2021年9月5日日曜日

シャツらしからぬシャツ

2〜3年前から、あらためて「シャツ」をしっかり提案できるレディースの

お店にしたいと思い、意識的にシャツのセレクトを強化してきました。

非常に中性的な美しいシャツを作る「ゴーシュ」。

ワークをベースにメンズライクなデザインを得意とする「Handwerker」。

2年前、たまたま出会えることとなった「kläuse(クロイゼ)」は、

まさにその二つの中間を突く、ベーシックでありながら探すとない、

ニッチで凝った、上質なシャツを作るブランドでした。 

お取り扱いを初めてこの秋冬で3シーズン目となるのですが、

実に初めてのご紹介です。











kläuse(クロイゼ)
プルオーバーシャツ ¥20,900(税込)

シャツを強化したくて始めたブランドですので、もちろんベーシックな

シャツは間違いなくお勧めできる素晴らしいシャツなのですが、

今回は、最もシャツらしくないこちらからご紹介させていただきます。











素材は80番のコットンタイプライタークロスを熱湯で洗い込み、

シワ感とさらりとした感触を表現した心地のいい素材です。

お色はホワイトのみの展開です。

ほんのりと透け感のある年間通して着ていただける素材です。

インナーには肌色やライトグレー系を用いていただけると

透け感を気にせず着ていただけます。











一見、ハンガーにかかっているとよく見るリラックス感のある

「大きい服」のようにも見えるのですが、実は着てみると

デザイナーの石原さんのこだわりが随所に垣間見える、

女性を華奢に見せるための工夫が散りばめられています。

袖つけや袖の太さ、ネックの仕様などが目につきます。


ゆったりとしたお洋服のわりに、袖幅はすっきりとしており、

袖山(袖付けの角度)は高いことが見て取れます。

ネックは出来る限り繊細さを表現するために、ステッチも細かく

幅も非常に狭い縫製仕様となっています。

着用した際のネック周りにも注目です。











袖口は、クラシックなシャツには絶対にカフスが付くのですが、

このデザインは、シャツの気配を消した、しかしシャツ。

そんなところが落とし所だったため、カフスはない。

しかし、筒袖でもない。このようなデザインになりました。











2つあるボタンの遠いほうにループを通すことで、

袖口はキュッと細くなり、この様(さま)が適度にラフで可愛らしいのです。















まずはゴーシュのワイドパンツをロールアップして。

初めて着てもらった時、大袈裟ではなく驚きました。

それは最初に手に取って見た時に感じた、

「普通の大きめなプルオーバーブラウス」という印象を

いい意味で大きく裏切っていたからです。











「思っていたよりゆったりしているのに綺麗」

「華奢に見える!」

「袖!かわいい」

「後姿もいい!」

撮影しながら妻も僕らも興奮気味でした。

上品なユッタリ感をそこに感じました。









袖口も、ボタンをループに掛けるだけですので、

内側に畳まれた布は、着用していると出てくるのですが、

その様子がまたかわいい。











店頭では、「いますぐ着れる服が欲しい」ってよく言われます。

大抵のコットンシャツなどはすぐに着れるのですが、

こちらは袖口のボタンを外したら袖をラフにロールアップしても

素敵に着ていただけます。











気温は下がってきましたが、まだまだ上がったり下がったり。

季節の変わり目の特徴ですね。9月いっぱいはそんな調子です。











素材もコットンですがやや薄手で、今すぐ着るのにもってこい。









まさに難なく1年中着ていただけるようなデザインです。

そしてこのシャツはタックインが素敵です。











FIRMUMのサスペンダーパンツにタックイン。















パンツの内側は紐で締めて、サスペンダーは下げています。












この上から寒さに応じてカーディガンやジャケット、ベストなどを

羽織っていただければ、とっても素敵だと思います。

着丈がやや長めですので、バルーンパンツのようなデザインも

相性がいいですし、スカートやパンツにタックインをしても

裾が引っ張り出されることもない。

ジャンパースカートやノースリーブのワンピースとの重ね着も素敵です。


















秋冬は少量でのご用意となります。

今すぐに新しいお洋服に袖を通したい方。

カットソーのような感触のブラウスをお探しだった方。

秋冬にしては生地は薄手ですが、上手に着たら1年中活躍します。

ぜひご検討ください。


ところで、「kläuse(クロイゼ)」って聞き慣れない言葉ですよね。

今度はベーシックなブランドの定番的存在のシャツをご紹介する際に、

ブランド名の由来などもお話ししますね。

定番シャツの撮影は、、次の水曜日かな。

いわゆる襟付きのシャツにご興味がある方は、そちらもご覧ください。

店頭にはすでにロングシャツワンピースなども入荷しております。

お店に来られる方は、ぜひ直接ご覧ください。





























0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。