも思えるユーモアある

オブジェなどは、彼らの自身の裏返しとも思えてならない。

世界中を見て回り、オリジナルでモノを作るだけでなく、

興味を持ったブランドなどは、仕入れたりもする。

そして絶対の自信を持って販売している。





















ネーミングも洒落ている。

「GAIJIN MADE」はその名の通り、

彼らが実際に見て回った世界各地で、

「これは伝えたい!」と思った技術や生産背景、

その土地で作るからこそ醸し出される雰囲気、

我々から見た外国人が作るものを彼らと共同して

ブランド化したものなのです。

















今回のコートは、タイ生産。

生産地によってネームタグなども変えている。
















素材はざっくりとしながらも清涼感のある綿麻素材。

ラフに着るロングパーカーのようなデザインにぴったりだ。





















袖口はゴムの仕様。

立ち上がりは重ね着できるゆったりシルエットで、

厚くなってきたらラフに袖をまくってもサマになる。





















もう一色はブラックです。





















フロントはジップ仕様で、ネック周りに

2つのスナップが付いたデザインです。

軽い雰囲気ですので、ジップを開けてパッと羽織る感じも素敵です。





















こちらは再入荷したゴーシュのカツラギワイドパンツに

あわせてイエローベージュをスタイリング。















パンツやカバンもベージュ系のライトトーンで

まとめて、春らしく明るめでスタイリング。















立ち上がりは冬物のセーターやストールを

使いながら、徐々に春らしく。

秋口など、季節の変わり目に活躍しますよ。





















ブラックはちらっと見える色をサファリカラーに。

定番カラーで使い易いのですが、春らしさを

出すときに、強い色よりも柔らかい色を使うと良さそうです。















ちらっと見えるオリーブグリーンは、

ARTEPOVERAのリメイクスカート。

毎年恒例のリメイクスカートですが、

今年は久しぶりにデザインが変わって新鮮です。















中はこんなコーディネート。

ブラックはほぼオールブラックになりますので、

脱いだら明るいっていうのは、春らしくて良さそうです。

トップスはNO CONTROL AIR のノーカラーシャツをタックイン。
















カバンもショルダー使いのほうが似合うかなって、

少し軽快さを出してみました。





















大人のお客様が多いアナベルで、

意外な出会いをしていただけますと幸いです。







0 件のコメント:

コメントを投稿