2020年8月31日月曜日

空想世界~ sense of wonder 不思議の家系の物語~

青山のきらきらとした喧噪(けんそう)を抜けて、わき道を

少し歩くと見つかるその場所は、古い鉄筋コンクリートの

ビルの1Fにあり、道から少し奥まったところに店の入り口がある。

目を細めて懲らしてみると、遠くからでもその素敵な佇まいが光を放つ。


1日に100人が店前を通ったとする。

100人全員が「あれ?」と思いビルを横目に通り過ぎる。

そのうち50人が気になって目を細めて少し近づき、

「何のお店だろう?」と興味を持って首をかしげる。

そのうちの30人が昼食を済ませて会社に戻り、

「ねぇ、あのお店知ってる?」という噂話をする。

残りの20人は、ネット検索をして調べようとするが、

いったいなんて検索したらいいかわからずに、

結局、「ねぇ、あのお店知ってる?」って誰かに聞く。

そうこうしているうちに、最初に通り過ぎた50人のうち、

一人が気になって戻ってきて、思い切って入店する。

するとそこは、見たことのない不思議な感性のお花屋さんでした。

人に言いたいような秘密にしておきたいような。。













今は人気で知っている人も多い、「はいいろオオカミ+花屋西別府商店」も

きっとはじめはそんな感じで、広まったのではないでしょうか。

すべては僕の想像ですが。













この度、そんな素敵な「はいいろオオカミ+花屋西別府商店」の

展示をannabelle304にて開催いたします。開催にあたり、

私が提示したテーマは「空想世界」。





















「はいいろオオカミ+花屋西別府商店」は、ロシアの骨董を

扱うはいいろオオカミの佐藤さんと、お花を扱う西別府さんが

一緒に立ち上げたお店です。二人でイメージを共有し、

それぞれが花と古物をそろえてその空間は完成します。





















1級建築士の資格を持つ佐藤さんは、骨董のほか、

店の設計やデザインを手掛けるお仕事もされています。

2人が手掛けた店舗内装には素敵なお店が数知れずございます。

一方で西別府さんにも花屋を超える、別の一面がある。

それはアーティストとしての「西別府久幸 - hisayuki nishibeppu」



























今回の展示では、西別府久幸氏の作品展示をメインに、

はいいろオオカミの佐藤さんには、陶器や照明用品を

お持ちいただき、2人の作る特別な空間をお披露目いたします。


























西別府さんの作品はもちろんのこと、今回の展示では、

その空間にある骨董や照明もお買い求め頂けます。

中盤では、その空間の中で、花屋西別府商店を

1日限定で開店いたします。素敵な空間に癒されながら、

お花をお買い求めいただけます。





















はいいろオオカミ+花屋西別府商店 展
「空想世界~sense of wonder 不思議の家系の物語」

会期:2020年9月12日(土)~22日(火) ※16日水曜日は定休日
時間:11:00-19:00 作家在朗は12,13,19,20日と花屋開店日を予定
場所:annabelle304 

思い描く素敵な世界への入り口は、いつも傍にある。
ただきっかけがなく、見過ごしてしまったり、勇気がなくて踏み込めなかったり。
まずは彼らの空想世界を見てほしい。2人にしか描けない素晴らしい世界を。












0 件のコメント:

コメントを投稿