2015年11月27日金曜日

オシャレのじゅもん

昔、むかし、

もう20年ほど前、

勤め先の先輩に、とてもおしゃれな人がいた。

よく、真似をしていたが、一向におしゃれになれない。

別の変な先輩が、変なことを言った。

「3年くらいファッションが好きでいたら、、

オシャレの神様が下りてくるよ。」

その時は、きっとからかわれているのだと思ったが、、

どうやらずっと好きでいると、、

「自分に何が似合うか?」

「どう着たらバランスよく見えるか?」

「何を足したらもっと良くなるか?」

それがわかってくる。

要するにオシャレのコツが開花してくる。

僕にとってそのきっかけになった洋服は、

古着屋さんで買った、ラルフローレンの

パッチワークシャツだったのだが、

この洋服も、誰かのきっかけになるのではなかろうか。。























evam eva

ストールベスト ¥15,000(税抜)

グレー

展示会で、ハッとしたのを覚えている。

「ストール」とは名ばかりの、

とてもとても、可愛い洋服だ。

こう見ていても、なんだかわからないが、、






















こんな状態できれいに畳まれて

入荷するものだから、、

「なんだっけ?これ」

「こんなの発注してたっけ?!」

ますますわからない。

じつは、なんだか思い出すのに10分はかかった。






















ミディアムグレー

じーーっと見て、、、

納品書に目をやる。

「ストールベスト」って書いてある。






















チャコールグレー

ストール??

ベスト??

僕らがわからないのは無理もない。

だって、展示会では、この状態で

ずっと見ていたのだから。






















人が着ると、まるで別物のように

可愛らしい。
















背中がガバっと開いた、ドレスのようなデザインだ。

そして、首からひっかけたようにも見える。

実は着ているのだが。
















サルエルパンツにチュニックニット。

その上にこれを足すと、、






















こうなる。。

カシュクールジレのような、、

ドレスのような、、

ストールのような。。
















こんなワンピースの上にも着てみよう。
















前は垂らしていると、ストールみたいだが、

釦があって、カシュクールにもなる。

そして、、
















背中が開いているのを生かした、

コントラストの出るスタイリング。。

とにかく背中がお茶目。
















こんなかっこいいコートを着て歩き、、

コートを脱いで、、






















これだったら。。

なんてしゃれた人なんだ。。って、

思うでしょう。
















シンプルでかっこいいワンピースに、

ちょっと足してあげる。
















温かみも増すし、、

何より少しおしゃれに見える。

















濃色同士だと、背中が目立たない。。

どんな装いにもスッと馴染み、

オシャレへと、いざなってくれる。

それでいて、実用的にも優れている。

コートの下の、温かいインナーとして使いやすい。

背中がないから、かさばらないので、

ニットとの重ね着が容易である。

体は温めるが、脇や背中など、

熱がこもりやすいところが開いている。


オシャレのじゅもんを唱えよう。。






















チンカラ、、ホイ。



0 件のコメント:

コメントを投稿