2013年5月7日火曜日

リュックパンツ

旅から生まれるデザインやスタイリングは多い。

orslow デザイナー仲津氏も、独立を決意し

何を本気で作るべきか?

考えながらアメリカを旅したそうだ。

だからなのか、、orslow の商品には

何となく旅から生まれたと思われるものが

どっかに感じられる。

アメリカを旅する時、仲津氏はこんなリュックを

背負っていたのだろうか。






















いつも展示会場の隅の方で、バイヤーを観察するように

じっと立っている仲津氏は、あまりしゃべるタイプではない。

いつも、はにかんだ笑顔で「ボソ、ボソ」と少しだけ話しかけてくる。

そんな仲津氏が「あの、、旅をイメージしてズボンにしてみました」

と一言いって、また下がっていってしまった。

ボロボロのデニムにT-SH姿で、丈夫そうな布のリュックを背負って

アメリカを旅する仲津氏は容易に想像できる。

















豪快で繊細で丁寧な、orslow らしいズボンだと思う。

生地も丈夫そうで、なおかつ表情のあるいい仕上がりになっている。






















サイドには昔のリュックを思わせるポケットが。

豪快でタフそうなこのズボンは、着用すると

すっきりとした飽きのこない、いいシルエットだ。






















orslow リュックパンツ ¥22,890(税込)



0 件のコメント:

コメントを投稿