2013年8月20日火曜日

天才ayameの恩返し

新しい編み柄を日本の技術で創造したい。

そして世界に紹介したい。

2007年、そんな思いからayameソックスはスタートした。

僕が初めてayameさんを知ったのは、

あるプレス会社が作成した業界向けの冊子だった。

300ページほどの厚みのある内容だが、その中の1ページに

ayameさんが紹介されていた。

その写真は今でも鮮明に覚えている。

森の中に白いテーブルが置かれ、その上に

足のマネキンを使ってタイツが並び、

囲うように鮮烈な柄物のソックスがちりばめられている。

見た瞬間に引き込まれた。

ブランド発足当初から、「色柄物しかつくらない」という

姿勢を一貫してきたayameさんが、今秋はじめて、

単色の靴下を作り始めた。

















ayameソックスを象徴する、「ランチバスケット」の単色。 ¥1,890(税込)


今秋の展示会場で、ayameさんは来場したバイヤー全員に

この単色の靴下をリリースした理由を説明している。

声がでかいので、近くにいると全部聞こえるのだが、

丁寧に全員に説明している。

「長年、苦労ばかりをかけてきた、奈良の職人さんへの恩返し」

そう説明している。






















初めて見たときから、他の柄モノの靴下と比べて、

ずいぶん、「編地」にこだわった靴下だな・・・・と思っていた。

どうやら、一般的な柄のソックスより、はるかに作るのが大変らしい。

ブランドスタート当初、何度も仕事を断られたそうだ。

そのたびに、無理をお願いして、少しづつ受注を増やしてきた。

その時の職人さんの口癖が、、「たまには1色で作らせてくれ」

















こちらがいつもの「ランチバスケット」。 ¥2,100(税込)






















靴下ひとつに詰まったayameさんのデザインと

それに応える職人さんの粋を感じます。

















きれいな熱帯魚が水泡と水草の中を行きかう、

そんなイメージでしょうか。 「アクアリウム」 ¥1,890(税込)

















ファンキーな電子音が聞こえてきそうなシンセサイザーも

ayameさんのデザインで、ポップに可愛らしく。

「エレクトロ」 ¥2,100(税込)

















マジシャンが手から取り出す小さな旗のような、

連なりを感じるデザインです。 「フラッグ」 ¥1,890(税込)

















自然界の中でも比類なき美しさを誇る、孔雀。

「ピーコック」 \1,890(税込)


自分の思いやアイデアを受けとめてくれる、

技術の高い職人さんの気持ちや、関わりから生まれる

「空気感」、それらを商品と一緒に届けたい。

使ってくれた人にそれが伝わるような商品だけを

作り続けたい。

そう願い、現在はイギリスを海外拠点として

世界中のバイヤーが集まる海外の展示会に出展し、

高い評価を受けている。

ayameさんの恩返しは、まだ始まったばかりなのかもしれない。





0 件のコメント:

コメントを投稿