2018年10月8日月曜日

デザインの視点

NO CONTROL AIR をセレクトするようになって、

何年くらいたったか忘れてしまったが、(たぶん5年)

ようやく、彼らのデザインセンスの面白さがつかめてきた。

はじめの頃は、展示会でのコレクションの分量に

押し負けていた感が否めなかったが、今は楽しめるようになった。

「クスッ」っと笑いそうになるようなとぼけたデザインも、

発想の段階ではきっとふざけているに違いないのだが、

そのうち真剣に落としどころを探るのでしょう。

真剣にふざけている姿が、何とも良く似合うデザイナーさんです。

このパンツも、そういう意味で大好きで、

履いてみると秋冬のスタイリングにとても使い易く、

何度も登場させています。





















NO CONTROL AIR

割繊ポリエステルギャザーワイドパンツ

Dk.Navy ¥25,000+tax

昨日、通販ページにアップしたワンピースと

同素材のパンツになります。
















通常のポリエステルフィラメント糸を

加工して裂いて細くすることで、マイクロファイバー糸を

作り、その極細糸を用いて織り上げた生地を使用しています。

しっとりと滑らかな質感がギャザーのドレープ感を

より美しく演出します。





















こちらはグレージュ。
















とても品のいい光沢感のあるグレージュです。





















そして、ウェストに施された細かなギャザー分量は、

この素材だからこそ、きれいに収まるのかもしれません。





















そして、もう一度この写真。

お気づきでしょうか。

裾の形が少し変わっていることに。

なんだか急にすぼまっているような。

商品の置き方がおかしいわけでも、錯覚でもなく、

彼らの発想が少しおかしいのです。





















本体より地厚な生地が、やや短めで付いている。

よく見ると、、裏地のほうが幅広い。。

そう、ひびかせることでシルエットに変化を出しています。

これが履くとかっこいいから不思議です。





















ゴーシュのワッフルWOOLハイネックに合わせて、

ダークネイビー。

合わせ易いから、ついたくさんスタイリングに使っています。















裾の変化はこうしてみるとわずかなのですが、

明らかに裾の雰囲気が変わってるな?

って見て感じるほどの絶妙な匙加減。















艶やかな素材感が秋冬らしく、

早くセーターが着たくなる。















やや光沢のある同ブランドのシャツと合わせても

相性良し。














ちょっとつれてるっぽいパッカリングは、

もはやNO CONTROL AIR の代名詞のような存在です。





















半年前から気になって仕方ないオレンジ。

少し朱赤っぽいのがまた素敵です。















立体的で少し短めの袖の付いたカットソーは、

FIRMUM のもの。

デザイナーが同じだから、相性もいいのでしょう。















多少、丈の長いものを合わせても良さそうですよ。





















先日、完売してしまったsusuri のドナーブラウスに。















ヒールを合わせても素敵です。















たっぷりとしたギャザー分量を感じます。















こちらもトップスは完売していますが、

BLUE BLUE JAPAN のブラウスです。















短めの丈でスッキリと。















こちらもブラウスは完売しましたが、

ARTEPOVERA のバルーンブラウスに。















ゆったりワイド系のトップスにも素敵ですね。















コートに合わせるとこんな印象。

こちらのコートも、この色は完売です。

本当にいろいろなコーディネートに使用しています。

おそらく、この光沢感やしなやかな質感が、

マットで温かみのある冬のお洋服と相反して、

とても合わせやすいのかもしれません。

何を持ってきても、異素材感が楽しめる。


クスっと笑えるようなアイディアを

バイヤーの前に出すまでに、相当な執念で

迷いを払い、葛藤を乗り越えるのでしょう。

「裏地がひびいてる」っていうと、

マイナスな印象ですが、

「裏地をひびかせてるんです」っていうと、

「え?」って一気に興味が湧いてくる。

これもデザインの面白さですね。







0 件のコメント:

コメントを投稿