2016年7月7日木曜日

白い食器とガラス展
















このたび、フランス在住「histoire」の青木さんを

お招きして、「白い食器とガラス展」を催します。


青木さんとの出会いは、今から5年前。

annabelleのオープン準備をしている最中でした。


『古いものには、独特の存在感があり、

残るべくして残ったと言わざるを得ない、

デザイン的な美しさ、佇まいを感じます。

そんな古い者たちに囲まれながら、既製服の販売をしたい。

そうすることで、良い商品をより気持ちを込めて

販売できるし、きっと購入してくださるお客様も、

より愛着を持てると思う。

決して高級ブティック、セレクトショップではなく、

ここでしか味わえない空気感や、雰囲気を作りたい。

販売するのは、大人に向けた日常着がいい。』


そんな話を恵比寿の喫茶店でお話ししたのを思い出す。

今までも定期的に蚤の市を開いてくれた青木さんだが、

今回は、僕からの猛烈なリクエスト。
















白い食器は、日本の食卓にも良く似合う。

そして、古いがゆえに、一つ一つが個性的で、

味わい深いもの。

今回は、19世紀後半の古いものから、

普段使いしやすい、60年代のものまで幅広くご用意しています。
















ディゴワン&サルグミンヌのフラワーリム。
















19世紀後半、俗にいう「ナポレオン3世時代」、

彼の庇護のもと発展したという、有名な窯の皿。

日本の食卓にも良く似合います。


今回の企画展に向けて、先日たくさんの

荷物が届きました。

商品の一部です。

第二便ももうすぐ到着します。

開けてビックリ大興奮のわたくし。

久し振りにどきどきするひと時でした。






















今日から少しづつ、その一部をご紹介していきます。

「白い食器とガラス展」までもう少し。

楽しみです。


期間:7月14日(木)~19日(火)

※ 青木さんは全日、在店します。

場所:annabelle 店内

すべてが1点もの。

一期一会。

ぜひこの機会に、古いものに触れてみてください。




0 件のコメント:

コメントを投稿