2021年9月14日火曜日

履き倒せ!

ゴーシュというブランドの面白さを紐解いたときに、

最も初めに頭に浮かぶのは、僕は「素材使い」だと感じています。

一般的なレディースアパレルを経験した僕だからこそ、なお強く

感じられるのかもしれませんが、彼らは一般的には当てはまらない

素材を使ってレディースのお洋服を作っています。
















ゴーシュ
シックキャンバスワイドパンツ
¥29,700(税込)

非常に打ち込みのあるそもそもは資材用、鞄用の帆布を

加工した素材です。糊を落とし、さらにバイオ加工を施すことで

柔らかくなったものの、触って驚く硬さはまだまだございます。











僕は大好きですが、以前に所属していたレディースのアパレルで

この素材を使いたいなどと口走ったら、大バッシングを受けることは

明らかでしょう。











「ソフト」「軽い」「光沢感」というのが鉄則のように

上司から言われていたことを考えると、ゴーシュの扱うこの素材は、

「硬い」「重い」「マット」という全くの逆をいった素材です。






















しかし、僕の知る限りでゴーシュのコレクションを遡ると、

実にそのようなものばかりとういう面白さ。












色はライトベージュとブラックです。
















ちなみに、ライトベージュとブラックは、縮率の関係で

今回は5cmほどの違いが出てしまっています。















155cmの妻が履いて、ライトベージュはこのくらい。

妻くらいの身長ですと、むしろこのくらいの方が良かったなんて

言われるくらい。















ブラックはこのくらい。

全然違いますよね。





















ゴーシュのお二人曰く、「カツラギワイドパンツ」をロールアップして

履いてくださっている人を見て、「短めを作ろう」と思ったそうです。












硬さも手伝って、シルエットがしっかりと出て素敵です。




















厚みはありますが、今時期から十分に活躍するパンツです。











確かに、、少し短くなってしまった丈がかえってちょうどいい気もいたします。





















ブラック

多分、「ワーク」とか「ミリタリー」とか、そんなニュアンスの

デザインに使うような丈夫そうな素材です。

それがこんなに綺麗にスタイリングできるなんて。。

ゴーシュってすごい!と言うしかない。





























そんなギャップを自ら楽しんで作っているようなところもあるでしょう。

だから魅力的なんです。











硬いズボンも素敵です。

ぜひお試しください。

馴染ませた時のかっこよさったら。。

最高です。























 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。