2018年10月6日土曜日

懐の深いお洋服

「シンプルは好き、当たり前は嫌い」

ということを少し突っ込んで考えてみた時に、

逆説的には、「奇抜で大胆だが、おさまりがいい」

ということになるのではないか?

アナベルのテーマを「普遍性のあるスタイルの創造」

にしているからか、そんなことが良く頭をよぎる。

このブラウスが女性の気を引くのは、きっとそういう事だろう。
















susuri

ドナーブラウス ¥27,000+tax

バストサイズが160cmを超える極端なバランス。
















園児のスモックかと錯覚するような袖具合。
















小さく、端正な印象の丸首。

















見返しにホールを開けた隠れ釦。

扱いづらそうに見えるがそんなことはない。

















素材はsusuri 特注の先染めのタイプライタークロス。

双糸ということもあり、シャツ生地でお馴染みの

タイプライタークロスと比べると、シャカシャカした

感触の中に、明らかに滑らかでしなやかな感触がある。

そして、写真でもわかるシワの数々は、素材の特性の一つ。

アイロンをあてても消えません。

しかし、シワがあるからと言って、だらしなく見えることは

一切なく、洗いざらしでしわを持って、通勤できそうな雰囲気です。

この癖のあるサイズバランスのブラウス、

着るとどうなるか?





















たくさんのお客様の、

いい意味での「おやおや?」

という表情を見てきました。

着てみると、その可愛らしさは想像以上。





















今回は、少しキレイ目に、

NO CONTROL AIR のポリエステルの

ワイドパンツに合わせてみました。















実は4シーズン目(2年)のお取り扱いなのですが、

今回、初めてかろうじて、ご紹介が叶いました。

とはいえ、、実は2色展開でした。





















バーガンディーとガーターブルー。

左のバーガンディーが完売となり、

慌ててのご紹介。

ガーターブルーは、グレーブルーのような系統のお色です。















この角度からの袖のシルエットや丈の収まり具合。

2年間、春、秋を中心に販売していますが、

細身のパンツにも合わせやすいこと、

ワイドパンツには当然似合うこと。

バルーンやサルエルや時にはショーツに合わせる

お客様もいらっしゃったこと。

一番上の釦だけとめて、ボレロジャケットのような

雰囲気で着ても素敵なこと。

数えきれない素敵なスタイルをたくさん目撃してきました。





















いろいろなお客様に試着していただいたのを

見てきて感じます。

こんなにも個性的なバランスのお洋服が、

なぜこんなに懐が深いのか?

その答えは、僕にはわからないのですが、

それがデザイナーの力(ちから)であり、

デザインすることの意味であり、価値であり、

それをセレクトする楽しさであり、

お客様にお勧めする理由なのでしょう。

2年経って、初めてブログでご紹介します。

このブラウス、お勧めです。

しかし、申し訳ないのですが今シーズンは

在庫が少量となりました。

来シーズンも合わせてご期待ください。





0 件のコメント:

コメントを投稿