2021年9月11日土曜日

オーセンティック&カラー

今シーズンのゴーシュのコレクションを象徴する一つが

「色」だったのかと思います。

展示会を行う小さなアトリエの一室に通された瞬間に

目に飛び込んできた色鮮やかな商品に圧倒されたのを覚えています。

真紫、オレンジ、ライトグリーン、レモンイエロー、、。

目をチカチカさせながらバイイングをしていました。

今日は8月に入荷したいますぐに着られる3アイテムをご紹介します。












ゴーシュ
リネンコットンツイル ブルゾン
¥45,100(税込)

ここ数シーズン、2種類のサイズ感を使い分けて、

ゴーシュのお二人が気に入って送り出しているブルゾンです。

春夏はもう少し細身で、秋冬は下にセーターが着ていただけるような

サイズ感で作っています。また、生地はリネンコットンの軽めのツイル

素材で、ソフトであって打ち込みもある。いい素材です。

年間定番に近い着用ができるのではないでしょうか。

真冬は履かなくなるかもしれませんね。でも夏は問題なく履いていただけます。











ゴーシュのコレクションの中に、このデザインが入ることで、

なんだか「トラディショナル宣言」をされているかのようで、

なんだか少しホッとする感覚もあるのです。

レディースファッションが、ビッグシルエット主流の昨今において、

「僕らはそういうファッションも好きだけど、トラッドはやめないよ」

と言わんばかり。たまに本格的なトレンチコートもあったりして。











洗いのかかったシワ感がいい。

Tシャツの上から着始めて、そのうち長袖シャツの上から着て。

寒くなったらセーターを。




















ネックにもフラップポケットにもボタン。











ウェストのちょっとした調整にもボタン。

トラディショナルなデザインを踏襲しつつ、着た時のサイズ感を

現代に落とし込んだ長く愛用できる1着です。




















そもそもは紳士用のスポーツウェアが始まりのデザインですが、

今、女性が着るなら、、。という問いかけに、バイヤーや

お客様が出すアンサーは?

そんなデザイナーとのやり取りも面白い。

実際のゴーシュのお二人の心境はわかりませんが。。




















こんなダボっとしたサスペンダーパンツにサスペンダーベルトを

垂らして90年台風にスタイリングするのも面白い。

(オレンジは完売してしまいました。)





























今はどうしてもワイドパンツを合わせたくなりますよね。

アナベルで販売しているあらゆるワイドパンツに合わせて

可愛いとお思います。











ちょっとライダースみたいな雰囲気も新鮮。




















ということで、真っ黒で着てもらいました。




















しかもボトムスはロングのフレア。

ゴーシュでは久しぶりのフレアスカートです。















ゴーシュ
リネンコットンギャザーフレアスカート
¥34,100(税込)

ブルゾンと同素材の裏なしのスカートです。透けのないしっかりした

素材ですので、こちらも通年通してたくさん履いていただけるスカートです。















オレンジ

ウェスト部分はゴムと紐ですのでギャザーですが、

シルエットはフレア。久しぶりです。















ライトグリーン

グレーのようなこちらのお色、カラー名はライトグリーン。

わずかにグリーンを感じていただける絶妙なカラー。

正直、、言われなかったら「グレー」だと思うような色。























ギャザーとフレアのハイブリッド。




















ロングなので、少し長めのブラウスを合わせてもバランス良し。

こちらはGASA*のレースのブラウスを合わせて。











その上からゴーシュのフードアウターを。















ミドル丈のアウターもとっても気になります。

しばらくロングが主流で、ショートやミドルは

あまり見かけなかったので、今シーズンは意識して

その辺りの着丈も提案したいと思っています。














同素材のセットアップ。

シンプルながら迫力のあるスタイリングかと思います。

この上からオーバーコートを着てはいかがでしょう。




































シャツとのワンツーコーデも楽しんで。



























maison de soilの刺繍シャツをタックイン。

ソックスに同系の差し色を。





































皆さんお持ちのロングコートを羽織るように合わせて。

上着はFIRMUMの軽いデニム素材のフードコート。

こちらも春も秋も着ていただける便利なコート。




































オレンジもシャツとのワンツーコーデから。

シャツは先日、しっかりとご紹介させていただいた、

Handwerker(ハンドベーカー)のバンドカラーシャツ。

こちらはコーデュロイ素材で1色だけのセレクトです。



















オレンジにベージュを重ねて。





















きっと上からダークカラーのコートなんかを着込んだときに、

この発色が効いてくるのでしょう。

かっこいいですよね。冬の差し色。




























ゴーシュ
リネンコットンツイルワイドパンツ
¥30,800(税込)

最後は同素材のワイドパンツ。

カツラギワイドパンツと同シルエットですが、

ポケットがなく、素材もソフトですので印象は全くの別物です。




































フロントはゴムに紐。

ヒップサイドはフラップポケットが片側にあります。




















色はこちらも同じく3色展開です。





































ブラックはこちらもオールブラック。

狙っていませんでしたが、潜在的な気分でしょうか?




















ブラウスのデザインもあって重くは感じません。

今すぐに取り入れられるスタイリングです。




















































パンツのオレンジはklauseのプルオーバーをご紹介した際に

登場したスタイリングです。シャツが少し長めのデザインでしたので、

バランスを見てオレンジはロールアップ。ひと折りしています。




































こちらもセーターと合わせるのが楽しみな眩しい色。

他のブランドでは見ない色でした。




















最後はライトグリーンとパープルの組み合わせ。
















コントラストを作っても、白系で馴染ませても素敵な色。

こちらも秋深まり、冬が楽しみな色系です。



























今シーズンのゴーシュのコレクションは、ベーシックな

デザインに乗せて、ここ最近見ないような新鮮なカラーで

挑んでおりました。アナベルとしては好印象。

オーセンティックなものつくりと、

斬新な色遊びをお楽しみいただけますと幸いです。



<お知らせ>




















本日、夜9時頃に「暮らしとおしゃれの編集室」の連載コラムで、

「kläuse(クロイゼ)」の素晴らしいシャツをご紹介しています。

ぜひそちらもご覧ください。







































































 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。