2017年11月5日日曜日

”侍女” ゆれる。

1シーズンに1着という購入制限を設けられている

GASA* の展示会は、妻にとって真剣勝負である。

デザイナーの五十嵐さんに、

直接、「奈々さんには、これがとても似合うと思う。」

などと言われた日には、固まりつつあった気持ちも、

グラングランの柳の木のように揺れまくる。





















GASA*

”侍女” ビッグサルエルパンツ

Light Grey ¥30,000+tax

妻がお似合いだとすすめられたパンツ。

確かに、好みをしっかりつかんでいらっしゃる。
















GASA * のコレクションではよくあるのだが、

色によって素材が違う。

ライトグレーは、一見ハケメ素材のような霜降り調で

構成される、高密度なオックスフォード織。

しっかりしたコットン素材で、季節を問わず使っていただけそうです。















サスペンダーボタンのように見えるフロントのデザインは、

内掛け釦を貫通させることで、そのように見えるもの。

片側には四角い持ち出しがあり、ボタンで留める。

こういう、少しメンズライクな仕様が要所要所で現れるところも、

GASA*の洋服の大きな魅力の一つ。















前も後ろもタックがあるが、こちらも変わっている。

シャツのボックスプリーツを重ねたようなタック。

初めて見たデザインだが、これによって

局所的に動きに応じてふくらみが出るが、

全体にはすっきりしたかっこいい印象が生まれている。















フロントの釦と同じく、バック尾錠も経年劣化したような、

いい具合の加工がなされている。

”侍女”がテーマのシリーズだけに、

少し質素で、丈夫そうなコットン素材。

金具が変色するほど履きこんでも、清潔感のある雰囲気。

そんなイメージによるものだろうか。





















Dark chacoal

こちらの色は、コットンの馬布素材を使用している。

ライトグレーと同じく、打ち込みのある丈夫そうな生地である。





















少し使い込まれたような、

不思議なヴィンテージ感のある色合いです。





















黒いタイツに合わせてシャツをタックイン。




























GASA*にかかれば、コットンのカジュアル感のある

素材のサルエルも、なんだか品のあるおしゃれ着になる。

「デザイン」の力を目の当たりにする感覚だ。





















完売したゴーシュのセーターに、

ダークチャコール。

少しカジュアル感を出して、ソックスで大きなバッグを。




























もちろん、カジュアルにも履いていただきたいのです。




















デザイナー五十嵐さんに、お勧めされて、

気持ちがグラングラン揺れる中、

「わたし、お相撲さんのちょんまげを結わく人に憧れていたんです。」

って、急に面白いタイミングで言い始めた妻を遠目に見て、

僕は、肩を揺らしていたのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿