2019年8月16日金曜日

GASA*

今この時代に、洋服を見て可愛いと感じたり、

素敵だと感じたり、良くできていると感じることはあるとしても、

驚きを覚えることは、なかなかない。

そんな中、GASA*のコレクションは、本来のファッションの

役割ともいうべき、時代を元気にする驚きとパッションに満ちている。















GASA* 「ザクロの果実の効能」

赤い花のブラウス

¥45,000+tax















オリジナルの手な染プリントの布地を部分的に

ダメージ加工を施し、さらに和紙を用いたプリント加工を

行っている。とんでもなく、手間とセンスの必要なファブリックを見た瞬間、

ポールハーデンのクシャクシャのスーツを初めて見た時のような、

「何だこれ!」っていう感情がストレートに湧き上がった。















ぼろぼろとした部分は、和紙のプリント加工が

施され、少しパリッとした、確かに紙のような感触がある。

手洗いOKなので気軽に家庭洗濯が可能です。















袖は軽くふくらみの出るタックギャザー。















フロントのプリントデザインは、クラシックなパネルパターン

が組み込まれた素敵な柄。















背面は一つボタンでネック周りを美しく魅せる。















テキスタイルを見ているだけでも幸せな気分になる。















こちらは同素材のストールです。

身生地はコットンウールのヴィエラで、かなりの大判ですので

秋口から12月初旬、春先なんかも活躍しそうな巻物です。















同じくGASA*のコサージュ「ガーベラの赤」3種のコサージュ

を用いて留めてみました。

3種セットのうち、2種を使って留めています。





















こちらはGASA*の手染めのスカートにタックイン。















GASA*ならではのボリュームバランスは、

大胆でいて、最高に女性的。















程よくコンパクトなく身頃に、ふくらみのある袖が

なんとも素敵です。





















女性的な後ろ下がりと背面プリントの

バランスの美しさを。















同素材の大判ショールを巻きつければ、

その迫力はさらに増してくる。















FIRMUMの新作ワイドデニムにさらっとシンプルに合わせて。















夏の帽子に籠バッグ。

元気の出る晩夏初秋のスタイリング。

冬のニットカーディガンのインナーにも映えるブラウスです。















        - De  Materia  Medica -
      薬学誌:by Pedanius Dioscorides

 長い歳月、植物学・薬草学における権威であった薬学誌

ローマ帝国時代、ギリシアの医者、薬理学者、植物学者である

  ペタニウス・ディオスコリデスによって著された。

   文字のみの書物が、100年後には彩色図が加わり、

         変化を遂げていく。


これらの植物から着想を得つつ、ローマ時代の洋装に思いを馳せて。


                   GASA*collectionテーマより


女性の植物学者をイメージして構成された今コレクションも

いつも以上にドラマティックな様相を呈しております。

デザイナー五十嵐さんのその実力に、心震えます。










0 件のコメント:

コメントを投稿