2015年11月2日月曜日

幸せってなんだっけ。

刺すような冬の空気には、

柔らかく温かい毛をまとい、

穏やかな気持ちになると心地よい。

ふんわりと肌触りの良いカシミアは、

心から温まる。

毎年、着るのが楽しみになるくらいの

お気に入りが、真冬に2つもあれば

それは幸せだろう。






















evam eva

カシミアケーブルニット

ライトグレー

¥46,000(税抜)

見るからに上質そうなセーターは、

肌触りはもちろん、

軽さと温かさにこだわった糸を用いている。






















チャコール

山梨で70年。。

そこで築き上げたセーターづくりの

技術は、目の肥えた大人を満足させる。

















ざっくりと、しっとりと、軽く温かい。。
















柔らかくふんわりとしたスカートに、

フワフワのカシミアを。






















少し袖は長めでわずかにクシュッとする。

腕の短い妻が、困るほどではない。
















サイズはMワンサイズ展開。

ケーブル編みは、前だけに施される。
















グレーにグリーンがとても似合う。






















ふんわりとした上質なスタイルは、

心にゆとりをもたらしてくれる。。
















突き刺すような冬の風も、、

普段は聞きとる余裕のない、

踏みしめる枯葉の音も、、

きっと余裕をもって聞き取れるのでしょう。


自分の中で、そんなスタイルが持てたなら、

真冬の生活がまた少しだけ幸せになる。


きっと小さな子供が大切にするような

小さなことの積み重ねが、大きな幸せに

結びつき、、きっとみんなで、

平凡な日常を愛するのでしょう。

平凡な日常に、そっと寄り添うセーターを、

今年ももう少しご紹介させていただきます。







0 件のコメント:

コメントを投稿