2018年4月8日日曜日

コンシャスとルーズの狭間

昨年秋に催された、2018SSのsusuriの展示会で、

いつも通り、妻に試着をお願いしていたのだが、、

もともと少し小さめの設定デザインの多い

susuriということもあり、試着をするたびに、

妻の表情は明らかに困惑を見せ始め、

それはまるで、テストの山カンが大外れした

中学生のような微妙な表情だったのが脳裏に焼き付いている。

その場で、「来年までに痩せてきます。」と宣言していた

妻は、その翌日すぐにホットヨガに入会した。

そもそも、日替わり弁当の様に体系が変わる妻であるから、

タイミングが良かったのか悪かったのか。

その後もあーなったり、こーなったりを繰り返す

妻に対し、一貫した「らしさ」を強く感じるsusuri のワンピースです。





















susuri

モーンドレス 

navy ¥40,000+tax

Linen 100%





















ようく目を凝らしてみると、格子状のチェック柄。

陽の光に透かして見れば、一目瞭然です。

透け感のある所とないところを織り分けた格子柄。

実質的には無地に見えますが、生地そのものに軽さが出ています。
















そして、susuri の得意とする切り替えによる立体デザイン。

今回のワンピースでは、前身と後ろ身に同様のタックが入ります。

肩から袖にかけてのデザインも、クラシカルで素敵です。





















後ろには、丸みのある四角ボタンが

飛び石の様に仲良く連なっている。





















肩回りはややコンパクト気味ではあるものの、

全体にはゆとりを感じながら着ていただけるデザインです。















裄丈(袖)は、ワンピースにしてはやや長めのデザインです。

透け感のある生地ですので、アンダーにはキャミドレスなどを

着てください。この撮影では、昨年も取り扱いをした、

「soil」のコットンキャミドレスのブラックを着ています。















サイドの切り替えが、実際に着用した際の、

美しい曲線と立体感を生み出します。















少しコンパクトな肩回りから、切り替えてタックが

施されることで、ゆとりを持ちながらも体に沿い、

ウェスト位置から解放された布地は、裾に向かって

広がりすぎず、まとわりつかず、絶妙な分量感で仕上がっている。


いつも横姿を意識しているというデザイナー斎藤さんの、

コンシャスとルーズの狭間をすり抜けるようなクラシカルな

このデザインは、シンプルでありながら、

強烈な個性を放ちます。

一枚で着るワンピースとしては、理想ではないでしょうか。

その世界観に身を投じるのに、さほど努力は必要ないのですから。

スタイリングなど、する気にもなりません。

ただ、一枚着てもらっただけ。









0 件のコメント:

コメントを投稿