2014年5月29日木曜日

ロケットスカート

「夢」、と思っていた漠然とした理想も、

ほんの少し真剣に考えただけで、

「目標」に変わる瞬間が訪れる。

目標を達成すると、また新たな目標か夢が現れる。

それが何度も繰り返されるほどおもしろい。。気がする。

先日ご紹介した、「FACTORY」の面々は、

世界中を飛び回り、挑戦し続ける。

彼等らしい、商品名のスカートのご紹介です。






















FACTORY ロケットスカート ¥16,000(税抜)

ブラック

素材は、オーガニックのペルーコットンを使い、

誰が触っても気持ちいいのがすぐわかる。
















先日、ブラウスのご紹介で、下に履いていたスカートです。






















さらさら、ふわふわ、です。






















見ての通り、前丈が10cmくらい

短くなったデザインです。

マスタード






















155cmの妻が着て、

前から見ても「長い」という印象はない。
















でも、この辺りから見ると、、、

「ロングスカート?」という印象がある。






















落ち着きのある、オリーブカーキ。






















merijakuu のシルクレギンスで合わせても

かっこいい。






















写真で表現するのが難しいのですが、

歩くと、後ろ身が「フワッ」として、

「ちょっと遅れてついて来る」

そんな印象です。






















やや明るめのネイビー。
















NEERU KUMAR(ニールクマール)の

シルクのブラウスをゆったりと合わせて。






















背が小さいと、敬遠されがちな

スカートにゆったりとしたブラウスのコーディネート。

このスカートの前後差は、それを少ししやすくしてくれます。
















陽射しが強くなってきました。

帽子か日傘で、しっかり日よけを。






















最後は、「松煙染」(しょうえんぞめ)。

これだけ\1,000高い、¥17,000(税抜)。






















松の実をいぶした時の煙を染料にした、

ちょっと特殊な染色です。

全体にいい雰囲気のムラが出ます。
















今の時期ちょうどいい、「ao」(あお)のダブルガーゼの

カーディガンでシンプルにコーディネート。
















「傳」(つたえ)の日傘で個性をプラス。


全体的には少しアバンギャルドなものが多い、

「FACTORY」。

でも、ちゃんと見ると、僕らのスタイルに活躍しそうな、

いいものがしっかりある。

そして、彼らにはストーリーがある。

だから楽しみなのだ。

見た目のデザインは、年々少しづつ変化が起きる。

大切なのは、作り手にストーリーがあるかどうか。

これは、「理念」と言ってもいい。

夢のあるブランドからの、「ロケットスカート」。

ぜひお試しください。


0 件のコメント:

コメントを投稿