2017年4月20日木曜日

Passing shower -通り雨ー

今年のGASA*もすごい。

妻が展示会で顔をゆがめるのもうなづける。

女性は購入して着ることで、気分を晴らすことができるが、

男性の僕に至っては、あまりにも素晴らしい洋服を目の前に、

何も打つ手がない。

残念だが、せめてこうして書くくらいしかない。





















GASA* 

シルクコットンワンピース

ブラック ¥69,000(税抜)















シルク50%、コットン50%の光沢感のあるソフトな素材。

そして、GASA* 得意の天然染です。

ログウッドと竹炭を合わせたいい黒に仕上がっている。





















フロントは比翼仕立てで、全開になるため、

パンツスタイルでの、コートのような着こなしも楽しめる。





















そして、袖口にゴムの入ったシャーリング袖。

大人がひそかに楽しめる可愛らしさを、

GASA*は確実に持っている。

ひとつひとつのデザインディテールへのこだわり、

素材の追求、全体のバランス、どれを欠かしても

そんなことを実現するのは難しい。





















心を奪われたのは、この胸元のデザイン。

写真ではよくわからない。。





















これでも、よくわからい。。

色違いで確認してみましょう。





















身生地のシルクコットンの上に、コットンのレースが

施されています。

そして、、その上から、シルク100%のシフォンがかぶせられています。

ワンピースのこちらの色は完売してしまったため、

こちらは同じシリーズのロングシャツのカフスの写真です。















こちらのワンピースの胸元の切り替えは、よく見ると

上記のような素敵な素敵なデザインとなっております。

反射してぼやっとしたシルクシフォンの下は、黒いレースが

張り巡らされているのです。






















GASA* の展示会では、いつもより3.14倍ほど

笑顔が増す妻は、自分が購入するものを

選ぶのに時間を費やしている。














「上にはこんな薄手の羽織も素敵です。」

と、、デザイナーの五十嵐さんに生意気にも着せ付けをしていただき。。

好きなものばかりで、困り果てて知恵熱が出る。















結局、今シーズンはこちらを購入していました。





















言うまでもなく素敵です。

高額ではありますが、確実にお値段以上に気分は上がります。















そして、かぶっている素敵な帽子も実はGASA*のもの。





















ラフィアのカットワークレースのような

モチーフの素敵な帽子です。

¥20,000(税抜)















後ろ側は下げてもいい感じ。


そして、もう一つとてつもなく素敵なワンピースが。。






















































































































GASA*

シルクコットンカシュクールドレス

ブラック(ログウッド+竹炭)

ピンクベージュ(玉ねぎの皮)

¥70,000(税抜)


Passing shower -通り雨ー

あっという間に過ぎ去る雨の足音。

   軽やかで追いつけない。

『一瞬』  その奇跡は、人生の一部のよう。


「GASA* 2017 SPRING & SUMMER COLLECTION テーマより」


今年、ブランド発足から23年目を迎えるGASA*。

貫禄がすごすぎる。





0 件のコメント:

コメントを投稿