2013年10月29日火曜日

紙一重

大げさな言い方をすると、

「何も感じないもの」と「すごくいい」と思うものは、

紙一重なのだと思う。

その紙一重の工夫で、たくさんの人に、「いいね」って

言われる商品は、デザインのチカラがある商品なのだと思う。

Travail Mnauel にはそう思える商品が本当に多い。






















先日、webshopのほうにアップしている、

裾リブパンツ。 ¥16,800(税込)

チャコールグレーが完売していましたが、

再入荷いたしました。






















表地はウールとポリエステルの混紡で暖かい。

















内側は全面ふわふわのコットンガーゼ。

2重になった接結(せっけつ)素材。






















こちらはネイビー。

裾のリブで風の通り道を塞ぐため、かなり暖かい。

最も優れているのは、使えるコーディネートの幅広さ。

想像してください。。。


メンズライクにハイカットのスニーカーを履いて、

スタジャンや革ジャンにニットキャップ。


ビルケンのサンダルに厚手の靴下、

アウトドア系のアウターにリュック。


サボに靴下、チュニックやワンピースを重ねて、

ニットのジレやカーディガン。


R.U.の革靴にカシミアのニット、

上からテーラージャケットにベレー。

巻物を垂らしてロングコート。


想像できる限り、スタイリングをお見せしたいのですが、

そうもいきません。

最近、忙しそうなふりをしている妻に着てもらったのは、

webshopに掲載しているパンプスにシンプルなコーディネート。






















この上から、すっきりしたシルエットの

ピーコートなど着てはいかがでしょうか。

妻が忙しそうなので、写真はありません。
















ブーツインしてロングニットなども良さそうですね。

妻が忙しいようで、、、写真はありません。
















裾リブは下でたるませるのが良さそうです。






















素材の特性上、両脇のポケットはありません。

後ろに一つ、パッチポケットが付きます。

ヒップ周りのサイズにはゆとりがあり、

ひざ下からシュッと細くなりますが、

ニット素材なので、よく伸びます。

伸びすぎたり、強度が落ちないよう、

表地に多少のナイロンが混紡されています。


意外とシンプルな形のズボンより、

活躍の幅は広いのかもしれません。

冬に向けてお勧めです。



0 件のコメント:

コメントを投稿