2013年5月31日金曜日

ベルギー生まれ日本育ち

水を通せば通すほど風合が増してくる。

それはいい素材の条件の一つだと思う。

着るたびに洗濯を繰り返し、肌に近いところで

着るものほど素材にはこだわりたい。

昨年もご紹介した、夏によれないT-SH。

「pyjamaclothing」(ピジャマクロージング)。






















V/N ロングスリーブ カットオフTee ¥6,300(税込)

Blue

素材は、最高級コットンと呼ばれるエジプト綿の「ギザコットン」。

番手はわからないが、相当細い糸を使用している。

1年半にわたり、着用してみてわかったことは、

①洗えば洗うほど、フワフワしてくる

②よれない(斜傾しない)

ということ。

















袖口と裾がカットオフになっている。

洗濯をすると丸まってくることもあり、少し丈が長めになっている。






















夏にさわやかなイエロー。

昨年もお伝えしたが、よれない理由は編地にある。

「sz編み」というちょっと特殊な編地。

たいていのT-SHは多少なりとも洗濯を繰り返すとよれる。

なぜよれるのか?

T-SHは、あたり前だが生地から作られる。

生地は糸からつくられる。

そして糸は、綿(わた)からつくられる。

わたをくるくるよじって、ひも状の糸のようにすることを「撚糸」という。

わたから糸を作る工程だ。

製品になってお洗濯を繰り返し、水が通れば通るほど、

一度撚られた(よられた)糸が綿(わた)の状態に戻ろうとする。

それがT-SHがよれる原因だ。

pyjamaclothing のT-SHは、右に撚った糸と左に撚った糸を

交互に使いながら通常の天竺編みで製品にしている。

そのため、綿(わた)に戻ろうとする力が相殺されるという仕組み。

これを「sz編み」という。

良くできています。






















柔らかい印象のオレンジ。






















四角いポケットがかわいらしい。






















ネイビー






















ブラック

一枚で主役になりえるデザインとサイズ感。






















ロングスカートにシンプルに。

生地が上質で薄いため、夏にも大活躍。






















長めの丈も、ヒップの上できれいにブラウジングして収まります。

重ね着では脇役として、肌触りのいいアンダーウェアーとして活躍します。
















肌触りがよく、よれないこのT-SHは、

ベルギー産で日本のみでの販売です。




0 件のコメント:

コメントを投稿