2017年11月3日金曜日

Swan Lake

お気に入りの花器に、華を生ける。

それだけなのに、いつもと景色が変わる。

景色だけではない、なんだか心躍る気分で、

そちらに目を運ぶのが楽しくて仕方がない。

洋服も、こんな風に日常に溶け込める存在であれば。

いつもいつもそれを思う。

だから、GASA* を着て、うかれる妻を見ていると、

正しい洋服とのやり取りを見ているようでうれしくもある。

今シーズンのGASA*は、強く心を揺さぶるものが多かった。。





















GASA*

A flower garden~花の庭園~

emerald green

Gathered Dress ¥64,000+tax





















素材はもちろん、GASA*のオリジナル。

縮絨をかけた、コットンウール素材をベースに、

ジャカードを駆使して、まさに庭園のような、

シックな華の装いである。





















フロントには、ボタンの下あたりの切り替えで、

タックを刻み、ふくらみを出す。





















少し長めの袖丈も、GASA*ならではの

独特の大人の女性らしさを醸すのです。





















dark chacoal















縮絨をかけることで生まれる、

独特のシボ感や、ウールのカリッとした質感が、

上質さと、豊かな表情を作り出す。

よくよく見ると、どちらの色も、色の隙間から

生成りがチラチラと覗き、奥行きを感じさせる。

生地が好きな人にとって、GASA*のお洋服は、

全てが作品を纏うような心持である。















背面には、きれいに弧を描くギャザーが施され、

裾に至るまで、美しいドレープを演出する。

妻にとっても日常着ではないが、

週に2日ほど、GASA*の日がある。

その日は、いつもの1.5倍ほど全体的にうかれている。





















こんな素敵なワンピースを着た日には、

それは浮かれたほうが正しいのだろう。

着ない僕も、そんな気がしてしまう。




























ふんわりとしたWOOL感は全くなく、

カリッとした打ち込みのある素材感は、

高級なシルクの生地を丈夫にしたような感触だ。















飽きの来ないギャザーのAラインシルエット。

年を重ねても長く付き合いたい洋服だ。
















上からは、同じくGASA*のとても素敵な

ロングジャケットカーディガン。

FACTORY のヤクのスヌードを垂らして、

防寒を兼ねて、アクセントに。















透明感とぬくもりのあるカラーコーディネート。





















dark chacoal というだけあり、

ブラックの強さは感じない。















裏地はないが、透け感は全くない。

綿の別布で、ネック裏部分にのみ、補強布が入る。















袖のちょっとしたふくらみも可愛らしい。















上から同じくGASA*のリネンのローブコートを。

リネンは、冬用の麻。シャリっとした心地よさと、

ふんわりとしたぬくもりがある。















その上から、「JEUJYEI(ジュージェイ)」の

レース編みスヌードを足す。

こちらは我々夫婦の私物ですが、

今月21日(火)から開催する、「JEUJYEI の巻物展」では、

これ以外の素敵な品々を一斉にお披露目いたします。

annabelleに似合いそうな、シックな色合いを

製作していただいております。





















巻物をお探しの方は、ぜひ。















A flower garden~花の庭園~


『Swan Lake』

湖水に浮かぶその姿は、白い白い雪のよう

触れると壊れてしまうのではないだろうか。。

月の夜の出来事。


GASA*2017AW season themeより





0 件のコメント:

コメントを投稿