2013年10月8日火曜日

好きこそものの上手なれ

時を超えて、今に残るものには、

人を魅了する力があるのでしょう。

このかばんを初めて見た時、ドキッとしました。

今までも似たようなものは見てきたような気がしますが、

その違いは、万国共通の美的感覚に起因するものなのでしょう。

僕はたまたま、このかばんの作者と感覚が

似ていただけなのでしょう。

皆さんはどうでしょう。






















春に入荷した時は、あまりに速い完売で、

ご紹介ができませんでした。

IMAYIN(イマイン)のかばんが再入荷いたしました。






















IMAYIN ヴィンテージクロスバッグ(小) ¥13,650


あるスペインの女性が、東南アジアやインドを

バッグパッカーで旅をします。

旅の途中、いいと思う好きな古い布を収集し始めます。

そして、好きなように切ったり縫ったりして、

かばんを作り始めます。

古い布と戯れながら、モノづくりをするのが好きで

夢中になっているうちに、1998年、いよいよブランドになります。

およそ50年前のヴィンテージの布地を中心に作られた

彼女のかばんは、長い時を経て、今僕の目の前にあります。






















IMAYIN ヴィンテージクロスバッグ(大) ¥17,640(税込)

古い布地を使用しているため、柄は全てアソートで1点モノです。

コーディネート写真のサイズが「小」、それより一回りほど

大きいものが「大」です。






















IMAYIN アンティークビーズバッグ(小) ¥22,050(税込)

こちらは、アンティークのビーズを惜しげもなく全面に使った

総ビーズのかばん。

彼女が旅をした場所から、アフリカではなく、

おそらくタイやミャンマー、インドのビーズなのではないでしょうか。


ファッションを仕事にしてきたわけでもない、

古い布地やビーズに魅了され、

ただ、ただ好きで作り続けた彼女のかばん。

50年も前に使われていたアジアのヴィンテージクロスを

スペインのバックパッカーが収集し、かばんを作り、

今、世界に発信している。


好きで好きで仕方のないことは、

続けていた方がいい。

このかばんからは、そんな彼女の楽しい気持ちが

伝わってくるのかもしれない。

だから魅力があるのかもしれません。





0 件のコメント:

コメントを投稿