2018年1月16日火曜日

暮らしとおしゃれの編集室

















暮らしとおしゃれの編集室」の連載が更新されております。

ぜひご覧ください。

次回は、これから迎える卒業・入学をはじめとした、

様々なセレモニーに向けて、annabelle なりの装いの提案を

させていただきます。

また、2月22日~3月4日の日程で、「式典」と題し、

フェアを開催いたします。

そちらもぜひ、お立ち寄りください。



2018年1月13日土曜日

巻いてみました















お店でも良くいただく質問で、

「正方形のショールはどうやって巻いたらいいか?」

というのがあります。

先日、いよいよメールでも同様の質問をお受けしましたので、

メールや電話での質問に困り、妻に実演してもらうことに。
















まず、マジシャン風に少し気取った顔で三角形にします。















クシャクシャクシャっといた感じで三角形を

棒状になるように掴み、束ねます。

ちなみに、きちっと折りたたむときちっとした雰囲気になります。















束ねた状態で首にかけて、片側だけ極端に短くします。















ここから、長いほうを2回まわします。



















両端が短く残ります。

ここからは、一番下に押し込んで抜いたり、

様々な方法があるとは思いますが、ボリュームや

重みがあるようなタイプは、安定感を持たせる意味でも

結わいてしまう事をお勧めします。















結わきます。















出来上がり。

ピンなどを使ってもいいと思います。

資材屋さんで大きなピンを買ってきて

カスタムしているお客様もいらっしゃいます。















もちろん、肩から掛けるのも素敵。

ブランケット風のものなどは、コートの上から

防寒で使っている方も多く見かけます。















使用している、ARTEPOVERA のショールは、

横に折り曲げてもそこそこ長いのが特徴です。

このように、横に三つ折りします。















首に回し、ここから一回結わくだけ。




























完成。

通信販売ページはこちらの巻き方で紹介しています。

あとは、三角形の巻き方で、アレンジを加えたら、無数に

考えられますので、鏡の前で試してみてください。

三角のまま、束ねないで巻いてみたり。

やはりその場合、ピンがあると便利です。


以上、参考にしてみてください。




2018年1月8日月曜日

奈々さんの首飾り






















申し訳ございませんが、今回販売分は完売いたしました。

次回は3月~4月の入荷になります。

よろしくお願いいたします。


「奈々さんの首飾り」

当然、勝手にそう呼んでいるだけ。

10年前、妻が長女を出産した際に贈ったネックレスは、

Lin Francais d'antan(ラン・フランセ・ダンタン)が、

昔オーダーで作っていたベルエポックシリーズのネックレス。

軽くて、味わいがあって、いろいろなお洋服に映えるので、

妻はお気に入りで、長年使ってくれている。

ベルエポックシリーズは、フランスの古き良き時代、19世紀後半から

第一次大戦前までの華やかな時代を指す言葉。

このシリーズは、その時代に実際に使われていた彫金の道具を用い、

刻印を打ったり、ハンマーでたたいたりして作っている。

ちなみに刻印は、その時代のもので、「le Benin」とある。

西アフリカの「ベナン共和国」を指していると思われるが、

古いものなので、断定はできない。

決して高価なものではないのだけど、これからもずっと使いそうだ。

だからお願いして、3年ほど前から作っていただいている。

そして勝手にそう呼んでいるのです。

「奈々さんの首飾り」

¥13,000+tax シルバー、真鍮

(チェーンの長さは、40cmです。)

通信販売ページで、よく付けているのでそちらを参照してください。


今少しだけ在庫がございます。

よろしければぜひ。

※こちらの商品は、通信販売ページでの販売が禁止されております。

 メーカー側の意向によるものですので、ご了承ください。

 購入をご希望のお客様は、メールかお電話をお願いいたします。









2018年1月3日水曜日

福袋完売のお知らせ















あけましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

本日11時から販売をしておりました福袋は、

店頭、通信販売ともに完売いたしました。

毎年購入していただく方も多く、嬉しく思います。

皆様にとって、今年が良い年でありますことを願います。



2017年12月28日木曜日

福袋2018

annabelle は、普段私も含め男性二人で運営している。

それもあって、レディースのセレクトショップであることを

浸透させるのに約3年かかった。

疲れもたまり、なおかつ忙しい年末に、

通信販売の出荷などでミスが出て、

一部のお客様には、お手間をとらせてしまう事にもなった。

本当に、ご迷惑をおかけいたしました。


そんな時、annabelle の隠れエースである妻がとった行動は、、

「〇〇 〇子さーん、大変お待たせいたしましたー!」

「はーい、〇〇です。」

「あ、○○さんですかー、こちらどうぞー。」

・・・・

・・・

・・・・・・??

「何やってんの?」

通信販売の出荷作業を、

混雑した病院の受付に見立てているらしい。

「声に出してたら間違えないでしょ。」

たしかに、、、。

そんな声が聞こえる中、わたくしはコツコツと福袋を作っていた。

セールを行わない代わりに始めた福袋は、もう今年で6回目になる。





















<福袋のお知らせと注意点>

1月3日(水)の初売りで販売します。

店頭、通信販売どちらも11:00から販売開始です。

数には限りがございますので、なくなり次第終了させていただきます。


アナベルの福袋の特徴は、春夏のお品物も混ざっていること。

これは、お客様にもご好評をいただいております。

販売価格は、¥20,000(税込み)で、

中身は、定価で約¥70,000(税抜き)です。

コートやアウターが入ったものは点数が少なく、

入っていないものは、点数が増えます。

あくまでも、金額をもとにお作りしています。

サイズにつきましては、S・M の2サイズございます。

様々なブランドがあり、ブランドによりサイズ表記や、

サイズ感覚は異なります。

実際の販売感覚を考慮しつつ、サイズ表記を見てお作りしております。

例えば、XS、S の2サイズ展開のものは、XSをSの扱いにしたり、

0、1 の2サイズ展開のブランドは、0がS扱いだったり。

そして、アナベルではとても多い、ワンサイズ展開の商品は、

どちらにも入っている可能性がございます。


また、福袋ですので返品や交換には応じかねます。

通信販売をご利用のお客様は、こちらの注意点と

ショッピングページの説明をご理解の上、購入をお願いいたします。






















言い忘れたことが、、

今後追加ができないものや、以前店頭販売していたくつを、

福袋の販売と同時に、ごく一部ではございますが、お値引きいたします。

そちらは店頭でご覧ください。

それでは、皆様良いお年をお迎えください。







2017年12月26日火曜日

年末年始営業のお知らせ

モノは置き場所一つで生き方が変わります。

ずいぶん昔からある丸い石ですが、

今年はたくさんのお客様から声をかけられていた。















この丸石にとっても良い年だったことでしょう。

今年も1年、ありがとうございました。

年末年始の営業日程をお知らせいたします。

12月27日(水)臨時営業
12月28日(木)最終営業
12月29日(金)~1月2日(火)冬季休業
1月3日(水)初売り臨時営業 ※今年も福袋を行います。

以降、通常通り水曜日定休となりますので、

よろしくお願いいたします。


annabelle





2017年12月25日月曜日

ジュディー

やはり、デザイナーの頭の中の想像やら妄想やらが

モノを形にするうえでとても大事なのだと思う。

ジュディーという女性が着ているセーターには、

ヘンテコなところに、小さなポケットが必要だったのだ。





















susuri

ジュディーセーター

¥23,000+tax

ウェストラインの下あたり、裾に近いところに、

小さな小さなポケットが二つある。

これがあることで、グッと愛嬌が出る。

男性にも関わらず、かわいいを具現化するのが

得意なデザイナー斎藤さんの才能なのでしょう。















羊毛の表面を掻いた、毛足の長いファーファーセーター。















実は少し前後差があり、

あまり極端ではないのですが、少し後ろにふくらみが出る。















裾がブラウジングするので、着た時に高低差の出る

デザインではないのですが、、

















やはりsusuri の他のお洋服と同様に、

一つのお洋服の中に、2面性を感じます。

もはや斎藤さんの癖のようにも感じるのです。















ちょうどいいハイネック具合も素敵です。

女性らしさを十分に感じさせながら、

ゆとりのあるデザインがハイネックに良く似合う。















後ろのふくらみは、こちらが一番わかりやすいかもしれません。

ウール100%という表記ですが、一般的な羊毛よりも、

しっとりとしたタッチで、ウェイトがある。

カシミアとも違う感触は、アルパカにすごく似た感じです。

もちろん、ウェイトがあるとはいえ、重さを感じるような

モノではなく、羊毛と言われて違和感のある程度のウェイトです。















ファーファーにモヘアのファーファーを重ねて巻いて、

明日からの大寒波に備えたい。

1月、そして春物が並び始める2月、

あと2か月は、冬の洋服がまるまる大活躍。

3月からは、春物交じり。

たくさんご紹介した冬のセーターも、

こちらでいよいよ最後のご紹介。

ジュディーのつもりで着てみてください。

想像も楽しんで。