2014年9月19日金曜日

花のこルンルン

ほとんど古着しか買ったことがない高校時代。

買えなかったというべきか。。

5000円でトータルコーディネートするために、

原宿のシカゴに3時間くらい入り浸っていたこともあった。

古着は僕を育ててくれた恩師でもあるのだ。

秋冬の展示会をまわっていた春先、

ある展示会で、懐かしい雰囲気を漂わせるブランドに出会った。






















SHANANA MIL(シャナナミル) カーディガン

¥14,000(税抜)

古着が好きすぎて、アメリカに移り住み、

古着のディーラーをしながら、数年前にアメリカで

ブランドを立ち上げた。

日本人の男女4人が送る、ポップな遊びのある

カーディガン。






















ライトグレーにかわいいハンド刺繍。

久しぶりに出会った感覚です。






















こちらはチャコールグレー。

カーディガンは、アメリカのデッドストックです。

そこに手刺繍を施しています。






















素材はコットン、ポリエステル、レーヨン。

昔のアメリカのスポーツジャージ素材の定番です。

特徴は、よれない、よく伸びる、丈夫、汗をよく吸う。

一応、手刺繍がしてあるので、洗濯機に放り込む時は、

ネットに入れてください。

花を咲かせるより、枯らすほうが得意な妻に着てもらいます。
















傳のきれいなミニタックスカートに。
















インナーはシンプルなFABRIQUE の長袖Tシャツを。






















単体で見ているよりも、アナベルのスタイルに

スッととけ込みます。






















バストラインの少し下からボタンが付く、

やや深めのVネックカーディガンです。






















背中にもいくつかの花が咲きます。

妻はいくつもの花を枯らしてきました。






















この花は枯らさないでね。。


<お知らせ>

連載を書かせていただいている、

「nid vol.35」が明日全国の書店にて発売です。






















今回は、ファッション特集号

いつもの連載以外に、アナベルをご紹介して

いただいております。

ぜひ、ご購読ください。



0 件のコメント:

コメントを投稿