2016年11月19日土曜日

かさねて

奇跡のような出会いで、

妻が通うようになった美容室の名前が、

「かさねて」という。

ワサワサした、妙に明るいにぎやかな空間が

苦手な妻が、とても気に入っている美容室。

最近、名前が変わるという話を聞いているが、、。

美容室には珍しく、男性客の割合が高いそうだ。

今日は、かさねて着ていただきたいお洋服です。





















Honnete

ウールタンクトップドレス

¥31,000(税抜)

今年の春夏に、リネンでもご紹介したデザイン。

素材が変わると、印象がずいぶんと変わる。















新品だと、カリカリっとしたいかにも英国羊毛といった手触り。

お洗濯をかさねることで、風合いも増してきます。





















下になんでもかさねやすい、広めのアームホール。

ブラウスはもちろん、セーター類もかさねられます。





















ネイビー

ブラックのようなダークネイビーは、

かっこいい色味。















光が入りすぎで、ネイビーに見えませんが、

しっかりとしたダークネイビーです。





















オリーブカーキ

少しミックス調のセーターに見られるような

色合いが素敵です。















明るめのオリーブカーキに、少しブラックがまじりあい、

落ち着いた、シックな雰囲気を醸し出す。





















全体にとてもシンプルなデザインですが、

ボリュームが横に広がらないように、

裾の見返しを大きくとることで工夫がなされます。

多少、重みがつくことで、重力ドレープが発生します。















SOIL のコットンワンピースにかさねて、、

ライトグレー。















同じく、Honnete のベルベットジャケットをかさねて。















スヌードを垂らしたら、今の時期はちょうどいい。















Fisherman セーターを下にかさねて、ネイビー。















同系色でまとめて、シックな印象に。















その上から、GASA* の飛び切りの一着をかさねて。

同じくストールを垂らして防寒に。

せっかくの秋冬。

かさねることの楽しみを感じましょう。















時には、上からニットをかさねて。。















スヌードを垂らす。















GASA* の絶妙に立ち上がる襟の付けが素敵な

素敵な、素敵なブラウスをかさねて、オリーブカーキ。

シャツの苦手な妻が、可愛いを連呼したGASA*のシャツは、

ネック周りに注目です。















意外といろいろな色と相性のいいオリーブ。

メンズでは定番カラーですから、ベーシックカラーは

すべて合わせやすいはず。

白、グレー、生成り、ネイビー、ベージュ、、。















そして、ブラウンも。

FACTORY のヤクのローブをかさねて。















スヌードも同素材の同色でかさねて。















重ね着が苦手な人は、まず鉄板の重ね着を

1パターンか2パターン持っているだけで、あとは応用です。

応用の利かない妻は、毎回聞いてきますが、

最近ようやく、応用だということにうすうす気がつき始めました。

一人ひとり、キャラも体系も違うので、

自身の得意な重ね着パターンを2つ見つけてみてください。

重ね着の苦手意識など、どこかへ飛んでいきます。


かさねて。

何度も。



0 件のコメント:

コメントを投稿