2013年9月2日月曜日

残念でならない

うれしい時、、

自分の中で新しい発見があった時。

USED加工が苦手だった僕の目の前に現れた、

Arteporvera(アルテポーヴェラ)のパンツ。


この靴も突然目の前に現れて、

一瞬で心を奪われた。






















R.U.(アールユー) ワンストラップ ¥39,900(税込)

ブラウン

R.U.の靴は昔から知っている。

10年くらい前に当時、仕事で出かけたお店で見たのが

はじめてだったと記憶している。

「品のあるクラシックな靴」という印象だった。






















こちらがブラック。

ご覧の通り、少し履き馴染んだ風合いを

水洗いで表現している。

洗い加工の靴はさんざん見てきたが、

心奪われたのはこれが2度目。

最初に衝撃を受けたのは、おそらく15年ほど前、

ポールハーデンの靴を見た時だ。

今でもはっきりと覚えている。

しかし、当時の僕に出せる金額ではなく、断念した。

だから余計に忘れられない。






















靴単体で見ていると、革靴はなんだか敷居が高い、、、

そう感じることはないでしょうか。

この靴には、R.U.のお二人の

「カジュアルに革靴を履いてほしい」

そんな思いが詰まっているようにも感じます。






















カジュアルなキュロットスタイルを

靴一つで別な次元へと引き上げる。
















ベーシックとクラシックに遊びをちりばめた、

アナベルで提案するスタイルによく似合います。






















迫力のあるワンピースにも負けません。






















もちろん、シンプルなパンツスタイルにも似合います。

Tストラップと同じように、活躍の幅は計り知れないものを感じます。



うれしい時、、、

自分の中で新しい発見があった時。


発見したのに自分で使えない時、、、、

本当に残念でならない。


いつかメンズを作ってください。。

お願いします。





0 件のコメント:

コメントを投稿