2016年6月25日土曜日

時々ワンピース

先日、西荻窪poefu さんで開催中の、

「光」 笑達 川井有紗 二人展に、家族で出かけてきた。

笑達さんに似顔絵を描いてもらい、(仕上がりは1か月後)

1Fのpoefu で有紗さんのアクセサリーを購入しつつ、お洋服を

見ていると、、

「ハッ!!」

と、妻のまぁまぁ大きな声が聞こえてきた。

「どうしたの?」と家族全員が注目する中、

帽子を試着していた妻が、、、

「どうしよう、、、似合う。」

・・・・

・・・・

ハッとするワンピースのご紹介です。






















FACTORY

ペルーコットンバックタックワンピース

ブラック ¥12,000(税抜)

お値段にもハッとします。






















アームホールとネック周りはニット仕立て。

身頃はやや丈夫そうなカットソー素材で、

透けは全くありません。






















ロイヤルネイビー

着丈は、夏に1枚で着やすい長めの丈。






















グリーン






















後には大胆なタックが施され、

45cmくらい、ガバっと開いています。

通常の着用では、まず中が見えて困るような

ことにはなりません。

一応、完全に1枚ではなく、キャミソールや

タンクトップの着用をお勧めします。

















二の腕をプルプルさせながら、ノースリーブに

憧れる妻。
















でもやっぱり、着てるか、羽織るかしていたほうが

安心な妻。
















ぶら下げたらどうかな?

とか考える。
















でも、夏は大手を振って歩きたい。
















ヒールのあるdansko を履いて、

ちょっとおめかししたり。
















ノースリーブがかっこいいのはわかるが、

着慣れないので、つい羽織りたがる。
















お出かけの時は、大判ストールもすごく便利。
















グリーンをクラシックなR.U. のワンストラップで。
















前後差がついているだけに、

タテに見えるドレープラインが美しい。
















夏らしく、シックな元気な印象のグリーン。

昨年も大人気だった、FACTORY のワンピースは、

全部で3種類。

あと2つは、、、
















半袖のコットンワンピースは、ウェストゴム。
















ブラック。

ギャザースカートと同じ素材です。
















もう一つは、ブラウジングワンピース。

アームホールが大胆に開いたワンピースは、

インナーにTシャツを着ると、デイリーに使いやすい。
















白Tシャツの上にカラシイエロー。
















パンツスタイルにインナーキャミソールで。

もちろんヒールを履いてきれい目にもちょうどいい。

こちらは、バンブーコットンで、サルエルパンツと

同じ素材です。

お値段は、¥15,000(税抜)


時々着るワンピースに、

懸命に自己暗示をかける妻。

「似合う。。」


0 件のコメント:

コメントを投稿