2018年9月11日火曜日

シャツ一枚の心地よさ

僕もゴーシュのシャツは2枚ほど持っている。

メンズは基本的に存在しないのだが、

ご主人のほうが個人的にどうしても着たいものが

出た時、「だれか欲しい人いませんか?」という

FAXが流れてくることがある。(もう3年くらいない)

もう手に入らないかもしれないので、その2枚を

大切に着続けているわけですが、とにかく着心地がいい。

所持して、何度も洗って着続けて、

あらためてその良さに気がつくもの。

ゴーシュのシャツはそういう存在かもしれません。

今回のこのデザイン、、メンズサイズが欲しかった。





















ゴーシュ

100/- ブロードピンタックシャツ
















布地をつまんでタックの要領でピンでとめる。

クラシカルであり、新鮮でもある。

欲しかった。。メンズ。

着れるかな?

いや、、切れるかな。





















まだ既製服がない時代、当然一着の体にあった

シャツは、大切に扱われていたに違いない。

昔の服は、修理して着るのが通常であったため、

壊れやすいところに程、工夫があって面白い。

ダブルカフス(折りたたんで2重で使うカフ)もしかり、

バンドカラーもそうだ。比較的ネックにあたり、

傷みやすい襟部分だけを交換して着続けられるように、

昔のバンドカラーには、ボタンホールがあいている。

そこに新品の襟を付け替えて着続けるのだ。

このピンのような釦は、そのバンドカラーの

一番上のホールを抑えて収納するときに用いられていた、

骨釦(コツぼたん)の雰囲気だ。

昔は動物の骨を削って作られていたそう。





















台座部分も取れるので、お洗濯の時は

外してくださいね。

少しどうでもよい話で長くなったが、

とにかくかっこいい。





















袖口のカフボタンも黒は黒っぽいものが付く。





















形は昨日ご紹介した丸首シャツに近い雰囲気ですが、

フロントをつまんで留めている分、

裾に向かって広がっていくようなシルエット。

着丈がやや長めであることは共通している。















white

こちらは袖は通常の長袖です。















朝晩の風ははっきりと秋の気配。

長袖のシャツを心地よく着ていただける頃。















Lt.Grey

ワイドパンツにラフな感じで着るもよし。















より一層、風が心地いい。















M.Grey

カツラギワイドにタックイン。















ヒールを履くと、また違った雰囲気に。





















ブラックはゴーシュのスカートにタックイン。















遠目にはワンピースのよう。















色数も少なくクラシカルな印象のスタイリングは、

アーミッシュな雰囲気も漂ってきます。





















こちらも新作の襟付きシャツ。

¥23,000+tax

Lt.Grey















一番上まで留めてかっこいい襟付きシャツ。















お仕事にも使いやすそうです。





















white

TRAVAIL MANUEL のサドルパンツとの

相性が絶妙です。















襟付きは、セーターの重ね着にも良さそうですね。





















black

gasagrueのギャザーワイドパンツにタックイン。

いいコンビ。















重ね着が楽しみな組み合わせ。















移り気な秋の空に、袖を下ろしたりまくったり。

シャツ一枚が心地いい季節。

羽織るより、まくる季節。

クローゼットの前で、つい手がのびる。

暑さ寒さも彼岸まで。

そろそろ冬物、WOOLの入荷が増えてきますよ。

年間使い易そうな秋の服は、今が見頃です。











0 件のコメント:

コメントを投稿